SEASON

うさみかずと

第41話

本日二回目の蔵田先生の研究室。誰がノックするかもめて結局りかこがドアを叩く。
「どうぞ」
弾んだような声が聞こえて、ドアノブに手をかけ力強く押す。
「あっ真咲さん」

久留美は思わず声を出した。全体ラインでは私用で遅れるとあった真咲だが一足先に乗り込んでいたのだ。

「全員集合ですね。あなたたちの答えを聞かせて」

菜穂が私たちに尋ねると翔子が一歩前に出た。

「これだけいて最もな答えが情けない話ですが出ませんでした。でも私たちは野球が好きでそれ以上に自分たちが納得できる理由はありません。就職のためとか資格取得のためとかそういうのは全部後付けでただ今は大好きな野球をここにいるみんなと長く続けたい。そのためにも一勝でも多く試合に勝ちたいんです。蔵田先生。私たちの監督になってください」

「お願いします!!」

まっすぐに久留美たちを見据えると笑みをこぼした。

「そこまで分かっているなら、いいわ。やりましょう。まぁ先払いでシンゲン餅も食べちゃったしね。あと安城さん」

急にあんこの名前が出てきてきょとんとしながらあんこが顔を上げる。

「私は別に野球が嫌いなわけじゃないのよ。私が嫌いなのは野球の上手い下手でその人の扱いを変える、野球からなにも学ぼうとしなかった大バカ野郎のことだから」

「SEASON」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く