話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第73話

「ご主人様ー、もうすぐ朝ごはんが出来ますから起きて下さい。」

「・・・はーい・・・」

翌朝、マホに体を揺さぶられて目を覚ました俺は絞り出す様に声を出した。
それを聞いたマホは満足そうに微笑むと、そのまま部屋の外へと出て行った。

「・・・うーん!・・・ふぅ・・・・」

その後ろ姿を見て数秒後、俺は起き上がって両腕を大きく突き上げてノビをする。
・・・風呂に入らなかったせいで体中が汗でベタついて気持ち悪いな。とりあえず、後でシャワーでも浴びるかな。
そんな事を考えながら部屋を出てリビングに行くと、料理をしているエプロン姿のロイドとそれを手伝っているマホと目が合った。

「あ、おはようございます!ご主人様!」

「おはよう九条さん、よく眠れたかい?」

「あぁおはよう。まぁぐっすりと眠れたよ。」

「そうか、なら良かったよ。」

そう微笑んで調理に戻るロイドとマホの後ろ姿を見て、俺は自分の成長ぶりに感動を覚えていた。だって最初の頃は、美少女のエプロン姿ってだけで心臓が破裂しそうだったからな!今ではちょっと鼓動が早くなる程度で収まっているから流石俺だぜ!
・・・うん、とりあえずソファーで本を読むソフィに挨拶するかね。

「おはようさん、ソフィ。」

「おはよう。昨日はお疲れ様。」

「そっちもな。どうだ、体調は問題ないか?」

「うん。九条さんは?」

「俺も特に問題ないよ。」

「なら良かった。」

それから時間は過ぎて、テーブルの上に朝食が並べ終わった。俺達はそれぞれ椅子に座ると、いつも通り手を合わせていただきますを言うと食事を始めた。

「そう言えば、昨日捕まったあいつらってどうなるんだ?」

パンにバターを塗りながら、俺はふと疑問に思った事をロイドに聞いてみた。
ロイドは口に入れたパンを飲み込むと、こっちを見て質問に答えてくれた。

「そうだね・・・詳しい事は断言できないが、二度と私達の前に現れる事は無いんじゃないかな。それだけの事をしたからね。」

「なるほどな。って事は、逆恨みされて襲われる心配は無さそうだな。」

ひとまず安心してパンを頬張る俺の隣で、口元にジャムを付けたマホが突然手を叩いてこっちを見てきた。

「あ、そう言えばご主人様にお手紙が来ているのを忘れてました!」

マホは立ち上がってテーブルの上から封筒を取ってこっちに来たので。俺はマホの口元を拭ってからそれを受け取ると差出人を確認してみた。

「ん?これエリオさんからだな。」

「父さんから?どうしたんだろうか。」

顎に手を当てて不思議そうに封筒を見るロイドを見ながら、俺は封筒を開けて中から手紙を取り出すと目を通してみた。

「・・・手紙の内容は、お礼がしたいから来週ギルドの皆と一緒に我が家に来て欲しいって事らしいな。」

「来週、ですか?結構時間が空きますね。」

マホが小首をかしげてそう聞いて来たので、俺は更に手紙の内容を読み進めていく。

「・・・何でも、色々と後処理が忙しくて時間を取れるのが来週なんだとさ。
ってか、そんなに忙しいなら無理にお礼とかいいのにな。あ、ソフィは別としてな?」

そう言って目の前を見ると、パンを口いっぱいに頬張ったソフィがきょとんとして俺の事を見ていた・・・こいつ、パンに集中していて全然聞いてなかったな!?
ソフィの食事に対する集中力に驚いていると、ロイドが爽やかに微笑みながら俺の事を見てきた。

「まぁそう言わずに。街を治める者として、事件解決に尽力してくれた相手に何もしない訳にもいかないだろう。だから父さんを助けると思って、皆で行かないか?」

「・・・まぁ、そういう事なら断る理由はないわな。」

そう言いながら頭を掻いていると、マホがとびっきりの笑顔で俺の事を見てきた。

「うわぁ!お礼って何が貰えるんですかね!高級なお肉ですかね!」

「私は珍しい武器が欲しい。」

「いや、物欲が過ぎるんじゃないのかお前ら・・・てか、普通に考えたら賞状とか貰って終わりじゃないのか?あるとしても・・・金一封とか?」

「えぇ?だってロイドさんのお父さんですよ!この街で一番偉い貴族のご当主さんですよ!きっと凄い物が貰えますよ!」

「ふふっ。お礼の内容がどんな物か分からないが、皆が喜べるように私から父に口利きをしてみよう。」

「いや、それはちょっと・・・お礼にかこつけて欲しい物を強請ねだるとか無いだろ。」

その後、俺達は朝食を食べながらお礼の内容がどんな物なのか予想していた。
ってか、肉やら武器やら物欲まみれか!・・・まぁ俺も、出来れば金一封とか欲しいけどさ!・・・そんな内心ワクワクの状態で、俺の一日が終わっていった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く