話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第178話

「運転席は揺れますので馬車の中にお入りください。」

セバスさんにそう言われてお姫様とオレットさんと馬車の中に乗り込んだんだが、ここに来たのは完全に失敗だったな!何故なら………

「だ、だから私は星を見る為にあの森に居たの!」

「オレット先輩、そういった見え透いた嘘をつかないで下さい。どうせ先輩の事ですから、あの屋敷について調べようとしてたんですよね。」

「そ、そんな事無いもん!それにそんな事を言うミアちゃんだって、姫として人々の暮らしを護る為に独自調査をして……なんて嘘をついてるじゃない!」

「いえ、私の話は嘘ではありません。そうですよね九条さん?」

「あ、えぇまぁ、そう、ですかね……」

この2人、さっきからどうしてあの森に居たのかで揉めまくってるんだもんなぁ…しかもその事でどっちも嘘をついて面倒な事に俺を巻き込んでくるしさぁ……こんな事なら痛みに耐えながら運転席に座ってればよかったよ!

「あぁ!それはずるいんじゃないかなミアちゃん!」

「あら、何処がずるいんですか?」

「だってだって!九条さんはミアちゃんに仕えてるんだから、そんな事は無いですよなんて言う訳が無いじゃない!」

「いえいえ、九条さんは間違っている時は間違っていると言いますよ。ですよね?」

「は、はぁ………」

「むぅー!!こうなったらさっき話せなかった事を今ここで!」

「オ、オレット先輩それは卑怯だと思いますよ!」

「ひ、卑怯なのはミアちゃんじゃない!」

「あぁもう!狭い車内で暴れるんじゃない!っいてて……」

興奮して立ち上がろうとしたオレットさんを止めようとした瞬間、全身にズキッとした痛みが走り俺は思わず体を丸めてしまっていた。するとそれが功を奏したのか、オレットさんはあっと小さく驚きの声を上げると静かに席に腰を下ろした。

「ご、ごめんなさい九条さん……」

「いや、そんな深刻そうに謝る事じゃないから気にしないでくれ……ふぅ……」

痛みが次第に無くなってきたのでため息を零しながら背筋を伸ばしていると、隣に座ってたお姫様がチラチラと俺の事を見ていた?

「えっと、どうかしたのか?」

「な、何でもないありません!」

「そ、そうか………」

もしかして色々あった末の徹夜明けだからおかしなテンションになってんのか?
なんて考えながら首を傾げて前を向いてみると、オレットさんが何故だかニヤニヤとしながらこっちを見ていて……いや、こっちも変なテンションになってんのかよ……

「皆さん、そろそろ王都に到着致しますので警備の者達に見つからない様にご注意をお願い致します。」

「あ、はい。分かりました。」

運転席の方からそう声をかけてきたセバスさんに返事を返してからしばらくして、俺達は馬車の中でなるべく気配を消しながら東門を通り抜けて朝焼けに染まる王都の街並みを眺めながらホッと胸を撫で下ろした。

「いやぁ、何とか無事に王都まで戻って来られたね!」

「えぇ、これで後はお家に帰るだけなんですが……このままオレット先輩をご自宅に送り届けた方がよろしいですか?」

「あっ、それはダメ!うちの家族は朝が早いから、馬車で家の前まで行ったら夜中に抜け出したのがバレちゃう!だからセバス・チャンさん、申し訳ないんですけど私の案内した通りの場所に馬車を止めて貰えますか?」

「はい、かしこまりました。」

オレットさんの案内に従って運転していったセバスさんは、大通りから少し外れた人通りの少ない道の路肩に馬車を停車した。

「セバス・チャンさん、ここまでありがとうございました!」

「オレットさん、もう少し声を落とした方が…‥」

「あっ、そうでした……それじゃあミアちゃん、九条さん、今日は色々とありがとうございました。どうにも記憶があやふやなんですけど、2人のおかげで助かったって事は覚えてるんで今度何かお礼をしますね!それではっ!」

ビシッと敬礼してから馬車を降りて行ったオレットさんは、最後にニコっと笑みを浮かべてから軽い足取りで帰って行くのだった。

「………やっぱりオレットさん、屋敷での事を覚えてなかったみたいだな。」

「一応人形に襲われたって捕まったって記憶はあるみたいだけど、悪い夢か何かだと思ってるみたいだからね……まぁ、それならそれで良いんだけど。」

「……面倒な事情を説明しなくて済むからか?」

「そういう事よ。それじゃあセバス・チャン、いつもの通りまで運転をお願いね。」

「はい、心得ております。」

2人のやり取りを聞いて思わずガクッと肩を落としていると、隣に座ってるお姫様が俺の事をジッと見つめてきた。

「ん?なんだ?」

「いやその………えっと……ア、アンタにお礼を言ってなかったと思ってね!」

「………………は?」

「ちょっと、何よその反応は?」

「あ、その………あまりにも普段のお前からはかけ離れた言葉げふぅ!」

「うっさい!失礼な事を言ってるんじゃないわよこのバカ!」

「た、確かに失礼だったが………怪我人にボディーブローはねぇだろ……」

「ふんっ!手加減はしたんだから感謝しなさい!」

「さ、流石にそれで感謝は出来ねぇだろ………」

腹をゆっくり撫でながらため息交じりにそう言うと、うっと唸ったお姫様がバツの悪そうな表情でこっちを見てきた。

「ま、まぁそうよね……ごめんなさい、急に殴ったりして……」

「い、いや……別に怒って無いからそこまで落ち込まなくても……な?」

「そう、なら良かったわ。」

「な、なっ?!」

一瞬でけろっとした表情になったお姫様に思わず驚いていると、物凄いバカにした感じの顔で俺の事を見て来やがった!?

「まったく、アンタって本当に異性に対する経験値が無いわよね。この程度の演技でころっと騙せちゃうんだから。」

「や、やっぱり落ち込んでたのは嘘だったのかよ?!」

「当たり前じゃない、私がアンタの言葉で傷つく訳が無いでしょ。」

「じゃ、じゃあお礼がどうのってのも!」

「あぁ、そっちは本当よ。」

「……へ?」

「あのね、アイツに捕まった時に私を見捨てずに助けてくれて本当にありがとう。
アンタが居なかったら私はここには居られなかった。本当に感謝してるわ。」

俺の手をそっと握り両手で包み込んだお姫様は……それはそれは魅力的な微笑みを浮かべてジッと見つめてきて………パッと手を離すと俺を見て鼻で笑いやがった!?

「はっ、こんなんで私に見惚れるなんてアンタって本当にちょろいわね。」

「なっ、ちょ、ちょろくなんてないってててててて!!!」

いや、ぶっちゃけ物凄くドキドキしてるし思わず惚れそうになってしまたったけどそれをコイツに悟られる訳にはいかない!!だってそんな事がもしバレたら俺は一生お姫様の奴隷になっちまう気がするからな!っていうか薬の効果が切れたのか全身がメチャクチャ痛くなって来たんですけど?!何でこのタイミングで!?

「はぁ、しょうがないわね。セバス・チャン、城に帰ったら常駐してる医師にコイツの治療をしてもらう様に手配してもらえるかしら。」

「えぇ、勿論でございます。」

「ち、治療?」

「そうよ。応急処置はしたけど、そんだけ大怪我してるんだからちゃんとした治療をしておかないといけないでしょ。」

「そ、そうは言うけど、この後に国王陛下達に別れを挨拶をっていてててて!!」

「残念だけどそれは諦めるしかないんじゃない?まぁ後の事はこっちで上手くやっておくからアンタはしっかりと体を治しなさい。」

「い、いやでも!いっててててて!」

俺は馬車の中で痛みに襲われながらこの後の展開がどんな風になっていくのか凄く不安になるのだった……!ってか、マジでどうすんだよおい!?

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く