話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【朗報】体型に自信のなかったこの俺が、筋トレしたらチート級の筋肉になった! ちょっと魔王倒してくる!【ラノベ】

ねこ飼いたい丸

第三十三話 魔王城の門番 その二


「面白いっ!! オリバよ、お前の筋肉と俺たちの筋肉、どっちが本物の筋肉かはっきりさせようではないかっ!!」

 バリンは拳を握り、両肘を曲げ、両方の拳を顔の近くに持ってきた。
 ボクシングの基本姿勢・ファイティングポーズだ。
 リシンとロイシンは両手を上に向け、手のひらに魔法を浮かべた。


「俺が真ん中のバリンを倒す。そうすればお前の魔法で残りふたりを攻撃できる。左右のどっちかを攻撃してくれ」

 オリバがルナにささやく。

「わかったわ。森魔法は火魔法に弱いから、左側の水魔法使い・リシンから倒すわっ!」

 ルナは頷く。

「行くぞっ!!」

 オリバはバリンに飛び掛かる。

 バリンは渾身こんしんの力を込めて右ストレートをオリバに打ち込む。

「スキル! トウモロコシ・アブズ!!」

 オリバは腹筋に力を入れる。

 皮下脂肪のないオリバの腹筋は六つに割れている。
 トウモロコシの一粒ひと粒のように、くっきりはっきり一つひとつの腹筋が見てとれる。

 オリバはバリンの拳をトウモロコシのような腹筋で受け、バリンの拳を跳ね返した。

「――ばかなっ!!」

 バリンは出血している自分の拳を驚いた表情で見つめる。

 その隙にオリバはバリンの左胸に拳を打ち込む。
 渾身の一撃だ。

 バリンの分厚い胸にオリバの拳がめり込む。

「ぐっはっ……」

 バリンはうめき声を上げ、口から血を吐く。
 首を垂れてそのまま動かなくなった。

 ルナは筋肉魔人王の左側に移動する。

「攻撃魔法! グリーンウルフ・ショット!!」

 魔法陣から緑色に光るオオカミが出現し、リシンに飛び掛かる。

「水魔法! 氷の大蛇!!」

 リシンは両手をルナに向かって突き出す。
 リシンの両手から青白く光る氷の大蛇が現れ、ルナに飛び掛かる。

 オオカミと大蛇は正面からぶつかる。

 あたり一面が眩しい光で覆われた。

 オリバはルナのほうを振り向く。

 ルナは無事に立っていた。

 リシンの首にはルナが放ったオオカミが噛みついている。

「危ないっ! ルナ!!」

 オリバはとっさにルナに飛びつき、ルナを抱きしめる。

 オリバの背後から猛火が迫ってくる。
 ロイシンの放った火魔法だ。

 オリバはルナを抱きしめながら、背中で猛火を受ける。
 背中が焼けただれる。

「……くっ! だが……残るはロイシン、貴様だけだ!!」

 オリバは痛む背中を我慢して、ロイシンのほうを振り向く。

「オリバ、ありがとう……。すぐに回復魔法をかけるわ!」

 ルナはオリバに回復魔法をかける。
 ルナは魔法の使い過ぎで汗をかき、息もあがっている。

「貴様らがこれほどとは驚いたぞ。まさか俺の兄ふたりを倒すとはな……」

 ロイシンは顎を撫でながら感心する。
 不意にニヤッと笑う。

「だが、貴様らに勝ち目はない。蘇生そせい魔法! 不死鳥の一鳴き!!」

 ロイシンの前に魔法陣が現れる。
 そこから業火とともに全身が燃え盛っている不死鳥が飛び出した。

 不死鳥は大きな声で一鳴きし、炎となって消えていった。

「驚いた……。まさかこの俺が物理攻撃でやられるとはな」

 首を垂れていたバリンが顔を起こす。

「ああ、同感だ。俺の水魔法よりもそこの小娘の森魔法のほうが強力とはな」

 リシンも首を回しながら、バリンに同意する。

「本当にこの場所で戦えて良かったよ」

 ロイシンがニヤッとする。

「ふ、ふん……なかなかやるわね……。でも、蘇生魔法や回復魔法は対象者が強ければ強いほど、術者は魔力を使うものよ! あんたにはもうほとんど魔力が残ってないハズよっ!」

 息を切らしながらもルナは勝ち誇ったように叫ぶ。

「魔力が枯渇しそうなのは貴様のほうだろう? 俺はほらこの通り、いくらでも魔力があるぞ」

 ロイシンはそう言って、両手の上に炎を発生させる。

「そんな、ばかな……」

 ルナが愕然とする。

「いいか、エルフの小娘。ここは魔王城の目の前だ。魔王城から大魔王様の莫大な魔力が溢れでている。俺たち魔物は大魔王様の魔力を使って自分の魔力を回復できる。つまり、魔力は絶対に底をつかないということだ!」

 愉快そうにロイシンは笑う。

「くっ……私は魔力がもうあんまり残ってないわ……。左右のふたりを同時に倒すしかない。あんたが真ん中を倒したら、私は残りふたりに同時攻撃を仕掛けるわ」

 ルナがささやく。

「……分かった。でもあいつらは馬鹿じゃない。同じ手が通用するかわからないが、他に選択肢はないな……。一か八かやるしかない」

 オリバは構える。

 バリンもファイティングポーズをとる。

 オリバはバリンに飛び掛かる。

 さっきと違いバリンは攻撃してこない。
 ずっと守りを固めている。

 オリバはバリンの左胸めがけてパンチを打ち込む。

 バリンはオリバのパンチを腕で防御する。
 バリンの腕が折れるが、致命傷ではない。

「火魔法! 灼熱しゃくねつの炎!!」

 ロイシンがオリバに向かって魔法を放つ。

「オリバ、危ない! 防御魔法! 大樹の防御壁!!」

 ルナが唱える。
 大樹が地面から現れ、オリバを守る。

 灼熱の炎は大樹に直撃し、大樹は燃え盛る。

「かかったな! 水魔法! アイス・ハンド!!」

 リシンが大地に手をつける。
 大地から氷の手が無数に湧き出し、オリバの足を掴む。

 オリバは次々と掴みかかってくる氷の手を殴って砕く。

 その隙に筋肉魔人王はオリバを追い越し、ルナの目の前に躍りでた。

「――しまった! ルナ、逃げろ!!」

 オリバはルナの隣に行こうとする。
 しかし、リシンは魔法を唱え続け、無数の氷の手がオリバの移動を邪魔する。

 ロイシンはルナに灼熱の炎を浴びせる。
 ルナは防御魔法でなんとか防ぐ。

 バリンが右腕を空高く上げ、ルナめがけてその拳を振り下ろした。

 間に合わない――

 オリバはルナのもとに走りながらそう悟る。

 オリバでさえもダメージを受けるバリンの拳。
 ルナが受ければ絶命は避けられない。

 バリンの拳が地面まで到達する。
 地面は真っ二つに割れ、周囲は砂ぼこりで包まれた。



「【朗報】体型に自信のなかったこの俺が、筋トレしたらチート級の筋肉になった! ちょっと魔王倒してくる!【ラノベ】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く