SEASON

うさみかずと

第10話

港経大から勝ち点を奪い幸先のいいスタートを切った。月曜日は男子硬式野球部が練習休みの日で学校の広い球場を使用できる。いつもの河川敷のグラウンドより設備も道具も揃っているため効率のいい練習ができることもあって皆一様に張り切っていた。
「真咲さん。慶凛大学戦の初戦は私に行かせてください」
声の主はりかこさんだった。二十球程度の投げ込みが終わりレフトポールからライトポールを往復するランニングメニュー(以後PPメニューと表記)をしていた私は、ブルペンに入って翔子さんのボールを受ける真咲さんに今日ノースローで野手の練習に交ざっていたりかこさんが直談判をしているところを見た。
「いいえ、予定通り咲坂を先発させて行ける所まで行かせる。りかこはライトで起用するわ、だからいつでもいけるように準備しておいて欲しい」
「しかし、慶凛大はどうしても・・・」
「私はあなたのバッティングもピッチングと同じくらい評価してる。それに勝ち点を取るためには二勝しなければいけない・・・。理解してくれる?」
「・・・分かりました。バッティング練習に戻ります」
りかこさんは不服そうに顔をしかめていたがバッティングゲージに入るとマシンの球を鋭く打ち返していた。広角に打ち分けるソヒィーさんとプルヒッターの真咲さんに加えりかこさんも非凡なバッティングセンスがある。
「久留美ちゃん師匠たちがバッティング終わったら次私たちが打っていいって」
外野を守って打球を捕っていたあんこが私を誘いに来た。一年生ながら抜群の身体能力で何でもそつなくこなすあんこは二試合で五打数二安打と二番バッターとしての仕事をきっちりこなしていた。セカンドの守備にも定評がありヒットせいのあたりを何回かアウトにしている。きっと頭で考えるより先に体が動くのだろうボールを捕球するまでの最初の一歩目が異様に早い。
「久留美、あんこ二人が打ってバッティング練習は終わりだから早くゲージに入れ~」
詩音さんの声がホームから聞こえて私たちは急いで準備した。意気揚々にバットを振るあんこに対して私は対照的だ。私は野球を始めてまだヒットを打ったことがない。だからバッティングが大嫌いだった。芯を外せば手は痺れるし、ましてデットボールがある。私はピッチャーをやっているから分かるが手元がくるう時はあるバッターにあててしまったときは素直に謝るがあてられたのが自分だったらと思うとぞっとする。だからといって打席に入ったらもちろんヒットは狙うに決まっているがそう簡単に打てるものではない。
隣のゲージで快音を響かせるあんこに対して私はスカっばかりでバットにまともにあたらない。
「素振りの練習なら他所でやりなさい。打てないならバントやエンドランのサインを想定しなさいよ、時間が勿体ないわよ」
マシンにボールを入れてくれているりかこさんに怒られながらも私はランナーとアウトカウントを想定したバッティングを行った。あんこも十球ほど気持ちよく打った後しっかりランナーを想定したバッティングを始めた。PPメニューをこなしている時に気がついたが先輩たちは凡打の質が高い。例えばエンドランでゴロを転がすにしても私やあんこはボールにあてにいく感覚があり力ない打球が多いが先輩たちはしっかりと振り切ったうえでゴロを打っているから打球が強い。コースがよければヒットになる打球を打っている。

バッティング練習が終わるともう陽が落ちかけていた。照明をつければまだできるがリーグ戦期間中はけが防止のため全体練習はこれで終わりだ。ノック、バッティングとシンプルなメニューながら状況や判断の確認をしながらやっているととても疲れる。今までの野球がいかに何も考えずただやってただけのものだったか実感する。
私は、家の用事があるため自主練習もほどほどに球場をあとにした。といっても父の誕生日を祝って外食するという用事で私は練習したかったが家族の決定事項、家族の誕生日は家族みんなで祝う。を破るわけにもいかない。
「くるみ今帰り?」
バス停に向かう途中翔子さんと一緒になった。翔子さんはこれからバイトらしくいつものチームジャージではなく女子大生らしい服装で汗の匂いを隠すためにいつもより多く制汗スプレーを体にかけていた。
「翔子さん少し聞いてもいいですか?」
「どうしたの?」
「りかこさんと慶凛大ってなんかあるんですか?」
う~んと唸る翔子さんはこれ言っていいのかなと悩んで少し自問自答したあと口を開いた。
「慶凛大にはりかこと高校が同じだった右の本格エースがいるのよ」

「SEASON」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く