話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前の野原でつぐみが鳴いた

小海音かなた

Chapter.7

 いつも通り出勤して、いつも通り勤務する。なんの変哲もない日常。
 しかし、その時は突然やってくる。

 机いっぱいに広げた書類と格闘中、かたわらに置いたリュックの中でポコン♪ ポコン♪ と立て続けにスマホが鳴った。
 鹿乃江の心臓がドキリと波打つ。
 通知は“ある人”からしか届かないように設定されている。
 しかし、業務中のため手が物理的に離せない。
 提出期限の決まった書類と本社や上司からの依頼を、小声で手順確認しながら完了させていく。その間にも、他店や客からの電話が入る。用件を聞き、必要に応じてパソコンで調べ物をしたりインカムを使って店内のスタッフに景品の在庫状況を確認するのも店舗事務の仕事だ。
 頭の中でうおぉーと叫びながら業務を完遂させ、ふぅっと息を吐く。
(……あ、メッセ)
 ふと思い出し、リュックの中からスマホを取り出す。【マエハラシキ】からのメッセは、通知から1時間弱が経過していた。

『こんにちは、お久しぶりです!』
『突然ですが、来週お時間ありますか?』

 一週間ぶりのメッセは、会う約束を取り付けるものだった。もう連絡は来ないものだと思っていたので、正直意外な申し出だ。
 パソコン内のメールシステムで予定表を確認する。業務内容上、先々の予定や締切が決まっていることも多い。休日は独り自宅にこもっていたいタイプの鹿乃江だが
(うーん……)
 悩んで検討して、仕事終わりなら大丈夫な日と、夜遅くならなければ大丈夫な日を入力して返信した。
 すぐに既読がつくはずもなく、スマホをスリープさせてリュックに戻す。
 業務に戻りつつも
(社交辞令じゃなかったんだ……)
 ふと微笑んで、すぐに引き締める。
(そういうのじゃないし。ましてや相手は芸能人だし。アイドルだし)
 と考えて気付く。
(じゃあ、彼が芸能人じゃなかったら……?)
 年齢や立場、そのもろもろ。そういう“条件”的なものをすべてなくして考えたとき、自分はどう思うのだろう。
 紫輝はもしかしたら、知られたくなくて自分の仕事のことを話さなかったのではないのか。

 防御策。

 そんな三文字が頭をよぎる。

 鹿乃江とは違う意味で、自分の身を守る術に長けなければならない立場のはずだ。ともすれば異性と二人きりで会うだけでリスクを負う可能性だってある。それでも誘ってくれるのなら、それは軽い気持ちではないように思う。
(スキ? いや……)
 答えの出ない疑問。ただ、また会えるかもしれないという期待が、鹿乃江の心を弾ませる。
(スキ……?)

 ♪プルルルル…プルルルル…

 電話の着信音で我に返る。
 デスク脇に置かれた電話の子機を取り、対応業務に入る。事務所に内線を入れる操作をしていると、バッグの中から何回か通知音が聞こえた。反射で一瞬手が止まるが、時間もないので業務を続ける。結局、手が空くこともなく終業時間を迎えた。
 帰宅前に自席でスマホを確認する。
 鹿乃江が挙げた候補の中から、紫輝と予定の合う日がチョイスされていた。三連休の初日なので、鹿乃江の都合的にもありがたい。
(また会えるんだ……)
 紫輝からの連絡が、鹿乃江の疲れた心身を緩やかに癒す。

 難しく考えすぎだと言われたことがある。言われた本人はそっちが考えなさすぎなんじゃないの? と思ったが、反論はせずにそうかなァと答えてお茶を濁した。
 石橋を叩いて確認してから渡ったのに、いともあっさり崩れ落ちたときの記憶が、いつでも鹿乃江にブレーキをかける。
 渡る橋と渡らない橋の選別は、自分なりに正しくできているつもりだ。
 紫輝とのことは、まだ橋の入口しかできてない。だから叩くに叩けない。

 地面ごと崩れ落ちるのは、一生に一度でいい――。

 ……だけど。

 せっかく紫輝が作ってくれた橋の入口。
 そのたもとからの一歩目は、自分が足場を掛けてもいいんじゃないかと思えた。

(好きとか嫌いとかじゃなくて、会えるなら、そのときを楽しんでみよう……かな)

 同時に送られて来ていた待ち合わせの時間と場所を確認して、承諾の返事を送信した。

* * *

「前の野原でつぐみが鳴いた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く