ある吟遊詩人の歌

朽木桜斎

図書館船

あるところに本の大好きな男がいました。

その男は本が好きなあまり、大きな船を改造して図書館にしてしまいました。

そして世界中を旅しては、新しい本を手に入れて、その船の中へ積み込んだのです。

あるとき男が大好きな本に囲まれながら読書をしていると、船がぐらぐらと揺れはじめました。

なんと、本の重みに船のエンジンが耐えきれず、オーバーヒートを起こしたのです。

船はどんどん沈んでいき、ついには海の中へ消えてしまいました。

それでも男は本が読みたかったので、その船を潜水艦に改造しました。

ときどき、どこかの船が海の上を渡っていると、海の中から潜水艦が顔を出して、船に積んである本を根こそぎ奪っていくそうです。

男はいまも海の奥底で、大好きな本に囲まれながら、読書に耽っているということです。

おしまい。

「ある吟遊詩人の歌」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く