話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第124話

「えっと、紅茶とケーキになります。御口に合えば良いんですが・・・」

「あぁ、わざわざ悪いな。」

「いえいえ。それと、こっちがエルアさんのになります。」

「・・・ありがとう、マホさん。」

対面する様にソファーに座るエルアと親父さんの前にティーカップとケーキを置いたマホは、いつもの席に座りながら俺の背中を利用してエルア達の様子を心配そうに見守っていた・・・てか、これは本当に親子の対面と言えるんだろうか?

エルアはそっぽ向いて親父さんの方を見ようともしないし、親父さんは親父さんで似合わないティーカップに口を付けて紅茶を飲んで、その横ではスキンヘッドの男が後ろの方で手を組んで威圧感バリバリで立ってやがるからな・・・なにこのカオス?
憩いの場である我が家のリビングが地獄に感じるんですけど!?

「・・・それで、王都から何しに来たのさ。」

「何しにって、お前に会いに来たに決まってるだろ。」

「・・・わざわざ何の為に。」

「そりゃお前、大事な1人娘が心配で来たに決まってるだろ。」

「大事な・・・ね。どうだか。」

「どうだかってお前・・・」

・・・胃が、胃が物凄く痛いんですけど!何なんだこの気まずさは!?ていうか、エルアの親父さん今サラッと驚きの事実を言わなかったか?!そう思った俺は後ろを振り返ってマホにこの事を小声で確認をしてみた。

「な、なぁマホ、今さっきエルアの親父さん娘をって・・・」

「えぇ言いましたが、それがどうかしましたか?」

「どうかしましたかって・・・え、お前エルアが女の子って・・・」

「知ってましたよ。って言うか、やっぱり気づいて無かったんですね・・・」

「いや、そう思ってたなら言ってくれよ!」

「嫌ですよ。だっておじさん、エルアさんが女の子って分かったらドギマギして料理なんて教えられないじゃないですか。」

「ぐっ、そう言われると・・・」

確かに、エルアが男の子だと思ってたから後ろから抱き込む様にして包丁の握り方を丁寧に教えたりとか色々出来た訳で・・・・うわっ!今考えたら物凄くヤバい事をしてきた気がすんだが!?ど、どうする!これがエルアの親父さんにバレたら、絶対に消されそうなんですけど!?

「それで!・・・本当は何しに来たの?」

混乱した頭でこれまでを振り返りながら自分のしてきた事に恐怖を感じていると、エルアが少し声を荒げて親父さんの方を睨みつけた。それを受けた親父さんは静かに手を組むとジッとエルアの目を見た。

「・・・お前を王都に連れ戻しに来た。」

「は、はぁ?!突然何を!?」

「お嬢・・・親父の話をもう少しだけ聞いてください。お願いします。」

立ち上がって親父さんに抗議しようとしたエルアは、スキンヘッドに頭を下げられると渋々と言った感じでソファーに座り直した。

って言うか、やっぱりスキンヘッドはそういう感じで2人の事を呼ぶんだな・・・そうなると・・・エルアの親父さんの仕事って・・・い、いや!そんな訳ないよな!
ちゃんと堅気の仕事だって俺は信じてる!てか、そうでなきゃ俺が死ぬ確率が上がる気がするんだよ!!

「・・・それで?父さんが僕を連れ戻したい理由って何?まぁ、聞いた所で僕は戻る気なんてさらさら無いけどね。」

「・・・それだよ。」

「はぁ?・・・それってなにさ。ちゃんと僕が分かる様に説明を」

「だから!その言葉遣いがお前を連れ戻したい理由だよ!」

「・・・言葉遣い?」

「そうだ!お前、うちではちゃんと自分の事を私って呼んでたじゃねぇか!なのに、どうしてここじゃ自分の事を僕って呼んでんだよ!」

「そ、それは・・・父さんには関係ないだろ。」

「関係あるんだよ!それになんだ父さんって!今まではちゃんとパパって呼んでくれてたじゃねぇか!」

「ちょ、止めてよ恥ずかしい!九条さん達が見てるじゃないか!」

「何処に恥ずかしい所があるって言うんだ!えぇ?!」

・・・あっれぇ?俺達は一体何を見せられているんだろうか?どうして急にこんなほんわか親子喧嘩になったんだ?

「それにママから聞いたぞエルア!お前、こいつの弟子になる為に言葉遣いを変えたってな!!」

エルアの親父さんはそう言うと、ビシィ!っと俺の事を指さしてきた・・・って、え?お、俺の弟子になる為に言葉遣いを変えたって・・・どういう事だ?

「ち、違う!確かにそれもあるけどそうじゃなくて!僕はもっと強くなる為に!」

「だから!どうしてお前が強くなる必要があるって言うんだよ!」

「そんなの決まってるだろ!何かあった時に僕が母さんを護る為だ!」

「ま、護るって・・・それはお前の役目じゃなくてパパがする事で!」

「うるさい!そんな言葉信じるもんか!父さんはいつも仕事仕事で家に帰って来る事の方が稀じゃないか!そんな人がどうやって僕や母さんを護るって言うんだ!!」

「い、いやそれは!」

「言い訳なんて聞きたくなし父さんの顔も見たくない!父さんなんか大っ嫌いだ!」

「あっエルアさん!待ってください!」

マホの呼び止める声も聞こえていないのか、エルアは涙を流しながら外に飛び出して行ってしまった。

「お、おじさん!」

「あ、あぁ、分かってる。それと悪いんだが、ロイドとソフィも行ってくれるか?」

「任せてくれ。泣いている女の子を放っておけないからね。」

「同じく。」

3人は顔を見合わせながらしっかりと頷くと、エルアの後を追って行った。
さて、リビングに残ったのは俺と困惑しているスキンヘッド、そして・・・

「だ、だいき、だいきら、だい、だいき、だいきらららら・・・・」

エルアに大嫌いと言われて虚空を見つめながら同じ言葉を繰り返すぶっ壊れた親父さんだけだった・・・はぁ、エルアの事は皆に任せておけば大丈夫だろうけど・・・この人、マジでどうしよう・・・俺は目の前の惨状を見つめながら、スキンヘッドと顔を見合わせて苦笑いを浮かべる事しか出来なかった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く