SEASON

うさみかずと

第9話

セーフティースクイズは、通常のスクイズより三塁ランナーがアウトになるリスクが少ない。スクイズはピッチャーが投球モーションに入った瞬間三塁ランナーがスタートを切るため、バッテリーに外されたらバッターがボールに当てない限り挟殺プレーになることがある。その点セーフティースクイズはバッターがバントしてから走り出すので外されても本塁と三塁間で挟まれることはない。このプレーの成功の鍵はバッターが確実に一塁側にボール転がせるかにある。なぜ一塁側かというとサードはランナーとの距離が近い分走ったと同時に気がついて前に詰めることができるがファーストは三塁ランナーの動きをサードほど注意深く見ることができない。ましてランナー、一、三塁で自分自身もベースについているので反応するのが遅くなる。この一瞬のプレーにはこれほど緻密に計算された意味がある。野球というスポーツは打つ、投げるのほかにいろいろな戦術がありレベルが高くなればなるほどその意味や狙いを事細かに理解しなければならない。
相手のファーストがボールを取った時にはソヒィーさんはホームにスライディングをしていて真咲さんも二塁に到達していた。諦めてボールを一塁に送りワンアウトでなおも二塁の得点チャンス。
「りかこやったね。ナイスバント」
楠田翔子さんがりかこさんにそう言ってハイタッチをしたがりかこさんは不満そうにしていた。
「ちょっとだれよ。咲坂にキャッチボールやれっていったの?」
その声は私にも聞こえて「自主的にやってます」と答えるとりかこさんはもっと不機嫌になってグラブをはめるとこちらに近づいてきた。
「あのね、私はこのまま完封するの。後続のピッチャーなんていらないのよ。どいてちょうだい私は肩が冷えるのが嫌なの」
「でも万が一はありますしそのときは登板できるように準備してます」
りかこさんの逆鱗にふれたっぽい私ははっとした。やばい殺されるそう思ったとき、りかこさんは肩を叩かれ振り返ると美雨さんの人差し指に頬をつつかれ恥ずかしそうに赤くなった。
「プン子だめだよ後輩いじめちゃあ」
「美雨。そのプン子っていうの辞めてくれない。その恥ずかしいから」
「やだ。ぷんぷん怒ってる時はプン子ってお似合いじゃんそれに可愛いしいいじゃん。ね、く~ちゃん」
私の返事より先にりかこさんが折れた。「悪かったわ」そう言うとおとなしくベンチに戻っていく。
「すいません」
「いいのよ。く~ちゃんいつものことだからそれにしてもさすがはピッチャーねそこで物怖じせずに自分の意見が言えるなんて」
「いえ、出すぎたまねをしました。反省します」
「それは違うよ。この世界で自己主張できない選手はいらないもの。もっと自分を出してアピールする位じゃないとダメなの、そして下級生が遠慮してしたいことができない雰囲気を上級生が作るなって真咲さんはいつも言ってる。それがこのチームの方針なの。だからどんどんアピールしなさいよ。いきすぎたら上級生が注意するし学べばいい。それが大学野球の真髄だもの」
私は、美雨さんに言われた通りキャッチボールを続けた。チームによって方針は違うが自分で考え、行動する。野球をするというより学ぶ感覚に近かった。人に言われたことだけをして考えることを放棄し気に入らなければ文句を言ったいた今までの野球。しかし自分で考えてやる野球には自分の行動に責任というものがついて回る。一切の妥協が許されないのだ。私はわずか二試合目にしてものすごい勢いで野球を学んでいく。

最終回のマウンドにはりかこさんが登った。上位打線から始まる港経大の攻撃は逆転しようと意義込んでいた。西川が踏ん張って最小失点で切り抜けた先ほどの回を無駄にできないと相手も必死だった。しかし平常心が失われればりかこさんの投球術にはまるのは目に見えている。低目をついたていねいなピッチングで二番、三番を抑えると最後のバッターをどう締めるか脳内でシュミレーションしている。そしてイメージがつかめたのか投球モーションに入るコースはど真ん中、失投だ。バッターはしめたとばかりにフルスイング。外野オーバーかと思いきや痛烈な当たりはショート真正面にとび、ソヒィーさんが難なくさばいてファーストに送球。ゲームセット。
最後の球はストレート?バッターの打ち損じにしては少し妙だった。
整列が終わってバッテリーで話をしているりかこさんにあの球の正体を尋ねるとなぜか翔子さんが快く教えてくれた。
「あの球はツーシームって言ってバッターの手元で少し変化する球よ」
「じゃあ変化球ですか?」
「そうとも言うねでもメジャーリーグではストレートに数えられている球種だね」
りかこさんは翔子さんに喋りすぎと注意すると私を見て笑った。
「まぁあなたには必要のない球よ。三振が取れるあなたにはね」
そう言うとりかこさんは、荷物をまとめてダックアウトに消えた。
「りかこは、ああ言いながら久留美を認めているわ。彼女は人一倍不器用なだけなの。気を悪くしないでね」
私は、「分かりました」とだけ言うと帰り支度を始めた。場内アナウンスが光栄大学の勝ち点を報せている。

「お互いに勝ち点一ずつで対戦できそうね。りかこ」
私はベンチを出るときに誰かの視線を感じて振り返ってバックネットを見た。胸のエンブレムに慶凛と書かれたジャージを着た女の人がこちらを睨んでいた。

「SEASON」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く