話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前の野原でつぐみが鳴いた

小海音かなた

Chapter.33

 大通りに出たところで、
「すみません。仕事先にまで押しかけて」
 紫輝が口を開く。
「いえ…。私こそ……」
 緊張でかすれる声。リュックを抱え、膝の上に組んだ手を強く握る。そうしないと、緊張のあまり全身が震えだしそうだった。
「ずっと、返信しなくて…すみません……」
「届いてはいたんですね」
 ホッとしたように紫輝が言った。
「ブロックされてたらどうしようって思ってました」
「そんなこと……」
 できるわけない、とは言えない。
「オレ、バカなんで。気付かないうちになんかしちゃったのかなーって」
 紫輝の自嘲気味な言葉に、鹿乃江が申し訳なさそうにかぶりを振る。
「前原さんはなにも悪くないです。私が……」
(何も言わず、身を引いただけ……)
「私が、勝手に……決めたこと、なので……」
 絞り出すような固い声。車内に沈黙が立ち込める。

 胸が苦しくて張り裂けそうというのは、こういうときのことを言うのだろうか。
(どうして……)
 どうしてこの人は、こんなにも自分の感情を揺さぶるのだろう。
 偶然道端でぶつかりそうになって、落し物の受け渡しをした。ただそれだけの関係のはずだった。なのに。

『目的地まで、あと、5分です』
 カーナビが、十数分間のドライブの終了時間を告げる。
 目的地周辺でゆっくりと停車させて
「この辺りで大丈夫ですか?」
 紫輝が鹿乃江に確認する。
「はい。ありがとうございました」
 シートベルトを外して車を降りようとする鹿乃江に
「ひとつだけ教えてください」
 足元に視線を落として紫輝が言う。
「オレのこと、どう思ってますか」
 答えはひとつだ。でも、それを口に出すことはできない。口を開いても言葉が出てこない。

 代わりに出てくるのは、涙だ。

 返ってこない答えを求めようと鹿乃江の顔を見た紫輝が、驚いて固まった。
 誤解されたくなくて謝ることもできずに、鹿乃江はおじぎをして車から降りると、足早にその場を立ち去った。

 鹿乃江の背中が見えなくなってから、紫輝はハンドルに両手を置き、うつぶせになった。
(なんで……)
 嫌だから泣いていたわけではきっとない。
(困ってた……いや…迷ってた……?)
 涙の意味がわからず、紫輝は悩む。
(泣かせた……)
 そのことが、紫輝の心を重くする。
(もう、会えないのかな…。嫌だな…)
 にじみ出る涙を、指先で拭った。それでも抑えられずに水滴は指先を伝う。隠すように目元を掌で覆うが、嗚咽を止めることはできない。
 自分と鹿乃江の涙の意味が一緒ならいいと思いながら、紫輝はしばらく、そのまま泣き続けた。

* * *

「前の野原でつぐみが鳴いた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く