話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前の野原でつぐみが鳴いた

小海音かなた

Chapter.59

「今更だよー」右嶋が無邪気に笑う。
「だってね、つぐみのさん。こいつツアーのとき」
「待って」手で後藤を制す紫輝。「それはダメ」
「え? いいじゃん」
「だってあの時みんななんか引いてたじゃん」
 ジャスミン茶を飲みながら、鹿乃江は皆の会話を眺めている。
「えー、じゃあ、つぐみのさんのハナシ聞いて判断しよ」
 右嶋に急に話を振られてキョトンとした。
「シキくんにされて一番びっくりしたのってどんなことですか?」
「えー……っと」
 言ってもいいものか、確認のために紫輝を見る。
「……どうぞ……」
 どこか不安げな紫輝の承諾を得て、鹿乃江は少し考える。
「私の職場に、来てくれたこと、ですかね……」
「約束してたんですか?」
「いえ。えっと……」
 どう説明していいものか悩んで、再度紫輝を見る。
「あー……なかなか連絡が取れなかったときがあって、どうしても会いたかったから、鹿乃江さんの職場で、帰るの待ってたことがあって……」

 一瞬の静寂せいじゃく

「ヤダ。ホントのストーカーじゃん」
「えっ、なに? さらおうとしてたの?」
「付き合う前でしょ? ヤバくない?」
「会いたかったんだから仕方ないじゃん」
「えー、でもじゃあ別にいいじゃん。メッセの画面スクショするくらい、聞いても引かないんじゃない?」
「ちょおぉい!」
「ん?」
「ゆってんじゃん! なんで言っちゃうの!」
「別に隠すことじゃないでしょ。つぐみのさんキョトンとしてるけど」
「や! 違うんすよ!」鹿乃江のほうに体を向け「めっちゃ久々に返信もらってうれしくて!」紫輝が必死に弁明する。
 うんうん、と小刻みに頷く鹿乃江。受け入れる、というよりは、ちゃんと聞いていることへの意思表示だ。
「いつでも見れるようにしておきたくて」
 うんうん。
「待ち受けにはしてないんで、安心してください」
 ん? うんうん。少し疑問符を浮かべながらも、鹿乃江が相槌を打つ。そもそもその発想が若干アレだ。
「優しいカノジョさんで良かったネ」
「そうなの、優しいのよ。こないだも」
「いや、ノロケを誘導したわけじゃないだナ」
「えー、いいじゃん。そういうの聞いてくれる会なんじゃないの?」
「えっ」当事者になりえるであろう鹿乃江が驚く。
「え? ダメっすか?」
「私がいないところでなら……」
 鹿乃江の耳が赤くなっていることに気付いて、
「そっすね。すみません」
 謝りながらもデレデレする紫輝を、メンバーが薄ら笑いながら見ている。
 それに気付いた紫輝は真顔に戻り、体の向きをメンバーのほうに変えた。それでも対面席の薄ら笑いは収まらない。
「はいはーい」と右嶋が挙手する。「二人の出会いはどんなだったんですかー?」エアマイクを持ち、自分の口元から紫輝たちのほうへ向ける。
「えぇ?」
 二人で言って、顔を見合わせる。鹿乃江が紫輝に手で“どうぞ”と促したのを受けて
「……みんな覚えてるかわかんないけど、オレ、ロケ先でスマホ失くしたときあったじゃん?」
 紫輝が話し始めた。

「前の野原でつぐみが鳴いた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く