話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼女が魔女だって? 要らないなら僕が大切に愛するよ

necoaya

68.醜い欲は小鳥には早い

 小食なトリシャも、ダンスのレッスンをした日は食べる量が増える。健康でいてもらうために、他にも体を動かす機会を用意しようか。何がいいかな。散歩はすでに日課だから、他に考えなくちゃね。

 一般的な貴族令嬢はお茶会して、うろうろと出歩く子もいると聞くけど……トリシャをこの鳥籠から出すのはまだ早い。絶対に僕のところに帰ってくるようになるまで――違うな。僕のところ以外帰る場所がなくなってからでなくちゃ。

 剥いた果物をあーんで食べさせながら、僕は明日からの計画を練る。トリシャに毒を盛ろうなんて愚か者は、早めにこの世界から退場してもらわないと。可愛い小鳥が食事を怖がるようになったら、一族郎党の首を吊るしても足りない。僕の兄弟だから、もう他に吊るす親も兄弟も残ってないけどね。

 本当はダンスで疲れたトリシャの体をマッサージしてあげたいけど、さすがに婚約者でも叱られそうだ。それにトリシャの素肌にタオル越しに触れて、僕が我慢できると思う? まず無理だよね。絶対にタオル剥いで襲うから。

 結婚まで清い体でいるなんてルール、誰がこの世界に作ったのさ。王侯貴族なら当たり前、理屈はわかるよ。王族の妃が他の男の子を宿して結婚したら、生まれた子が誰の種かわからなくなる。かつてはそういう事故もあったんだろう。成長して父に似ない子供は不幸でしかない。わかるし、僕のトリシャが清いままでいてくれたのは、貴族令嬢の肩書きのお陰だと納得してる。

 でもね……婚約者なら肌を重ねてもいいんじゃないか? トリシャの場合は鳥籠から出られないんだから。わかってる、僕が我慢すればいい。トリシャを貴族令嬢として、皇妃の地位に就けるなら純潔じゃないとマズい。あとで余計な横槍を入れられたら嫌だからね。

「エリク? 疲れてしまったのですか」

 覗き込むトリシャの美しい銀髪が揺れる。しゃらんとガラスに似た音がしそうだ。触れると猫の毛に近い柔らかさで指に絡む髪は、室内だから紫が強く出ていた。

「綺麗だよ、トリシャ。君に見惚れていたみたい」

 誤魔化すでもなく本音を伝える。ただ醜い欲望を言わないだけ。君に嘘は吐く気はなかった。

「照れます」

「照れて赤くなった頬も素敵だし、最近は肌の調子もいいみたいだね。やっぱり果物をたくさん取ったからかな?」

 くすくす笑いながら、常にリビングに用意させる籠を指先で引き寄せた。甘く水っぽいから食べやすいだろうと、今は桃を中心に数種類を常備させている。一部は遠方からの取り寄せだけど。

 血色が良くなった肌は、透き通る病的な青さが消えた。ほんのりと桜色の頬は、化粧がなくても十分美しい。頬が丸くなった頃から、徐々に腕も柔らかく肉がついた。もちろん胸元や腰回りもね。

 彼女は太ったと気にしたみたいだけど、褒め殺し作戦で納得させたと聞いた。これは専属侍女ソフィのお手柄だ。もう少し待遇を良くして、気持ちよく働いてもらおう。

「髪も艶があるし、ソフィはいい侍女みたいだね」

「はいっ! 公爵家にいた頃から私の髪や肌を手入れして、時々甘いお菓子も差し入れてくれました」

 穏やかに微笑みながら聞くけれど、聞き捨てならない言葉に僕は無言で頷いた。

「彼女が魔女だって? 要らないなら僕が大切に愛するよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く