話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界転生だけでお腹いっぱいなのにTSの上悪役令嬢ってなんなんですか!?

Nikolai Hyland

3 楽しみだった転生初日

転生がちょっと楽しみだって言ったな、あれは嘘だ。

気づくとやたら豪華な部屋のベッドに寝ていた。
知らない天井かなと思ったけど全然そんなことない。
不思議な感覚なんだが、自然と自分の部屋の天井だと思えた。
これが知識の統合ってやつなのか。
さてと、まあとりあえず起きますか。

「ん~」

ちょっと寝すぎた時みたいな感じがあるけど、概ね問題なし!
大きい窓から明るい陽の光が入って来て、鳥のさえずりが聴こえて、爽やかな目覚めといっていいかもしれない。
そうしていると部屋のドアが静かに開く気配。
公爵家とか言ってたし、メイドさんでも来たのかなとか思ってたら。

「お、お嬢様が……先生、先生ー!」

騒がしいなあ、何なんだ一体。
あ、そうか。
俺は高熱で倒れてたんだった。
そりゃそうなるか……なるか?
まあいいや。
今はそれどころじゃないしな。

そう。
さっきのメイドさんも言ってたね。
うん。
起き上がった時から若干気づいてたよ。
だってなんか胸元が重いんだもん。
髪もサラサラのロングヘアーで頭もちょっと重い。

「完全に女だこれ!」

ついつい声に出してしまった。
落ち着け俺、クールになろうぜ。
とりあえずベッドから降りて大きい姿見の前にいく。
そこに映っていたのは完全無欠の美少女だった。
寝起きだと言うのにさらっさらの金髪。
ちっさい顔には大きな瞳、すっと通った鼻、小さくも色の良い唇。
最上のパーツを集めて、完璧に配置しましたって感じ。
もう少し視線を下げると、ゆったりとした寝間着の上から見てもわかる膨らみ。
おっぱい。
大きすぎることもなく、全くないわけでもなく、ちょうどいい感じ(当社比)。
お腹周りはこの服だとよくわからん。
それよりも腰の位置たっかいよこれ。
そもそも、視点が高い気がする。
前世の俺が170cmくらいだったから、それ以上は確実にある。
女性にしては高い、いやこっちの世界の平均とかどうだっけ。


あーなんだこれ?
なんだこれ!
えー、女。
なんで女?
聞いてないよ。
聞かれてませんからって答える職員さんが思い浮かんで、妙に納得してしまう。
マジか……。
どうしようこれ。

転生が楽しみって言ってたさっきの俺が嘘のようだ。
いやまあ、困惑はしてるけど、楽しみなのは楽しみだけど。
魔法とか、そういうやつ。

とかなんとか思っていると、さきほどのメイドさんが医者っぽい人を連れて戻ってきた。
その後、問診やらなんやらして、異常なほど異常なしという診断をもらった。
それから家族と初対面。
会ってみると違和感なく自分の家族だと思えた。
そうして異世界転生初日はドタバタしつつも過ぎていった。

「異世界転生だけでお腹いっぱいなのにTSの上悪役令嬢ってなんなんですか!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く