ある吟遊詩人の歌

朽木桜斎

砂糖の城

むかしむかしある国に、砂糖の大好きな王様がいました。

王様はあんまり砂糖が好きなので、とうとう砂糖でお城を作ってしまいました。

そうしてできたお城を、王様はいつもペロペロとなめながら、幸せに暮らしていたのです。

ところが困ったのは国の民たちです。

王様が国のお金をぜんぶ砂糖に変えてしまったものですから、彼らはろくに食べるものがありません。

なのでそのへんになっている木の実や、あるいは草などをむしって空腹をしのいでいたのです。

ときどきおなかがすくあまり、お城の塀や柱を盗む者が現れるのですが、王様からたちどころに捕らえられ、砂糖の漬物にされてしまいました。

こんな生活がずっと続くものですから、この国はどんどん疲弊していったのです。

するとあるとき、おそろしいことが起こりました。

食べ物を奪われた獣や鳥や虫たちが怒り狂って、お城を襲いはじめたのです。

砂糖のお城は獣にかじられ、鳥につつかれ、虫になめられ、ついにはひとかけらも残さずなくなってしまいました。

お城を失った王様は、草ひとつ生えていない地面に転がり落ちました。

そして待ちかまえていた国の民たちに、袋叩きにされましたとさ。

おしまい。

「ある吟遊詩人の歌」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く