話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第152話

翌朝の6時頃、けたたましく鳴る目覚まし時計のベルを止めた俺は30分程かけて身支度を整えていた。

それから10分後、昨日の茶髪ショートの可愛らしいメイドさんが朝食として小皿に乗ったサンドイッチを運んできてくれた。その時に昨日使った食器とこの皿はどうすれば良いのか尋ねたら、部屋を清掃する時に回収するからテーブルの上に置いといて貰えれば大丈夫と言ってくれた。

そして朝食を食べ終わった6時50分頃、執事服に着替えた俺は部屋の中にあったデカい鏡で自分の姿を確認すると大きく深呼吸をした。

「…よしっ、そんじゃあ行くとするか。」

覚悟を決めて部屋を出た俺は、手帳の地図に載っていたセバスさんの執務室に行く為に廊下を歩き始めた。

「……それにしても、他の人達はもう普通に働き始めてるんだな。」

朝っぱらから凄いやる気だねぇ…これも国王陛下の人徳って事なのか?だとしたらマジで凄いな。俺もこんなこんな感じで奉仕できれば良いんだろうけど………

「昨日の姫様を見たら……だいぶ厳しそうだなぁ…」

だってもうお姫様って言うか女王様だもの…‥俺にそっちの趣味があるなら喜んで奉仕するんだろうけど、別にそんな趣味は無いからなぁ……これからマジで大変そうだよな……とりあえず、困ったらセバスさんを頼るとするか。

「…おっ、見えてきた。」

しばらく廊下を歩いていると、奥の方にセバスさんの執務室の扉が見えてきた。
時間としては約束の5分前だろうけど、別に問題ないだろ。だって5分前行動が大事ってガキの頃から言われて来たもんな!…そう開き直って扉の前に立った俺は、社畜の時に教わった通りにノックを4回鳴らした。

「セバスさん、九条です。入っても良いですか?」

「…はい、どうぞお入りください。」

「それじゃあ、失礼します。」

黒くて重厚な扉を開いて部屋の中に入ると、そこには落ち着いた雰囲気が漂う空間が広がっていた。そして部屋の奥では綺麗に整頓された机の向こう側で微笑むセバスさんの姿が……うーん、こういう所は俺のイメージ通りなんだけどなぁ。

「おはようございます九条殿、昨夜はよく眠れましたか?」

「あっ、おはようございますセバスさん。おかげ様でぐっすりと寝れました。」

「それならば良かったです。では、こちらへ来て頂けますでしょうか。奉仕の内容に関する事をお伝えいたしますので。」

「わ、分かりました。」

微笑むセバスさんに向かって歩いて行った俺は、机を挟む様な形で立ち止まった。そして改めて会釈をすると、まずは気になっている事を聞いてみる事にした。

「あの、セバスさん。お姫様………じゃなかった、ミアお嬢様の予定を聞く前に質問しても良いですか?」

「はい、どうかなさいましたか?」

「えっと、俺の格好……問題ありませんかね?上手く着れてるのか分からなくて…」

執事服の着方がなってない!とか言って期間が延長されたらたまんねぇから、不安要素は徹底的に排除して行かないと……そう考えてセバスさんに尋ねてみたのだが、どうやら大丈夫そうだな。

「えぇ、問題なく着れていますよ。ご安心ください。」

「そうですか……ありがとうございました。」

「いえいえ、ご自身の格好を気にかけるのは大事な事ですからね。今後も気を抜かずに頑張ってください。」

「は、はい!」

「ほっほっほ、良いお返事ですぞ。」

セバスさんは穏やかに微笑んだ後、内ポケットから懐中時計を取り出して今の時刻を確認しだした。

「ふむ…あまり時間も無いようですし、そろそろ本題に入ると致しましょうか。」

「あ、はい。」

「それでは九条殿、まずはこちらをご覧ください。」

セバスさんはそう言って机の引き出しから一枚の紙を取り出して机の上に置いた。
何なのかと思い見てみると、そこには細かい文字がビッシリと書き込まれていた。

「…あの、これは?」

「これはミアお嬢様の本日の予定表です。九条殿にはまず、その内容をご自身の手帳に書き写して頂きます。それが分からないと奉仕をする事は出来ませんからね。」

「あぁなるほど……それじゃあえっと、書くものを貸して貰って良いですか?」

「では、こちらをお使いください。」

「ありがとうございます。」

セバスさんから万年筆を受け取った俺は内ポケットから黒い手帳を取り出すと、紙に書かれている予定表を書き込んでいった。

「あの、今日の予定は分かったんですけど明日以降の予定はどうなってるんですか?この紙にはそれらしい事は書いてないみたいですけど……」

「それに関しましては、本日の奉仕が終わった後にお話し致しますよ。」

「はぁ、そうですか……」

…それって、明日以降は今日の予定とはかなり違った物になるって事なのか?
だって今日の予定と大して変わらないなら、今すぐに言えば良い話だもんな……
まぁそういう事なら、今はこのバカみたいに詰め込まれた予定を書いていくか。

それから数分かけて手帳にお姫様の予定表を書き込んでいった俺は、間違いが無いか何度か確認した後に借りた万年筆をセバスさんに返そうとしたのだが……

「ほっほっほ、その万年筆は九条殿がお持ちください。今後、手帳に何かを書き込む時に必要になるでしょうからね。」

そう言われて返す事が出来なかったので、俺は受け取った万年筆を手帳と同じ場所に入れる事にした。

「どうやら、無事にミアお嬢様のご予定を書き込んだようですね。」

「はい、多分大丈夫だと思います。」

「それは何よりです。では次に、九条殿にはこちらをお渡ししておきましょう。」

セバスさんはそう言って予定の書かれた紙を引き出しにしまうと、それと入れ替える様に黒いケースを取り出して机の上に置いた。

「…えっと?」

「どうぞ、手に取ってお開け下さい。」

「は、はぁ……」

言われた通りにケースを手に取り蓋を開いていくと………そこには、セバスさんが内ポケットに入れているのと同じ懐中時計が入っていた。

「こ、これは……」

「ほっほっほ、どうぞお受け取り下さい。時間の確認がいつでも出来る様に。」

「……はい。」

要するに、あのビッシリ書き込まれた予定をこなす為には時間の管理を怠るなって事なんだろうな………そんじゃ、ありがたく使わせてもらうとするか。

俺は受け取った懐中時計に繋がったチェーンの先を執事服に付けると、セバスさんと同じ様に内ポケットに入れた。

「さて、これで一通りやるべき事はやりましたな。」

「そう、なんですか?」

「はい。」

「じゃあえっと、この後は確か……勉強の時間でしたっけ?」

「その通りでございます……と、言いたい所なのですがちょっと違います。」

「あ、あれ?俺、間違ってましたか?」

「いいえ、間違っておりません。本日の予定の始まりは勉強の時間です。」

「えっと、それじゃあ何が違うんですか?」

「実はですね、その勉強の前の時間………つまりこれから、九条殿には国王陛下達に改めてご挨拶をして頂きます。」

「…………え?」

「昨日は色々と慌ただしく、互いに自己紹介をする暇も無かったと存じます。
ですので、国王陛下が九条殿をお呼びする様に私に指示を出したのです。」

「……マ、マジですか?」

「勿論、マジでございます。それでは九条殿、早速参りましょうか。」

…ニッコリと微笑んで椅子から立ち上がり執務室の外に向かおうとするセバスさんの後姿を見ながら、俺は苦笑いを浮かべて重い足取りで後を追うのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く