話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

circulation ふわふわ砂糖菓子と巡る幸せのお話

弓屋 晶都

第1話 赤い宝石 6.瓦礫

このまま壁を突き破って街に繰り出してくれれば、町はパニックになりそうだけど、治安局は出てきてくれるだろうなぁ。
などと他力本願な事を考えていたら、轟音と共に壁に体当たりをした巨大人形が、壁に大きな亀裂を入れつつ、あろう事か壁づたいにその巨体を大きく横へずらして倒れこむ。

そこは、私達の目指していた場所。
二階への階段だった。
「「ああああああああ!!」」
私とフォルテの声が重なる。
一歩遅れて、回復剤を一気飲みしたデュナが「あー……」とため息交じりに吐き出した。

階段は、下半分以上が瓦解していた。
地鳴りと共に、室内がなんとなく斜めになった気がする。
床が、どこかしら陥没してしまったのかも知れない。
これだけドタバタ暴れれば、それも仕方のない事だと思うが……。

「うおわっ」
聞き覚えのある声がかすかに聞こえた。
しかも、頭上から。
フォルテがパッと顔を上げる。
「スカイの声だ!」
なるほど、通りで聞き覚えがあるはずだ。
「ラズー! デュナー! フォルテー! 居るかー!?」
「居るーっ!!」
遠くから聞こえるスカイの声に、フォルテが元気よく返事をする。
「今建物傾いたよな、落ちるかと思ったよ……」
ほんの半日ほど聞いていなかっただけで、スカイの声が懐かしく聞こえた。
空き瓶を乱暴にポケットに突っ込むデュナ。
先程フォルテがこけた事を気にしての行動だろう。
「もう、いつまで寝てたのよ。あんたは肝心な時に役に立たないんだから!」
スカイの声に安心したのか、憎まれ口を叩くデュナの口元にも笑みが戻っていた。

巨大人形に近付く形になってしまうが、三人でそろそろと先程の位置まで戻る。

デュナの肩口には風の精霊が四人ほど待機している。
今のところ、巨大人形は倒れたままの姿で微動だにしていない。
私が開けてしまった大穴の下まで来ると、三階から顔を覗かせているスカイが見えた。
今さらだが、私の光球にスカイやマーキュオリーさん達が巻き込まれる可能性があったのだと思うと、ぞっとする。
「あ、スカイ、その階にマーキュオリーさんがいるはずなんだけど……」
ひょこっとスカイの隣に見た顔が現れる。
マーキュオリーさんの妹、クーウィリーさんだった。
「私も、姉もスカイさんに助けていただきました!」
どうやら、今起きたばかりというわけではないようだ。
三人が無事だったことにホッとする。
「とにかく二人を連れて二階まで下りてきなさい」
デュナの指示にスカイが困った顔をする。

「それがさ、階段周りが崩れかけてるんだよな」
そもそも、この建物自体が既に崩壊の危機だと思う。
「すみません、その、姉は高いところが苦手で……」
つまり、肝心のマーキュオリーさんが渋っていて動けないのか。
どおりで先程から少しも顔を出さないはずだ。

いきなり、巨大人形がこちらにその長い腕を振る。

「え」
倒れたままの姿勢からの急な攻撃に
私は、警戒していたにもかかわらず、対応できなかった。

巨大なその腕は、私達を薙ぎ倒すのに十分な大きさだった。
相当な速さでこちらへ伸びる土で出来た指は、その角度から、私を吹き飛ばす前にフォルテに当たる。

フォルテが潰されるところは、見たくない。
この子を連れて逃げなきゃ。
少しでも遠くへ。

私に考えられたのはそこまでだった。
唯一反応出来たデュナが風の精霊を私達に向けて放つ。
精霊達に押される形で、後方へと吹き飛ばされる。
同じく精霊に飛ばされて、フォルテが私の胸に背中から飛び込んでくる。
次の瞬間には床に叩き付けられるだろう。
フォルテが痛い思いをしないよう、なるべくしっかりその背を抱いた。

「ねーちゃんっ!」
スカイの声がホールに響く。
轟音と振動。デュナの小さな悲鳴がそれに続いた。

私達を逃がしてくれたデュナは……?

背中が、土と泥にまみれた硬い床に接触する。
地面をマントでこすりながら、土埃を巻き上げて、たっぷりと吹き飛ばされる。
自分の頭を打たない様に、背を丸めてきつくフォルテを抱えていたせいで、息が出来なかったのだろう。
止まったとたんにフォルテが「ぷはっ」と腕から顔を出した。

上体だけを起こしたままで、デュナの姿を探す。
「ねーちゃんっっ!!」
スカイの声が、どうしようもなく悲痛に聞こえる。

建物と巨大人形の腕の隙間から、デュナがふらりと這い出してきた。
「……うるさいわね。生きてるわよ」
減らず口を叩くデュナ。
左手で右腕を不自然に強く押さえているその姿は、あまり無事では無さそうだった。
足も痛めてしまったのか、軽く右足を引きずりながらこちらに駆け寄ろうとするデュナの後ろで、巨大人形が静かに顔を上げる。
私のロッドは、遥か遠くに落ちていた。

「デュナ! 後ろ!!」
フォルテが声を上げる。
スカイの位置からでは気付かないだろう。

私がやるしかない。
杖無しで。
「っ力を貸して、お願い!!」
私の超特急のオーダーに答えてくれたのは、やはりいつもの光の精霊だった。
もやもやと、不定形な光の塊が、デュナの横を通り過ぎ、巨大人形に覆いかぶさる。
そのまま光は壁を……天井までもごっそり砕いて人形を外へと押し出す。

ボロボロだった建物が、ついに最後の悲鳴をあげる。
砕けた部分へ全てを集めるかのように、二階が、三階が傾いてゆく。

「スカイ、二人を抱えて飛び降りなさい!!」
穴の真下にいたデュナが叫ぶ。
「ラズ達は早く外に!!」
振り返るデュナの顔色は青白かった。
もしかすると、右腕は折れているのかもしれない。

バラバラと降り注ぐ石の破片。
石や杖は遠く、拾っている余裕はなさそうだ。

吹き飛ばされた場所からは、最初の出入り口が一番近かった。
デュナが結界を張るのを視界の端にとらえる。
私はフォルテの手を引いて出口へと駆け出した。

「だ、ダメです!無理です!!」
相当狼狽している聞き覚えのない声はマーキュオリーさんの物なのだろう。
「大丈夫。俺が絶対二人に怪我させないから、しっかり捕まって」
状況にそぐわないくらい落ち着いたスカイの声が、やたらと優しく響く。
「失敗したってスカイの足が四〜五本折れるだけだから」
「そんなに足があるか!」
二人のやり取りを背に、出口を走り抜け、建物の外に出る。
これでデュナは私達のために結界を張らなくて済むはずだ。
私の精神はさっきの魔法で既に底を付いていた。

役に立たないどころか、状況を悪化させてばかりの自分に歯噛みしつつ、眩しい日差しに包まれて、私達は振り返った。
開け放たれたままの出入り口から、じっと目を凝らして中の様子を見る。

両腕にクーウィリーさん達を抱いて、デュナが作った風のクッションの中へ飛び降りるスカイ。

バランスは取れていたように見えた。
マーキュオリーさんが、悲鳴と共にスカイにしがみつくまでは。

背中に四人分の荷物を背負って、左右に女性を抱えて、それだけでも十分バランスを取り辛い中で、片側の女性に暴れ出されては、さすがのスカイも耐え切れなかったのだろう。

風に落下の威力は殺されていたが、着地の音はボキンと聞こえた気がする。

分かったのはそこまでだ。

崩れる石の壁や瓦礫の中で、皆の姿は完全に見えなくなった。

大気の精霊が二人ほどデュナ達のいたところへ飛び込んで行く。
風の精霊達は解放されたようだったが、デュナがいつも結界に使う大気の精達は出てきていないところを見ると、おそらく障壁を強化したのだろう。

あの大穴の真下なら、デュナの精神力さえ持てば、押しつぶされずにいられるかも知れない。
……デュナの精神力さえ、持つなら。

私はフォルテの小さな肩を引いて、崩壊してゆく建物からもう少し距離を取った。
建物の外で、瓦礫に当たって怪我でもした日には皆に合わせる顔がない。

ふと、広がった視界の隅に巨大人形の姿が入る。

そういえば、外に押し出しただけで、まだ倒してなかったんだっけ……。

姿を保っていると言う事は、いつ動き出すか分からない。
そうデュナが言っていたのを思い出す。
全てが潰れて、土煙のおさまってきた建物の向こう側には、愕然としている犯人達の姿もあった。

相当離れているここからも、そのショックの大きさが伝わってくるほどの動揺に、この建物はもしかするとまだローンだとかそういうものが残っているのかもしれないなぁと、考えてしまう。
装飾こそなかったものの、壁も、中もまだ新しい印象があった。
もしかしたら借りていた建物なのかも知れない。

静まり返った建物の跡地に、一箇所、盛り上がっていた部分がバラバラと瓦礫を弾き飛ばす。
大気の精霊達が霧散する。
デュナが解放したか、もしくはデュナが意識を失ったかのどちらかだ。

スカイも動けそうには思えなかったし、私が行って治癒術をかけないと……。

人形達が瓦礫の下でまだ姿を保っているかもしれないと思うと、フォルテを外に置いて行くのも危険だった。
「フォルテ、デュナ達のとこに行くよ」
ロッドもないので、右手を差し出してみる。
私の手をとり、フォルテがこっくりと頷いた。

精神力はもう尽きていたけれど、スカイが背負って降りたリュックの中には回復剤が入っているはずだった。
瓶が割れたりしていないことを願いつつ、瓦礫の上を慎重に歩く。
「足元気をつけてね。 崩れやすいからね」
フォルテに声をかけて進む。

確かこのあたりにロッドが落ちていたのだが、足元は完全に埋まっていて探し出せそうになかった。
赤い石はどこに埋まっているのだろう。
それを掘り出して封印しないことには、この人形達はおさまらないのだが……。

ガラッと音を立てて、フォルテが瓦礫に足をとられる。
慌てて腕を引き上げたので、転ぶには至らなかったが、フォルテはその大きな瞳を見開いて、引きつった表情を浮かべていた。
「ご、ごめんね……」
「ううん、こけなくてよかった」
「あ」
引き上げられた腕をそっと下ろされて、崩れた足元を確認したフォルテが短く声を上げる。
その視線を追って覗き込むと、そこには赤く光る石が落ちていた。
「これ、まだ触っちゃダメなんだよね?」
フォルテの問いに大きく頷いて答える。
しかし、デュナ達のところまでもう少し距離があるし、一度目を離してしまうと見失いそうだった。
「何か目印になる物があればいいんだけど……」
私の発言に、フォルテがパッと顔を上げる。
「私のポーチ、ここに置いて行こうか?」
それはいいアイデアだね、と合意してフォルテの小さな薄紫のポーチを置いて行く。
昨夜このポーチが取られなかったのは、おそらくそのサイズゆえに、中を開けたらお菓子しか入っていないことがすぐ分かったからだろう。

デュナ達の方へ顔を向けると、スカイが元気そうに手を振っていた。
それでも、足は折れているのだろうが……。
デュナもガックリと肩を落としてはいるが、無事なようだ。

人形達が動き出さないことを祈りつつ、彼女達の元へ急いだ。

「スカイ、荷物漁るよ」
スカイが背負ったままのリュックに、腕を突っ込んでごそごそと回復剤を引っ張り出す。
フォルテは、スカイのありえない方向に曲がってしまった左足を見つめたまま固まっていた。
「ごっ……ごめんなさい!! その……」
マーキュオリーさんがスカイに力一杯頭を下げる。
「いや、もういいって、ホントに」
スカイが苦笑しているところを見ると、ここまでにも散々謝られたに違いない。
マーキュオリーさんは、全体的にコンパクトで快活なクーウィリーさんとは対照的に、ふんわりとした華やかさと落ち着きのある人物に見えた。
濃紺に金糸で刺繍のされたローブ……封印術師の衣装が、色白の肌を包んでいる。
今は、その横顔を申し訳なさで赤く染めていたが。
「フォルテ」
スカイが優しく声をかける。
おずおずと、スカイの顔へ視線を動かすフォルテ。
私は、その横で精神回復剤を一気飲みした。

うーん……。やっぱり苦手だなぁ、この味……。

「そんなに見つめなくていいよ、ラズがすぐ治してくれるから」
スカイの額に浮かぶ大粒の脂汗が、クジラのバンダナに吸い取られてなお、青い髪を濡らしていた。
それでも、彼は笑顔だった。

デュナが、ゆっくりと顔を上げて指示する。
虚ろな瞳が、今にも閉じてしまいそうに瞬いた。

「スカイの足、私の足、私の腕の順番でお願い」
既に祝詞を唱え始めていたので、こくりと頷いて答えた。
デュナの顔色が土気色なのは、精神的な要因も大きいのだろう。

魔術は……特に、彼女のような使い方は、とにかく集中力を要する。
昨夜からずっと魔法を使い続けているデュナは、間違いの許されない数式を延々と解き続けているようなものだ。
しかも、ここへ来てそれはさらに速度を要求されている。
デュナが疲弊するのも当然だった。

「……その聖なる御手を翳し、傷つきし者に救いと安らぎを」
祝詞を言い切って、一息つく。
私の手から溢れる白銀の光が、スカイの曲がった足を包み込んでいる。
普段使っている光球の光は黄色っぽいのだが、癒しの光はいつも真っ白だった。
聖なる光だと言えばそれらしくも見えるが、私個人の意見としては
精霊が運んできてくれる黄色い光のほうがずっと温かく心安らぐ色だった。

天高くから見えない神の手が降ってきて、私の精神力が治療の対価としてほんの少し切り取られる。
この感覚も、治癒術が好きになれない要因だった。

「……くっ」
スカイが微かにうめき声を上げる。
足はまだ繋がっていないだろう。
聖職者達と違って、信仰心の薄い私では一度に回復できる量もたかが知れている。
あと二度は同じ祝詞を唱えることになるだろう。
そう思いつつ、二度目の祈りの言葉を呟き始める。

スカイが薬指で軽く眉間をさすりながらフォルテに声をかけた。
「あのさ、途中でポーチ置いてきてたけど、あれは何かの目印?」
「うん、あそこにね、赤い石が落ちてるの」
その声に、デュナが再度顔を上げる。
見れば、マーキュオリーさん姉妹もポーチの方を見つめていた。
「あの、私、封印してきましょうか」
マーキュオリーさんの申し出に、デュナが重い頭を振る。
「まず、あそこに行くまでに、あなたが襲われる可能性があるわ。
無事辿り着いても、あの石を拾い上げたら、人形達が一斉に動き出す危険があるから」
もうちょっと待ってちょうだい。と、居ても立ってもいられないような2人に諭して
デュナはフォルテに声をかけた。

「フォルテ、リュックから回復剤出してくれるかしら。二本あるはずだから、二本とも」
あ、私の分を出した時に、デュナにも渡しておけばよかった。
気が回らなかったことを反省しつつ、二回目の治癒をかけた。
後もう一回……。

スカイが、眉間を撫でていた指をそっと離す。
それは、彼の癖だった。
元がツリ目のスカイが眉間に皺を寄せてしまうと、その顔はとても険阻に見える。
その事を自覚してか、彼はいつからか眉間に皺を寄せたくないとき、寄りそうなときに
確認するかのごとく指で押さえる癖がついていた。

つまり、顔をしかめるほどの痛みは引いたらしい。

デュナが、フォルテから受け取った小瓶をポケットにしまう。
精神力が足りないわけではないようだった。
「勢いよく吹き飛ばしちゃったけど、フォルテは、どこも痛いところない?」
「うん。大丈夫」
デュナの問いに、フォルテがにっこりと答える。

そういえば、吹っ飛ばされ、地面を擦ったにも関わらず、意外に私の背の痛みは薄かった。
ふと、マントの背ポケットに入れた洗濯物の存在を思い出す。
私の下敷きになったフォルテがつぶれなかったのも、同じく洗濯物のお陰だったのかも知れない……。

「……傷つきし者に救いと安らぎを」
三度目の祝詞を唱え終わって、やっとスカイがその足をそろりと動かした。
トントンと踵やつま先で地面を蹴って、屈伸まで済ませると、笑顔で礼を述べた。
「ありがとな。バッチリ治ってるよ」
既に四度目の祝詞を呟き始めていた私は、その言葉に笑顔で頷きを返した。


デュナの足は挫いた程度のようで、一度の治癒術で治せた。
右腕を二度で治して、ようやく私達は移動を始める。

早口言葉の連続で、口の中がからからだ。

ふと気配を感じて横を見れば、スカイがリュックの脇につけてある水筒を差し出していた。
「ありがと」
相変わらずよく気のつく人だなぁと思いつつ受け取る。
左手を塞いでいたフォルテがそっと手を離す。

またこけたりしないかな……と一瞬心配になったが、スカイがよく見ているようなので、大丈夫だろう。
この危険な足場では、流石に飲みながら歩けない気がするので、ほんのちょっとだけ立ち止まり、昨夜自分が屋敷で汲み替えておいた水で喉を潤した。

顔を上げるとフォルテが振り返っている。
早足で皆に追いついて、水筒をスカイに手渡した頃、先頭を行くデュナがフォルテのポーチを拾い上げた。

フォルテの踏み外してしまった穴から下を覗いたデュナが難しい顔になる。
「これはちょっと……届かないわね……」
石は、穴の中へ精一杯腕を伸ばしたとして、そのもう少し先に落ちていた。
「私……多分穴の中に降りられるよ……?」
「危ないから駄目よ」
フォルテの申し出をざっくり却下したデュナが、顎でスカイに指示を出す。
「ほら、取ってきなさい」
スカイはもう荷物を降ろしていた。
「なんか、犬にでも言うような言い方だな……」
釈然としないものを感じているようなスカイが、穴へ頭を突っ込んだ。
「ほーら取ってこーい。とでも言えばよかったかしら?」
「俺をなんだと思ってんだよ……」
穴の中からくぐもった声でげんなりと返事が返ってきた。
「下僕。手足。駒。みたいなところかしら」
「あー……手足が一番マシかなー……」
「石、上に拾い上げたらすぐ手を離しなさいね。皆、ちょっと離れましょう」
そこは手足でいいのか。と思いつつも、デュナの指示に従って穴から遠ざかる私達。
スカイが石を握ったとたんに人形達が動き出した場合を考えてだろう。
デュナの周囲には大気の精霊も待機している。

しかし、あっさり顔を出したスカイの身に危機が迫ることは無かった。
「ほい」
と赤い石を瓦礫の上……割と大きな壁だか床だかの破片の上に乗せる。
「あら? もう攻撃目標の指定は無効になったのかしら」
ひょいとその石をデュナが拾い上げた途端。
足元が揺れ、巨大人形が大きな音を立て体をきしませながらこちらに向き直った。

慌てて石を瓦礫の台に戻すデュナ。
動きを止める人形達。
瓦礫の揺れもおさまった。
つまり、今の揺れは瓦礫の下敷きになった人形達がまだ健在で、一斉に動き出そうとしたがためのものだろう。

もしかしたら、彼女の指定した目標は『赤い石を持った人間』ではなく『赤い石を持った女』だったのではないだろうか。

「そういうことね」
デュナも私と同じ結論に至ったようだ。くるりと振り返る。
「マーキュオリーさん、封印をお願い。触れなくてもできるかしら?」
「はい」
マーキュオリーさんが進み出て、濃紺のローブを翻し、両腕を伸ばす。
ピンと背筋を伸ばした彼女が、呪文らしき物を呟きつつ石に手を翳すと、赤い光は一度だけ強く瞬いて、静かに消えていった。

こうして、ひとまず赤い石騒動は幕を閉じることとなる。

マーキュオリーさんが封印を完了させたのを合図に、人形達がさらさらと崩れ去る。
もっとも、巨大人形はその大きさからか、さらさらというよりまるで雪崩れを思わせる勢いだったが。
もしこれが近い場所なら、舞い上がる土煙で息もできないところだっただろう。

瓦礫の上にいた私達も、その下に居る人形達が一斉に崩れたおかげで足を掬われたが、デュナの障壁と風のクッションのあわせ技で事なきを得る。

瓦礫の山の外で、犯人達がおいおいと泣き出しているのは、嬉し涙なのか、それとも……。

今さらだが、あの時。
金髪の彼女が暴走した石を握り締めたまま、巨大人形に襲われていたあの時に、もし彼女が周りの男達にその石を渡していたなら、この建物が崩壊することもなかったのではないだろうか……。

まあ、それはもう言わないでおいてあげよう。
既に建物は瓦礫の山になり、大量の土に半分ほど埋まってしまっているのだから。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く