SEASON

うさみかずと

第20話

ノーアウトランナー、一、二塁そして四番の真咲が打席に向かう。

慶凛大学は二回目の伝令がマウンドに向かった。大学野球は高校野球と違い監督が自ら指示を伝えにマウンドに行くことが出来るが、光栄大はキャプテンの真咲、慶凛大も学生監督で試合を動かしていた。

もちろん監督がいるチームが一般的だがチーム事情や大学の強化部から漏れてしまった女子硬式野球部は部の活動費も制限されてしまい外部から監督を招くことが出来ない。

大学内で適当な先生がいればその人に監督を依頼できるが義務教育ではない大学でまして先生が引き受けてくれるわけもなく、結果が出なければ活動費は減らされる。そうやって強化部から同好会、サークルに成り下がってしまった部活も少なくない。

話を戻そう。ノーアウトランナー、一、二塁。バッターの真咲はここまで二打席連続安打中だ。慶凛大はここで点を取られるともう後がない。

真咲はバッターボックスの一番後ろに構えた。鳴滝のストレートに初回の伸びは感じなくなってきた。しかも決め球のシンカーの使用回数も減ってきている。

終盤になって見せ球でカーブを投げるようになったのは疲れている証拠だった。この状態では真咲は抑えられないだろう。キャッチャーとのサイン交換を終えると鳴滝は投球モーションに入った。

!!

驚いた。なんと鳴滝はセットポジションから足を高く上げランナーがいない時のように体を大きく使って投げたのだ。

それを見てスタートを切ったあんこと詩音は進塁に成功したが、インコースにバシッと決まったストレートは完全に初回の球威を取り戻していた。

慶凛大の守備陣は皆自分の所にボールを打たせろと鳴滝を鼓舞しその声で真咲を威嚇する。二球目もインコースに来た真咲は打ちに行くが振り遅れて空振り追い込まれた。一球一球に魂を込めて投げる鳴滝の気迫は他を寄せ付けない凄まじいものだ。

追い込んだ鳴滝は、三球目をクイックモーションで投じた。大きなモーションからいきなりのクイックに真咲の始動が遅れる。

「ストライクバッターアウト!!」

アウトコース低めの快速球に真咲は成すすべなく空振り三振に倒れた。

「よっし!!」

吠える慶凛ナインそして空を仰ぐ真咲の姿に光栄大のベンチは静まり返る。

「SEASON」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く