話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

circulation ふわふわ砂糖菓子と巡る幸せのお話

弓屋 晶都

第5話 青い髪 6.神威

「っ……」
スカイが小さく息を飲む。

三回目の祝詞で、砕けていた膝はなんとか繋がったようだった。
あとは右腕と左肩……。

血まみれの頭と、鞭に裂かれた背中は、今のところ動きに支障がないらしいので
一段落したら治癒する事にして、右腕に手をかざすと四度目の詠唱を始める。

聖職者達と違って神への信仰が薄いので、私が一度で治せる量はたかが知れている。
何度も繰り返す治癒で消費する精神力はそう少ないものではなかったけれど、私の精神力の絶対量は、人よりずっと多かった。
無駄にデュナの三倍以上ある精神力を、ここぞとばかりに注ぎ込む。

一方、私達と盗賊崩れ達との間に立ちはだかるデュナは二本目の回復剤を飲み干して、
その空き瓶を乱暴にポケットへ突っ込んだ。
デュナが眼鏡越しに睨んでいるその壁には、十人目になる男が叩きつけられている。
「ああもう次から次へとっっ!!」
デュナが苛立ちも露わに、その高いヒールで床を蹴り付ける。
その肩では、発動のタイミングをうかがって待機している水の精霊が、少し心配そうにデュナを覗き込んでいる。
腕は、まっすぐに奥の通路へと向けられていた。

歩くなら横に二人、走ると一人が精一杯という程度の細い通路からは、
一人また一人とひっきりなしに盗賊崩れの男達が飛び出していた。
ここが地下二階でないなら、躊躇うことなくデュナはあの通路を塞いだだろう。
「これはあれね。一匹見たら……ってやつね」
障壁越しに聞こえるデュナのくぐもった声にスカイが
「ゴキブリかよっ」
と突っ込みを入れる。

ああ……治療中に動くと痛いよ、スカイ。
祝詞を中断できない為、忠告をすることは出来ないけれど、それはスカイもよく知っているはずだった。
案の定、ほんの一瞬しかめられた顔。スカイの肩が僅かに揺れる。
右腕は綺麗にポッキリと逝っているようなので、あともう一度で繋がるだろう。
「黒いし、カサカサ動くし、個体識別できないし、似たようなものでしょ」
そう言い捨てると、デュナが十一人目の男を吹き飛ばす。
「ま、ゴキブリほどの生命力はないみたいだけど?」
黒いエナメルの靴にポタリと汗が落ちる。
余裕のある台詞を零すデュナの顔色は、それに似つかわしくない青白さだった。

今日、デュナは何度魔法を使っただろう。

少なくとも、小瓶二本と中瓶一本を飲んだはずだ。
中瓶は小瓶二本分の効果があるので、元々の精神力と合わせて、デュナ自身のキャパシティの三倍近く使っている計算になる。

十二人目の男が吹き飛ぶ水音。
少し遅れてドンッと壁に叩きつけられる音。
私は五度目の詠唱に入った。

「くそっ……」
ガラガラと物音を立てて、最初に吹き飛ばされた三人のうち
アニキと呼ばれていたバンダナの男が体を起こす。
通路からは既に十三人目が顔を出そうとしている。
とにかく早くスカイを治して、早くフォルテを……。

微かに聞こえてくるデュナの荒い呼吸に焦る気持ちをぐっと抑えて、ミスの無いよう祝詞に意識を集中させる。
十三人目が倒される音。
ふいに、空気が溶けるような音がして、私達を包んでいた障壁が消え去る。
一瞬、次の精霊に発注をする瞬間に、デュナのこちらへの集中力が足りなくなったのかと思ったが
「スペルキャンセル!?」
と、デュナの驚愕の声が上がる。

「……障壁のコントロールを切り離しておけばよかったわ……」
低く低く呻くデュナの声に、事態が相当良くない事を悟る。

通路から姿を現した十四人目は、あのローブの男だった。

紺のバンダナをした男が立ち上がる。
ローブの男はそちらに一瞥をくれると、石の床を蹴り一直線にこちらへ向かって来た。
「っ構成を実行!!」
デュナの放った水流が、ローブの男を真芯で捕らえた。かに見えたそれを、つむじ風を纏った浅緑色に輝く剣が切り裂いた。

自分でも驚くほどの速さで唱え終わった祝詞で、スカイの腕が僅かに軋む音を立てて繋がり始める。
ローブの男が私達の目前へ迫る。
その腕が、剣と共に大きく振り上げられる。
水を放った次の瞬間には障壁の詠唱を始めていたデュナでも、これには間に合わなかった。
緑の剣がデュナ目掛けて振り下ろされる。
思わずギュッと目をつぶる。
「ねーちゃん!」
スカイの声。

今まで隣に居たはずのスカイの声が遠く聞こえたことに驚いて目を開くと、そこには誰の姿も無かった。
スカイはデュナを抱えて横へ飛んでいた。
それを追ってローブの男が低く地を蹴る。
空を凪いだ緑の風が、もう一度その切っ先をデュナに向け襲い掛かる。
「実行!!」
デュナの伸ばした指に届きそうなほど近付いた剣の刃が、耳障りな音を立てながら見えない壁の上を滑る。

弧を描くように滑り落ちた剣から、ふっと色が失われる。
ふらふらと、疲れた様子の精霊が瓶に戻ろうとしている。
あの幼い子では、この場所で長時間属性付与は出来ないだろう。

ローブの男がふいにこちらを見る。

え?

次の瞬間、目の前に紺のバンダナをつけた男の背中があった。
「わ」
と、一声の悲鳴を残して、その一瞬後には部屋の隅、フォルテの少し手前に立たされていた。
マントの襟首をバンダナの男が掴んでいる。

え? えーと……な、何が起こったんだろう……。
まるで瞬間移動でもしたかのように、私は数メートルの距離を瞬く間に移動していた。

……瞬間移動?
そういえば、スカイが今覚えてる技がそんなのだって言ってたっけ……。
そっか、これの事なんだ……。
私の首に腕を回してたバンダナの男が、視界の端に鋭利なものをちらつかせている。
「動くな! こいつがどうなってもいいのか!!」
頭の後ろでそう怒鳴られて初めて、自分が今、人質として捕まったのだという事を理解した。
ピタリと頬に当てられた刃に、みるみる体温が奪われてゆく気がする。

私を見て、スカイとデュナが動きを止める。
と、同時にローブの男も動きを止めた。
私の背後、バンダナの男を見上げ、軽く肩をすくめると、流れるような動きで剣を鞘に収め、出入り口側の壁にもたれるローブの男。
人質を取った今、自分の出番は無いという事なのだろうか。
バンダナの男を見上げたその目には、嫌悪感すら宿っていたようにも見えた。

最初に叩きつけられたうちの残り二人も、ようやく目を覚ましたらしく、瓦礫と、自分達に折り重なる仲間を掻き分けて出てくる。
通路から一人ずつ飛び出してきた敵は、一人につき一本の水流で確実に仕留めていたものの、最初の三人は一本で三人とも薙ぎ倒したせいか、回復が早いようだった。

バンダナの男は、這い出てきた仲間に私の番を任せると、部屋のほぼ中央にいるデュナ達に近付いて行く。
男が、デュナの正面に広がる見えない壁をノックして見せると、渋々ながらデュナが障壁を解いた。

キッとバンダナの男を睨み上げるデュナ。

男は、ヒールのあるデュナよりもさらに頭一つ分ほど背が高く、間近で見下ろされると威圧感がありそうだった。
デュナの後ろでは、スカイがあからさまに歯痒い表情でそれを見ている。
なんとかこの状況から抜け出さないと……。
このままではミイラ取りがミイラになってしまう。
背後にいるはずのフォルテを見ようとして、少しでも首を捻ろうとしたところを、首筋に添えられた刃に止められる。
私は今、一人の男に羽交い締められた状態で、もう一人の男からナイフを当てられていた。
ロッドはまだ握っている。よね?
右腕は男に抑えられていて動かせなかったが、グローブ越しにいつもの木の感触を確かめる。

マントと背中の間にロッドを隠すようにして、口に出さないよう注意しながらロッドの先に光球を作る。
バンダナの男が、デュナの顔に手を伸ばす。
デュナは首を縮める事も無く、真っ直ぐに男を睨み返している。
男は無造作に、するりとデュナからヒビの入った眼鏡を奪った。
「なんだ。眼鏡を外すと美人じゃないか」
男の嘲るような声に
「眼鏡の良さが分からないなんて残念な人ね」
と、デュナが軽蔑の眼差しで答える。

デュナの態度に、男が激昂したのが後姿からも分かった。
斜め上から振り下ろされた拳に、デュナが肩から床へと叩き付けられる。
「ねーちゃん!」
駆け寄ろうとするスカイを男が一喝する。
「動くな!! お前等は自分達の置かれた状況ってやつが分かってねぇらしいな……」
不気味に響くその声。じりっと倒れたデュナに近付くその男の影に恐怖を覚える。

光球を放つなら、もう今しかないかも知れない。
背後の男に撃てば、とりあえず拘束は解かれるだろう。
……マントにも穴が開くのは確実だけど。
問題はナイフの男からすり抜けられるか……。

多少の怪我は仕方ないとして強引に抜けるしかないかな。
首がすっぱりいかなきゃいいなぁ……。

その時、背後で可愛らしい声がした。
「うーん……?」
「フォルテ!」
思わず力いっぱい振り返りそうになる。
首筋の冷たい感触が、一瞬熱く感じる。
あ。ちょっと切れちゃったかな……。

目を覚ましたフォルテが見たのは、そんな光景だった。

拘束され、首筋に当てられたナイフから一筋の雫が零れる私。
床に倒され今にもバンダナの男に圧し掛かられそうなデュナ。
その奥には傷だらけのスカイ。

「あ……ああ、あ……」
その小さな声が震えて掠れる。
視界にはフリルの付いたピンクのスカートの裾までしか入らず、フォルテの表情までは見えなかったが、今、あのラズベリー色の大きな瞳にはきっと大粒の涙が浮かんでいる。
そう確信すると、胸が締め付けられて居ても立ってもいられなくなる。
「気にするな、そいつは動けねぇよ」
フォルテが目覚めた事を気にしてきょろきょろしていた私の近くの男達に、バンダナの男が苛立ちを抑えるようにして声をかける。

確かにフォルテは、両手両足を括りつけられていたし、それで無理に動こうとしたところでその場に倒れるのが落ちだろう。
「や……」
涙混じりのフォルテの声に、心の中で謝る。
もうこの子を泣かせたりしないと、繰り返し立てる誓いは、いつもあっけなく崩れる。

自分の不甲斐無さに涙が滲みそうになった時、私達は、フォルテの叫びを初めて耳にした。

「やだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
フォルテの泣き叫ぶ声。
それに合わせて不気味な振動が足元を、部屋を、この街を揺らし始める。
「地震!?」
じわじわと湧き上がるような地鳴りは、あっという間にフォルテの声をかき消すほどの轟音になる。

ナイフを当てていた男がおろおろと辺りを見回す。ナイフが大きく首から逸れる。
今しかない!!
ナイフの男から少しでも離れるように身を捻りながら、背後で羽交い締めをしている男に光球を放った。
「ぐあっ!」
男の悲鳴。
それと同時に両腕が自由になる。
声に慌てて振り返るナイフの男に捕まらないよう、揺れる室内を大きく回りこんでフォルテの傍まで走る。
「フォルテ!!」
フォルテ目指して伸ばした手を、突如現れたバンダナの男が掴み上げる。
「ああっ」
腕を力いっぱい引き上げられて、足が地面から離れると思った途端、バンダナの男が勢いよく奥へ倒れた。

揺れる地面に何とか踏みとどまって、足元を見ると、バンダナの男に覆い被さるようにしてスカイが倒れている。
「いってぇー……」
砕けたままの肩から男に当たってしまったらしいスカイが、冷や汗をだらだら流しながらなんとか体を起こす。
荒い呼吸が、時々引きつるように止まっている。相当痛みがあるようだ。
バンダナの男は打ち所が悪かったのか、沈黙したままだった。
「あー……けど、出来たな、バックステップ!!」
苦しいながらも嬉しそうに声を上げるスカイ。
どうやら、あの瞬間移動のような技の名前らしい。
「ぼさっとしてないで、フォルテの傍に寄りなさい!」
デュナがこちらへ駆け込みながら叫ぶ。
肩には大気の精霊、障壁用だろう。

その後ろでは、ごちゃごちゃに積み重ねられた家具が次々と倒れている。
揺れは一層激しさを増していた。
視界の端でキラリと何かが煌めく。
それは、こちらへ真っ直ぐ向かってくる剣の刀身だった。
生成りのローブが、揺れでちらつく明かりの中で部屋と同化する。
障壁は、まだ発動していない。
刺される!!――咄嗟に身を硬くした私の前に、大きな音を立てて岩が落ちてきた。

て、天井が崩れた!?
ギィンと剣が硬い物にぶつかる音がする。
一拍遅れて、デュナの障壁が完成する。

ふいに、部屋が真っ暗になった。
明かり用の魔法石が落ちて割れたのだろう。

暗闇の中、フォルテが薄ぼんやり光っているのが分かる。
その小さな額に浮かぶ、幸運の女神の紋様。
「その紋様は……!」
障壁に遮られ、地響きと轟音に飲み込まれる室内で、私は確かにローブの男の声を聞いた気がした。

岩の砕けるような音。
また天井から破片でも降ってきたんだろうか。
続いて小さな舌打ち。そして掛け去る足音……。
暗闇で見えなかったが、どうやらローブの男はフォルテを諦めて脱出することにしたらしい。
何せ、ここは地下二階だ。このままここが崩れれば、私達は残らず生き埋めになるだろう。
私達を包み込む半球状のドームのような障壁。
いつもより随分小さく作られているのは、強度を上げる為だろうか。
「この壁で、持ち堪えられるのか?」
スカイの問いに、デュナは
「持ち堪えるわ。絶対。あんた達を潰させたりしない」
とハッキリ答えた。

暗闇の中、続く振動。

フォルテは虚ろな表情のまま、瞬きひとつせずに涙をぽろぽろと零し続けていた。
額で淡い光を放っている紋様が、今、この災害を引き起こしているのは自分だと主張しているように見えた。

明かりを取ろうと呼びかけた光の精霊は、この真っ暗な地下二階の周囲には一人も居ないようで、呼びかけはむなしく空振りに終わる。

繰り返される瓦解の音。
遠く近く聞こえてくる、逃げ遅れた男達の悲鳴。
水の精霊で吹き飛ばした男達が溜まっていた方向へ、震える腕を伸ばそうとするデュナをスカイが止めた。
「無理だよ、ねーちゃん……」
「っ――」
フォルテの白い光に微かに照らされるデュナの横顔。
眉を寄せ、唇を強く噛み締めるその表情は、今までに見た事が無いほど感情を露わにしていた。
「フォルテ、フォルテもういいよ」
スカイが優しく語り掛ける。その声は酷く悲しい響きで聞こえた。
「無駄よ……その子はきっかけではあっても……何一つ制御するすべを持っていないわ」
若干落ち着いてきた振動の中で、デュナが途切れ途切れに呟く。

…………デュナの精神はまだあるのだろうか。
二本目の回復剤を飲んでから、一体何回魔法を使った……?
どうしようもなく嫌な予感が胸を過ぎる。
……まさかもう尽きて……――。

精霊を使役する為に代償として使われる精神力。
これが尽きればその時点で強制的に精霊との契約は解消となる。
ただ例外として、精神力が尽きた時、術者がある申請をすれば、そのまま契約を引き継ぐ事が可能だった。
――自身の命を、精神力の代わりに消費するという申請をすれば。

ザァっと自分から血の気が引いてゆくのが分かる。
小さな私を力強く抱きしめていた母の腕の感触が蘇る。

精霊に悪気が無いのは分かっている。
私達が自ら申請しない限り、命を取る事が無いのも知っている。
それでも、私は心のどこかで精霊が憎いのかもしれない。
母さんの命を食べ尽くしてしまった精霊が……。
「ねーちゃん、回復剤飲むなら出そうか?」
スカイの声にハッとなる。
そうだ。あの時とは状況が違う。
今は、障壁の中の私もスカイも動けるし、回復剤だってある。
「無理」
簡潔に答えるデュナ。
ううん、無理でも何でも飲んでもらうしかない!!

狭い障壁の中で、デュナの白衣ににじり寄った時、僅かな余韻を残して、揺れがおさまった。
フォルテに宿っていた光が失われると、辺りは完全な暗闇となる。
ふいに、私達を包んでいた閉塞感が無くなる。
ドサッと何かが倒れた音と、スカイの潰れた声がした。
見上げた頭上から、微かに月の光が差し込んでいることに気付く。
地上まで貫通しちゃったところがあるんだ……。

これなら、光の精霊も呼べるだろう。
慣れた手順でロッドに小さな光を灯すと、隣では案の定スカイがデュナの下敷きになっていた。
一見情けない事にはなっているが、傷だらけの体でデュナを支えようとした結果なのだろう。
スカイの名誉の為にもそう思うことにして、ロッドをかざし、改めて辺りを見回す。

埃っぽさが漂う室内には、また血の臭いも充満していた。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く