話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

circulation ふわふわ砂糖菓子と巡る幸せのお話

弓屋 晶都

第2話 橙色の夕日 7.忠告

お屋敷に戻ると、デュナは早速ファルーギアさんと研究室に篭ってしまった。
「先に寝てていいから」と言い残されたという事は、つまり夜中まで……もしくは朝までかかるのだろう。
私達三人は簡単に夕食をいただいた後、昨夜泊まった部屋へ戻った。
フォルテは、デュナから時間がかかることを聞かされていたのか、図書館から本を二冊借りていた。
一冊はもう少しで読み終わるらしく、もう一冊はそれの続きなのだそうだ。

一応昨日も部屋で洗濯はさせてもらっていたのだが、今日の下着も念のため洗っておこうかな……。
家を出てもう六日。明日で七日目になる。
インナーはローテーションしているものの、建物倒壊やら、遺跡探索やらで、マントや帽子もいい加減埃っぽくていけない。
そろそろ一旦家に帰って、お日様の下でゆっくり洗濯物を干したいものだ。
しかし、ザラッカからまっすぐ家を目指しても丸二日は歩かないといけなかったし、
朝から出られなければ、二泊することになる可能性だってある。
うん。やっぱり洗濯できるときにしとこうっと。

「あともうちょっとー」と抵抗するフォルテをなだめてシャワールームへ連れて行く。
宿には、色々な地方からのお客さんの為か、バスタブのあるところもちらほらあるのだが、マーキュオリーさんのお屋敷にも、このお屋敷にも、四角く区切られたシャワールームしかなかった。

フォルテの手を引いて廊下を歩く。
シャワールームは自由に使うよう言われていた。
「さくっとシャワーを浴びて、ゆっくり続きを読んだらいいから……」と声をかけると
「うん……」と気の無い返事。落ち込んでいるというよりは、心ここにあらず。という感じか。
どうやら、半分以上頭がお話の世界に浸かっている様だった。

足元すら見えていなかったのか、何も無い廊下でフォルテが躓く。
反射的に繋いでいた腕を引き上げて、なんとかフォルテは転ばずにすんだ。
驚愕の表情で目を見開いたまま、固まっているフォルテ。
急に現実の世界に引き戻されて頭の中身が追いついてこないのだろう。
「もう、ちゃんと前見て歩かないと危ないよ?」
硬直したままのフォルテがおかしくて、苦笑しながら瞳を覗き込む。
どこを見ているのかよく分からないラズベリー色の美味しそうな瞳が、その焦点をようやく私に合わせると、ホッとしたように照れ笑いをする。
「えへへ……ごめん……」

……本当だ。

私は、テラスでの会話を思い出していた。
私が笑えば、フォルテはそれだけで十分安心できるんだ。
刷り込みでもなんでもいい。この笑顔に応えていこう。
これからも、ずっと。

不思議と前向きに。
かといって無駄に力を入れることなく、自然とそう思えた事を、心の底から嬉しく感じる。

フォルテの手を握りなおして、私達はまた廊下を歩き始めた。
こうして、ファルーギアさんのお屋敷で過ごす二日目の夜は、穏やかに過ぎていった。


翌朝、私達はデュナのハイテンションな叫びで起こされた。
「出来たわよーーーーっっ!!」

朝と言っても、時計の針はやっと五時を回った頃だ。
「う、うう……んんー……。デュナ、おはよう……」
何とか、眠りの淵から這い出て返事をする。
「あら? フォルテは起きないわねぇ」
顔を上げると、デュナは本を抱えたままぐっすり眠っているフォルテの頬をぷにぷにと突付いていた。
「ああ、うん。昨日は結構遅くまでそれ読んでたみたいだから……」
結局、最後まで読んでから寝てしまったのだと思う。
私が寝てしまう方が早かったので、ハッキリとは分からないが、もう私が眠りにつく頃には、残りページ数も少なかった気がする。
もちろん、二冊借りてきた方の、二冊目の方だ。
「ふーん……。じゃあ、ラズだけでいいわ。今からフィーメリアさんに薬を飲ませるわよーっ」
そう叫ぶと、デュナは廊下に出て行ってしまった。
扉も開け放したままに。

うーん……テンション高いなぁ、寝てないからかな……。

のそのそと靴を履いて、マントを羽織る。
グローブと帽子は無くて構わないだろう。

幼い頃から旅暮らしだった私には、寝巻きに着替えて寝る習慣がないので、部屋を出るにはそれだけで十分だった。

フィーメリアさんの部屋へ入ると、デュナとファルーギアさんがフィーメリアさんのベッドの枕元に立っていた。
手には薄紫色の液体が入った三角フラスコを持っている。

あれが中和剤だろうか……。

傍の椅子には、椅子の背を抱くようにして座っているスカイが居た。
どこか遠い目をして、力なくうなだれているようにも見える。
「おはよ」
「おー……おはよぅ……」
声をかけると、のっそりこちらを見上げた。
爽やかの代名詞のような彼が、珍しい。
目の下にはうっすらとクマが出来ていた。
「寝不足?」
「まぁな……」
苦笑した、のだろう。僅かに表情が歪む。
デュナが、ちらとこちらを見て説明した。
「ああ、スカイで薬品の実験してたのよ。摂取量に対する薬品の量とか、試してみる方が早かったから」
なるほど……。
つまり、スカイは一晩中、実を食べさせられては薬を飲まされて……の繰り返しをしていたという事か。
「ブラックブルーの実、思ったよりうまかったよ」
力なく笑いかけるスカイの笑顔は、なんだか儚げにも見えた。
「そ、そうなんだ、それは……」
なんて言おうか一瞬迷ったが、たとえそれがものすごく不味い味だったとしても、スカイは食べなくてはならなかったのだろう。
「……よかったね」
「おう」
足元を過ぎる風に気付いて部屋を見渡すと、二つある窓はどちらも全開になっていた。
……何で窓が開いてるんだろう。
疑問を口にしようとデュナを見上げると、その肩先には風の精霊がとまっていた。
「二人とも、こっちに来なさい」
デュナの指示に、私達はデュナとファルーギアさんの立つ、奥側のベッドサイドへ移動した。
すぐに、私達を囲むように風の障壁が張られる。
それは、フィーメリアさんと私達を隔てる形になっていた。

デュナは二つ目の構成を組み始めている。その指先に、また風の精霊が姿を現す。
見れば、先ほどのフラスコは栓の開いている状態でベッド脇のサイドテーブルに置かれていた。
デュナが構成を実行に移すと、フラスコの液体が霧散する。
ほんのり紫がかった霧が、フィーメリアさんを包み込んだ。
薬品を吸入させるつもりなのだろう。霧のほとんどは顔に集中していた。
それと同時に、ファルーギアさんが秒針の付いた懐中時計を覗き込んでカウントを始める。

精霊を用いた、一般的に魔法と呼ばれている"精霊魔法"には、どうしてもできない事があった。
それは、人間や生き物の体に、直接作用する事だ。
魂を持つ物の体は、魂によって守られている為、精霊達には手出しが出来ないらしい。
逆に、神の力だとか奇跡の力だとか呼ばれる回復系の魔法は生き物に直接作用するものだったが、これには人を傷付けるような類の呪文が存在しないと言われている。
もっとも、悪意に満ちた人や、神の存在を信じない人には簡単な治癒術も使えないわけだが。

三十秒の合図と共に、デュナが液体をフラスコに戻した。
ふぅ。と息をつくデュナとファルーギアさん。
「これで、あとはフィーメリアさんが目覚めるのを待つだけね」
じっとフィーメリアさんの横顔を見つめているデュナの言葉に、ファルーギアさんが「そうですね」と頷いた。

しかし、風の障壁はまだ張られたままで、二人がフィーメリアさんに近付こうとする様子もない。
それどころか、デュナの肩にはまた風の精霊が姿を現していた。
首を傾げる私に、後ろからスカイが声をかけた。
「障壁が役に立つのはこれからだよ」
途端、ベッドの上のフィーメリアさんが大きく波打った。


フィーメリアさんはそのまま数度、ビクビクと体を大きく震わせると、紫色の煙のような物を空中に吐き出した。
その量は、とても彼女一人の体内から出てきたとは思えないほどの量で、部屋が一瞬薄暗くなったほどだ。
すぐさま、デュナが風の精に煙を窓の外まで押し出させる。

「あれ、ブラックブルーの胞子なんだとさ」
後ろで、壁に背を預けているスカイがぽつりと呟いた。
相変わらず体調が悪そうだ。
障壁はデュナの立つ位置から後ろ、壁までを隙間なく覆っていた。
どうやら、あの胞子を私達が吸わないようにするためのものらしい。
まだ風の精を操っているデュナに代わって、ファルーギアさんが説明してくれる。
「ブラックブルーは、ああ見えて菌性の植物でして、ええと……きのこのようなものだと思っていただければいいでしょうか。
実を食べた者を一時的に仮死状態にして、その体内で胞子を作るのです。
丸一日程で胞子が出来上がると、仮死状態が解け、保菌者は動けるようになります。
そのさらに数日後、熟成した胞子が保菌者から咳やくしゃみと共に吐き出されるという仕組みです」
「そうだったんですか……」
なんというか、起き抜けの脳みそがファルーギアさんの台詞を右から左に流してしまったようで、どうにも気の無い返事を返してしまったが、ファルーギアさんは気にする様子もなくにこにこしていた。

よく考えれば、デュナやスカイは一晩寝ていないわけだが、ファルーギアさんはそのさらに前日から研究室に篭っていたわけで、もしかすると一昨日の晩から寝ていないのではないだろうか。

服こそ初日と違っていたが、やはりくたびれたシャツによれっとしたベスト。
笑うと何だか薄幸そうに見えてしまうところも、やつれた印象も元からだったせいか
普段とあまり変わらないように見える。
ファルーギアさんというのは案外タフな人なのかもしれない。

室内から煙を完全に追い出し、デュナが障壁を解く。
精霊達がこぞって報酬の精神をいただこうとデュナに纏わり付いた。
「デュナ、今の煙って吸うと危なかったの?」
だとしたら、フォルテは連れてこなくて正解だったかもしれない。
そんな風に考えつつ声をかけると、デュナがちょっと困った顔をした。
「うーん……。危ないって事もないけれどね。
人の体内から、ちゃんと外に吐き出される為に、異物だと感じるように出来てるのよ。あの胞子は。
つまり、ちょっとでも吸うと、それを完全に体外に出すまで、くしゃみや鼻水が止まらなくなっちゃうわけ」

なるほど……。
それは確かに、ちょっと遠慮したい。

もしかしたら、最初の実験後には、皆でくしゃみを連発していたりしたのだろうか。

そもそも、あの胞子が人間に寄生して発芽するような危険なものなら、もっとブラックブルーの認知度も上がっていただろうし、こんな風に一般家庭の庭に……いや、この場合は一般的な規模の庭ではないが、ともかく、こんな風に知らない人がうっかり食べたりするようなこともなかっただろう。

「うう……ん?」

聞きなれない声に、ベッドを見ると、フィーメリアさんが体を起こそうとしているところだった。

ゆっくりとした動作で伸びをして、静かに目を開いたフィーメリアさんが、私達を見て、これまたゆっくりと首を傾げる。

ライムグリーンの髪に、それより少し濃い瞳は、ファルーギアさんとほとんど同じ色合いだった。
ファルーギアさんを見ている限りでは、儚げな印象を受けたそれらの淡い色も、フィーメリアさんにかかるとなんだか力強く見える。
「あのう……どちら様でしょう……?」
その声は、体格にそぐわない、コロコロした響きの甘い声だった。
「ああ、姉さん、こんなにやつれてしまって……」
ファルーギアさんがベッドに駆け寄る。
連れ帰ったときよりは、確かに痩せてしまったフィーメリアさんだったが、ファルーギアさんと並ぶと、その横幅には三倍以上の差があった。
いや、ファルーギアさんは小柄で華奢な体型を隠すかのように、だぼっと服を着てあれなのだから、実際には四倍以上の差かも知れない……。
「あらホント、なんだか体が軽いわ」
悲しそうなファルーギアさんをよそに、嬉々として体を動かすフィーメリアさんに、デュナが「急に動かない方がいいわ」と声をかける。

長期間眠り続けていたせいで筋力は相当落ちているはずだ。
歩行も、最初は困難かもしれない。
簡単なリハビリの手順を説明するデュナの言葉を、ふむふむと大人しく聞き終えてから、フィーメリアさんはベッド脇でそれらをメモしていたファルーギアさんを見上げた。
「ファル、この方々は?」
そこでやっと、ファルーギアさんから私達の紹介が入る。
彼の紹介は柔らかく好意的な内容で、聞いていて嬉しいような、恥ずかしいような気分になった。
特に、デュナに対して大いに尊敬の念を抱いているようだ。
三人の紹介が終わると、フィーメリアさんが小さく首を傾げた。
「もう一人……いらっしゃるんじゃないかしら?」
慌ててファルーギアさんがフォルテの紹介をする。
この場にはいないけれど。と補足を入れて。
今目を覚ましたばかりの人が、何故フォルテの事を知ってるんだろう。
「大きな力に守られた、小さなお嬢さん。ね。一度お会いしてみたいわ」
「大きな力……?」
その呟きは、私ではなくデュナから零れた。
「ええ、有益な神様の強い加護があるような気配を感じるわ。ええと、そのあたりから……」
と天井へ指を差す、斜め上に上げられた指の先は、正確に二階で寝ているフォルテの辺りを指していた。
デュナが何かを言おうと息を吸った瞬間、フィーメリアさんのお腹が盛大な音を立てた。
あまりの轟音に、全員が苦笑する。
フィーメリアさんだけは、赤くなって俯いてしまったが。
もう何日も食べていないのだから、当然だろう。
「お腹の動きは十分活発なようだけど、まずは消化に良い物から始めた方がいいわ」
と、デュナが部屋を出る。
大慌てでご飯の手配に行ったファルーギアさんの後を追いかけて行ったようだ。
部屋には私、スカイ、フィーメリアさんの三人が残された。
「フィーメリアさん、有益な神様っていうのは、どういうもの……なんですか?」
間を置かず、スカイが話を戻す。
「うーん、その子の顔を見て、占ってみれば分かると思うのだけど……」
困った顔で首を捻るフィーメリアさん。

一瞬の沈黙に、デュナの声が、廊下から遠く聞こえる。
途中でファルーギアさんに追いついたのか、メニューを提案しているようだった。
と、近くで響くお腹の音。それに重なるスカイのあくび。
とにかく、話はご飯と休息を済ませてからがいいだろう。

私としても、非常に気になる内容ではあったが、全身からのんびりとした空気を放出していてるフィーメリアさんを見ていると、そう急がなくてもいいような気がしてきた。
「私、ひとまず白湯を貰ってきますね」
あ。重湯のほうがいいかな……?
キッチンに行く途中にはデュナも居るはずだし、聞いてみることにしよう。
私は、まだ恥ずかしそうにしているフィーメリアさんに挨拶をすると、部屋を出た。


「ラズ」
その声に振り返ると、スカイはまた大あくびをしていた。
「俺も、ちょっと寝てくるな。話を聞くときには起こしてくれるか?」
「うん、分かった。デュナとファルーギアさんも睡眠をとると思うから、ゆっくり寝てていいかもね」
「おぅ。おやすみ」
ひらひらと手を振って、スカイが背を向ける
「おやすみ」
私の声に、再度手を上げると、そのままおぼつかない足取りで階段を上がっていった。

フィーメリアさんの食事を見届けると、やはりデュナとファルーギアさんは布団に潜ってしまった。

時刻はやっと六時になろうかというところだったが、フィーメリアさんまでもが、体力が低下しているためか眠そうにしている。
私は、このまま夜まで起きていられそうではあったが、あまり皆と起床時間がずれるのもよくないだろうし、皆に付き合ってもう一眠りすることにしようか。

そうして、全員がフィーメリアさんの部屋に揃ったのは昼を回った頃だった。

フィーメリアさんの前に一人立たされたフォルテが、ほんのちょっと不安そうにこちらを振り返る。
「特別にフォルテを占ってくれるんだって」と説明した時には、嬉しそうにしていたのだが、動くフィーメリアさんと初めて対峙したせいか、人見知りが出ているようだ。
私が笑顔を見せると、フォルテは少し落ち着いたのか、フィーメリアさんに向き直る。
それを見て、フィーメリアさんが
「何も心配することないわよ、ちょっと私の前に立っていてくれれば、すぐ済むからね」
と、ファルーギアさんを上回るのんびりさで、ゆっくりとフォルテに話しかけた。
こっくりとフォルテが頷く。

フィーメリアさんは、流動食に近い昼食を全部平らげて、もっとこってりしたものが食べたいと言っていた。
血色の回復した張り艶のある顔を見ると「やつれた」と言ったファルーギアさんの気持ちもわからなくはないような気になる。

フィーメリアさんがおもむろにフォルテに両手をかざす。
彼女が目を閉じた途端に、一人、また一人と、どこからともなく小さな精霊の子供達が集まってきた。
私が普段よく目にする光の精霊に、デュナがよく使う風・水・大気の精霊。
水の精霊は、他に比べると数が少ないようだ。
サワサワと葉っぱを束ねたような髪を揺らす精霊は、緑の精霊だろう。これもまた、結構な数だ。
他にも、何の精霊だかよくわからないような子までうろうろしている。

本当に、沢山寄って来るものなんだなぁ……と呆気に取られる。
……見えているのは私だけだろうけれど。

どの子も、仕事が与えられるわけでなく、ただ近くで集まって遊んでいるだけのようだ。
わーわーきゃーきゃーと楽しそうに駆け回る精霊達に、ぐるぐると纏わり付かれるフィーメリアさんは、どう見ても、集中しづらそうだった。
ふっと目を開けるフィーメリアさん。
それが合図だったかのように、精霊達は散り散りに消えて行く。その表情は楽しげで、
一体何が楽しかったのかよくわからないが、精霊の子供達にとって遊びのひとつなんだと解釈する。

「ええと、ごめんなさいね。上手く集中できなくて、はっきりとはわからなかったのだけど……」
フィーメリアさんの言葉に、デュナがフォローを入れる。
「病み上がりだもの、無理しなくていいわ」
デュナは、滅多なことでは敬語を使わないのだが、今までそれが元でトラブルになったこともなかった。
きっと相手をよく選んでいるのだろう。私には到底真似できそうにないが。
「何か大きな流れを司る神様の加護みたいね。 良い流れを司っている神様なのは確かだわ」
「良い流れ……?」
スカイが首を捻る。
ほんのちょっとだけ間をおいて、デュナが言う。
「……たとえば、幸運とか?」
その言葉に、フィーメリアさんが瞳を輝かせた。
「ああ! そうね。そうかもしれないわ。女性神のような雰囲気を感じたの、それにちょっと気まぐれな感じもあったし……。幸運の女神だったのね。きっと」
ふんわりと、嬉しそうに微笑むフィーメリアさん。
何だか癒される人だなぁ……。

占い師としては、いい事だろう。
私も、こういう人になら相談を持ちかけたくなりそうだ。

ふと、隣に立つデュナの表情が険しいことに気付く。
何か気がかりなことをじっと思案しているような、そんな真剣な目だ。
声をかけようか一瞬ためらった隙に、デュナはパッと表情を切り替えると、ファルーギアさんへ笑顔を見せた。

……笑顔?

「さあ、依頼は無事達成と言う事で、報酬の話をしましょうか?」

どうやら、成功報酬の金額について、これから交渉にかかるようだ。

なんというか、ハッキリ言って、デュナは金額交渉が好きだった。
前もって決まっている提示額を受け取るよりも、交渉によって勝ち取った金額の方が嬉しいようだ。
そもそも、デュナと交渉をして、負けない相手はなかなか居なかったが。
ファルーギアさんはまさに、デュナにとって美味しい客そのものだった。

ニヤリ。と微笑み、メガネを反射させるデュナは、どう見ても悪い顔をしていた。

書物と人でごった返す、ザラッカの中央通りへと足を踏み入れる。
ファルーギアさん達に見送られながらお屋敷を出て、図書館へ本を返したその帰りだ。

図書館からそのまま一本裏側の道を通っていけば、ザラッカの出口まですぐに着くはずだったが、フォルテと、クエストが終わったらゆっくり置物を見に来る約束をしていたため、私達はまた街の真ん中辺り。掲示板のちょっと向こう側に店を出していた例の露店へと向かっていた。
あの置物が視界に入ると、フォルテは小走りで駆け寄って行く。
スカイが慌てて後を追う。
人ごみを器用に掻き分けて行く二人の背中を眺めながら、お屋敷を出る時に、フォルテがフィーメリアさんに言われていた言葉を思い出していた。

『あなたを守っている光はとても強いわ。強すぎる光に照らされれば、どうしても後ろには強い影が生まれてしまうものだから、よく気をつけてね』

何をどう気を付ければいいのか分からないまま、とりあえず頷くフォルテに、同じくサッパリ分からない私では説明できず、デュナを見上げる。
その横顔が、驚くほど辛そうな表情でフォルテを見つめていて、思わず声をかけそびれてしまったのだ。

チラと、隣を歩くデュナの横顔を見る。
いつもと変わらない、自信満々で、大胆不敵と言う言葉をそのまま表したような、そんな顔。
先に行った二人に追いついたデュナは、やおら腕を組み、ちんまりとしゃがみこんで置物を見つめるフォルテを見下ろした。
「それ、買ってあげましょうか?」
背後から降ってきたデュナの声に、フォルテが弾かれるように振り返る。
「えっ、いいの!?」
「ファルーギアさんには、たんまりいただいたからね……」
こみ上げる笑いが、デュナの口端に滲む。

うわぁ……。
どう見ても悪い人の顔だ。
視界の隅では、スカイも引きつった顔でデュナの横顔を見ていた。
「うーん……」
一瞬あんなに嬉しそうにしたフォルテが、急に思案顔になる。
「……いいや、やっぱり。いらない」
店のおじさんの視線が突き刺さる。
どうやら、今の会話で相当に期待させてしまったらしい。
そんな視線を物ともせず、デュナがフォルテに尋ねる。
「どうして?」
「ええと……」
口ごもりながら、ひとつずつ言葉を拾い集めるようにしてフォルテが話す。
「この、置物見てるの……好きだけど。その、なんだか、懐かしくて、優しい気持ちになるの……けど」
俯いて話していたフォルテが、息を吸って、デュナを見上げる。
腕を組んだまま、それを見下ろしているデュナだが、その視線はとても柔らかくフォルテを捉えている。
「あんまり、こればっかり、見てちゃダメ……なんだと、思う……。
私、皆と一緒に、もっと色んな物を見る方がいい……」
「そう、よく分かったわ」
一生懸命に、その大きな瞳を潤ませて話したフォルテの髪を、デュナがふわふわと撫で回す。
フォルテの表情が、ふにゃっと崩れて笑顔になる。
デュナも、あまり外で見る事のない、優しいお姉さんの顔をしていた。

スカイも嬉しそうな顔でそれを見つめているが……。
皆はおじさんの視線が気にならないんだろうか。
私は、既に居た堪れない感じになっているのだけれど……。

チラ、と刺さる視線の元を窺うと「買う気が無いならもう帰れ」と言わんばかりに睨まれてしまった。
「じゃあ、そろそろ行こうか」
スカイが皆に声をかける。
よく見ればその額にうっすらと冷や汗が浮かんでいる。
どうやら、態度に出さないようにはしているが、スカイも私と同じくおじさんの視線をひしひしと感じていたようだ。
「そうね、一旦家に戻ったら、次は花探しよ」
デュナがくるりと踵を返す。
真っ白な白衣の裾が翻る。
それを合図にするようにして、私とスカイも店に背を向けた。
後ろを振り返らないように気を付けつつ、慎重に背後のフォルテに手を差し出す。
きゅっと私の手より一回り小さな手が、濃紫のグローブを握ってくる。
それを大切に握り返して、私達はザラッカの街を後にした。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く