話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前の野原でつぐみが鳴いた

小海音かなた

Chapter.1

 通勤途中にあるビルの大型ビジョンから歌声が聞こえる。誰かのMVが流れているようだ。CD売上ランキングの紹介映像らしく、気になって画面を見るが別のMVに切り替わってしまった。
 同時に信号が赤から青に変わる。
 大型連休後、季節外れの肌寒い朝。通い慣れた道を進み、とあるビルの従業者通用口から建物内に入る。エレベーターで7階まで上り事務所の電子キーに暗証番号を入力して室内へ。ほかの従業者が出勤している時間だが、どこかで作業をしているのか事務所には誰もいない。
 打刻システムにIDカードを通して始業の打刻をし、まとめて入れられた書類を保管棚から持ち出す。
 階段を登り倉庫フロアへ入る。メインデスクに書類を、サブデスクに備えてある椅子に荷物を置いた。
 デスクに設置されたモニタとパソコンの電源を入れ、上着を脱いで予備椅子の背もたれにかける。リズム良くキーボードを叩き、モニタに表示されたログイン画面のID欄に(tsugumino.kanoe)と入力する。続いてパスワード。少しのロード時間を経て、パソコンが起動した。
 着席してメールを開く。週末の連休中に溜まったすべてのメールを受信するまで軽く伸びをしながら待って、鶫野ツグミノ鹿乃江カノエは業務にとりかかった。

 いつものありふれた日常が始まる。

「前の野原でつぐみが鳴いた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く