話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天使と悪魔と死神と。

哀乃

2ー3 杏樹の眼帯②

 最初は右目だけだったのが徐々に左目も赤くなり始めた。アペルは黙ってその様子を見る。やがて両目が赤く染まると杏樹はゆっくり瞬きをし、こういった。

「……ここはどこ?あなたは誰?」

 アペルはその答えを聞いてもたいして驚かず、スっと杏樹に近づき、額に自分の手を重ねる。 
 まるで自分の記憶を杏樹に教えるように。
 杏樹は目を見開き、パタリとアペルへ寄りかかる。アペルはそれもわかっていたかのようにその華奢な体を受け止める。本当は寝かせて休憩させたいところだが、時間はない。
 杏樹に眼帯をはめ、おぶって東門へ向かう。
 ───いや、向かおうとした。が、後ろで嫌な気配を感じ取り、すぐにアペルは立ち止まった。振り返りたくないほどその正体をアペルは知っていた。

「よォ、元気そうだなァアペル?」

「……やぁ、ディゼル。君も相変わらず元気そうだねぇ?」

 アペルの呑気な声を聞くと男───ディゼルはフッと笑った。

「なァ、お前もう ゛9回目  ゛だぞ?次で最後ってとこかァ?」

 ディゼルは不敵な笑みを浮かべる。アペルはまだ杏樹が眠っているのを確認しディゼルに視線を戻す。

「だから何だ。」

 そしてコロりと態度を変える。杏樹と話している時とは別人格の様だった。

「……ハハッ!えらく余裕だなァ?」

  いちいち気に触る言い方をする。
  そうアペルは早くもイライラしていた。

「……黙れ。」

「おぉ、怖い怖い。9回目はまだ始まったばかりってとこか。安心しとけ、9回目も10回目も俺が失敗させてやる。」

 お互い睨み合っていると、

「アペ……ル……さん……?」

と、アペルの背中から杏樹の声が聞こえた。

「あァ?お姫様のお目覚めかァ?ちっ、まだそいつに姿は見せたくねぇからな。俺はここらで帰るぜ。───次会うのは失敗させるときだ。」

 ディゼルは口早にそういうと去っていった。アペルは杏樹を見るが、まだ眠っているようだった。さっきのは寝言だったようだ。
 アペルはディゼルが去っていった方をにらみつけるも、すぐに杏樹に視線を戻した。

「プッ……今の寝言か……杏樹ちゃん可愛いねぇ……」

 もう一度杏樹を抱えなおしてアペルは何事もなかったように東門へ向かった。

「天使と悪魔と死神と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ベリー

    アペルと杏樹が恋愛雰囲気出してるなぁ
    そっち方面にガン振りするならいいが、設定負けとシリアス感で共感性羞恥の方が強くなってしまっている……

    願いを叶えに行くってドラゴンボールみたいだな。それには杏樹が必要と……
    メタ的にみて杏樹天使っぽいから何かしらそれも絡んできそう

    1
コメントを書く