話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前の野原でつぐみが鳴いた

小海音かなた

Chapter.10

 ごびょうまえー、さんーにぃー……カウントダウン後、手で合図が送られる。
「こんばんはー! FourQuartersでーす!」
「いつも元気な右嶋ウジマ永遠トワですっ」
「スポーツ万能、左々木ササキ翔吾ショウゴでーす」
「冷静沈着、後藤ごとう良水よしみです」
「えー……リーダーの前原紫輝でーす…」
「えっ、もうちょっとオレらみたいに自己紹介してよ」
「いや急に言われても」
「そこはなんとか出さないと。なに、特徴“リーダー”って」
「っていうか、打ち合わせしてたんならオレにも教えてよ!」
「えっ? してないよそんなの」
「ウソウソ、ぜってーウソ!」
「まぁまぁ、拗ねんなよリーダー」
「そうだよ、元気出してリーダー」
「次があるよ、リーダー」
「こんなときばっかりリーダー扱いすんのやめてよ」
「えー、そんなリーダーからお知らせがありまーす!」
 いえーい、と、紫輝以外の三人が紫輝に向かって拍手する。
「急! 急だな! えー……僕たちFourQuartersのニューアルバムが、来週発売になります!」
 メンバー三人にイジられ、戸惑いつつも告知を続ける。
「みなさん、ぜひ!」
「チェックしてみてください!」
 四人で言って、カメラに向かい手を振る。
「はーい、おっけーでーす! ありがとうございまーす!」
 フロアのスタッフが拍手を送る。フォクは口々に「ありがとうございます」と言いつつスタジオをあとにして楽屋へ戻った。
 いち早く私服に着替えた紫輝は、メンバーの着替えを待ちながらスマホをいじっている。
「なに、デレデレしちゃって。どうしたの」
 左々木に問われ、紫輝が視線をあげる。
「へっ? してた? デレデレ」
「してるしてる」
「そっかー、出ちゃってたかー」
 照れているような気まずいような顔をして、表情をほぐすように自分の頬に手を当て上下に撫でつけた。
 スマホの画面には、撮影中に着信した鹿乃江からのメッセが表示されている。

『昨日はごちそうさまでした。』
『素敵なお店を選んでくださって、ありがとうございます。』

 いつでも簡潔な鹿乃江の文章が、紫輝は好きだった。眺めるたびにニヤついてしまうのには、また別の感情が含まれているのだが。
「最近なんか多いよね、そういうの」
「えっ? そう?」
 左々木の指摘に答えつつ、紫輝は相変わらず頬を上下に撫でながらスマホを眺めている。
「なになにー? 青春しちゃってるのー?」
 隣に座って、右嶋が紫輝の肩に何度も体当たりをした。
「痛いいたい。なに、“青春しちゃってる”って」
「えー? だって相手オンナノコでしょ?」
 画面を覗き見ようとする右嶋からスマホを遠ざけて、
「オンナノコっていうか……」
 紫輝が口ごもる。
(多分年上なんだろうけど……)
 見た目から推測するに、二十代中盤から三十代手前くらいだろうと思っている。言動や行動はそれよりも大人びているし、少なからず自分より年上の人に“オンナノコ”という表現を使うのはどうかとためらわれて、歯切れが悪くなる。
「いや、いいでしょ別に」
 詳しく話すつもりもない紫輝は会話の糸口を切るが、右嶋はめげない。
「えー、気になるじゃーん。みんなそういうの言わないからさー」
「それはトワだってそうでしょ」
「ボクいまなんにもないもーん。だから人のを聞きたいの」
「オレだって話せるようなことなんもないよ」
 右嶋と紫輝のやりとりを横目に、後藤と左々木はスマホのゲームアプリで共闘して遊んでいる。
「おーい、そろそろ次の現場行くよー」
 楽屋の片隅でタブレット片手に業務中だった現場マネージャーの所沢トコロザワがフォクに呼びかけると、
「はーい」と各々が答えて、身支度を終えた。
「スマホ持った?」
「持った持った。っていうか持ってる」
 左々木の質問に紫輝が答えて右手を掲げる。
「バッグ持ってきてなかったっけ」
「あっ」後藤の指摘に紫輝が周囲を見渡し「あぶね。ありがと」鏡前のカウンターに置かれたボディバッグを取り上げた。
「もー最近ホントヒドイよねー」
「また取りに戻るとかやめてよね」
 右嶋と左々木が口々に言って、自分の荷物を持ち楽屋を出る。
「悪いことばっかじゃないんだけどね」
 言い訳のように言う紫輝は、鹿乃江と出会ったときのことを思い出し、またニヘッと笑う。スマホを片手に移動車へ向かいながら、鹿乃江に送るメッセを入力し始めた。

 一方その頃。

「前の野原でつぐみが鳴いた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く