話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼女が魔女だって? 要らないなら僕が大切に愛するよ

necoaya

44.鳥籠の鳥は飛ばない

 扉を開いた女性騎士に頷き、そのまま室内に入った。驚いた顔をしたトリシャをベッドではなく、長椅子に下ろす。この部屋に書類を持ち込んで仕事はしないから、執務机はない。完全なプライベートスペースだった。

 部屋に入る時、トリシャの体が強張った。僕がいきなり襲うとでも思った? 期待だったらいいけど、違うのは知ってるよ。残念ながら、君は強引に迫られると怖い感情が先に立つみたいだ。ならば、僕に依存するまで甘やかすだけさ。

「安心して、トリシャ。皇帝の名と地位に誓って無理強いはしない」

「は、い……でも」

「僕はトリシャの体だけ欲しいわけじゃないよ。そうだったら、旅の途中でとっくに襲ってる。トリシャの気持ちと体、両方欲しい。欲張りだからね」

 わざと付け加えた言葉を茶化して、ウィンクまで添えて安心させる。ほら、握った手の強張りが解けてきた。僕の手を握り返す指先に血が戻って、ほんのり温かいね。持ち上げてキスをした。染めた淡いオレンジの爪の先に、触れるだけ。

「僕と君の婚約式をしなくちゃ。本当は着飾って美しくなるトリシャを誰にも見せたくないけど、皇妃になる女性を誰も知らないのも……問題あるからね」

 振り返った先で、テーブルの上のベルを摘む。ちりんと鳴らせば、ニルスが顔を見せた。今は双子の騎士も含め、彼だってこの離宮に入れる。政敵が片付いて、邪魔をする貴族をそれだけ減らした証拠だ。

 黙って頭を下げて待つ。主君やその妻となる女性を正面から見る無作法を、彼がするはずない。僕の許しがあるまで待ってるだろう。

「トリシャとの婚約が整った。式の準備をして」

「おめでとうございます、皇帝陛下と未来の皇妃殿下のご婚約が整いましたこと、お喜び申し上げます。準備はお任せください」

 少し顔を上げて微笑んだニルスが、また頭を下げて部屋を出ようとした背中へ、トリシャがおずおずと声をかけた。

「あ、の……ありがとう、ございます」

 にこっと笑い返し、ニルスは余計な発言をせずに出た。ほっとした表情のトリシャが愛らしくて、思わず抱き寄せてしまう。強張った肩が緩んで、それから背中にそっと手が添えられた。

 抱きしめ返すと表現するには柔らかく、だけど確かに感触と温もりを感じる。愛してるよ、トリシャ。君が僕を必要としなくなっても、もう離してあげられない。飼い慣らされた小鳥は、鳥籠の窓が開きっ放しでも逃げないと聞く。鳥籠の中にいる安全と快適さを知れば、外の世界に憧れることはないのだろう。

 愛する小鳥が危険な猫に襲われないよう、僕がきちんと守る。だから君は開いた鳥籠の窓で、僕を出迎えて。ひとつ深呼吸して、立ち上がる。残念だけど、君の手はするりと解けてしまった。

「トリシャ、ドレスの色を選ぼうか」

 虹色の銀髪が映える濃色、紺や紫はどうだろう。柔らかく見せるなら深紅? いや、いっそ白で清楚に装うのも悪くない。

 そんな雑談をしながら、僕は婚約者となったトリシャに微笑みかけた。

「彼女が魔女だって? 要らないなら僕が大切に愛するよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く