SEASON

うさみかずと

第44話

回を追うごとにりかこのピッチングは厳しくなっていくブルペンから試合を窺う私はランナーを背負いながらも粘りのピッチングを続けるりかこさんの様子を見ていた。

この試合先発を任されたりかこは初回からコーナーをつく丁寧なピッチングでリズムをつかんだが二回から集中打を浴び三回二失点。四回に真咲のタイムリーヒットで同点に追いつくもその裏の回にワンアウトからヒットを打たれて今に至る。

菜穂はこの試合采配らしいことはあまりしていなかった。あくまでも今のチームの現状を確認することが目的なのだろう。

「咲坂さん次の回からね」

ベンチから菜穂の声が聞こえて返事を返す。りかこは次のバッターをダブルプレーに抑えてマウンドからベンチに帰還した。

「お疲れ様です」

私はベンチ戻りりかこにタオルを渡すとありがとうと言ってタオルを受け取った。

「相手は相当振り込んでいるわね。スイングが鋭い、相手のペースに合わせずにじらして投げた方がいい」

アドバイスをもらい再びブルペンに戻ると今日打順を七番に下げたあんこがヒットを打っていた。相変わらずの打撃センスに脱帽する。しかしカウント関係なくどんどん盗塁をしようとする身勝手さに頭を悩ませる。あんなに大きくリードをとって左ピッチャーのけん制に引っかかるのが目に見えている。カウントノーストライクツーボール。さきほど代わったばかりでストライクが入らないピッチャーは苦しい投球が続く。

一塁を目でけん制しながらピッチャー足を上げたその瞬間あんこは走った。ギャンブルスタートだ。一か八かの盗塁はランナーを溜めたい終盤では無謀であり、しかも走り出しが速かったためにピッチャーはホームに投げることなくそのまま一塁にけん制。ファーストが素早く二塁に送球してタッチアウト。

あんこの暴走もありこの回も無失点に終わった五回のマウンドに上がる私といっしょにセカンドには希さんが入った。私が任されたのは五、六回最終回は翔子が投げる予定だ。

先頭バッターの初球はアウトコース。少しボール気味だったがバッターは手を出してきた。三遊間に飛んだ打球を眞子がしっかりとってワンアウト。

しかし次のバッターはフルカウントまで粘られてフォアボールを出してしまった。ランナー一塁、セットポジションに入って目でけん制する。リードは大きい走ってくる可能性もある。私はあらゆる状況を考えていた。真咲はインコースにミットを構える。頷いて投球モーションに入りるとき額から汗が落ちた。なんとも冷たい汗だった。指先が少し震えて一度プレートを外す。自分の中に違和感を感じた。突然視界が狭くなる深呼吸をしてバッターに集中した。

「大丈夫。真咲さんのミット目掛けて投げれば問題ない」

声に出して自分を落ち着かせる。そしてクイックモーションでインコースに投げた。相手は構えたをバントに切り替えてきた。私はマウンドから動けなくなる。

『とったらセカンド? それとも無難にファースト落ち着け』

しかしその心配はなかったバッターがバントを転がすことが出来ずにキャッチャー前のショーフライになった。急いで一塁に戻るランナーを横目で確認して真咲さんはあえてショートバウンドで処理して一塁へ送球。バッターランナーをアウトにして戻りかけていた一塁ランナーを一、二塁間に挟みタッチアウト。私はなんとか抑えベンチに帰る。

「ナイスプレーです。真咲さん」

真咲にそういうと親指をたてナイスピッチとほめてくれた。

「でも咲坂、チェンジアップ投げるなら先に言ってよ手元で落ちたからびっくりした~」

真咲の口から出た言葉の意味が分からなかった。

「SEASON」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く