話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

まちがいなく、僕の青春ラブコメは実況されている

0o0【MITSUO】

第5章 僕は、チカラになりたい。18

「でも……ぜんぶ、今さらだよね」

 その瞬間、微かな街灯が新垣さんの苦笑いを映した。
 その笑顔があまりに悲しそうだったから、僕は咄嗟に打ち消すように叫んだ。

「――今さらじゃないよ! 今さらじゃ」

 叫んでしまって、ハッとした。
 
 これじゃ……まるで告白してるようなもんじゃないか……。
 
 そんな焦燥を隠すため、僕は少し歩くスピードを速めた。
 
 ――!

 と、突如、左手に柔らかなものが触れた。
 それが彼女の手だということは、すぐわかった。

『おっと――新垣さんが――手をつかんだ――!』

 実況されるまでもなく、彼女の手が僕の手に触れ、さらにぎゅっと握ったのがわかった……。

 心臓が止まるかと思うほど驚いて、僕は歩みを止めた。

「――乙幡くん……ありがとう」

 背後でつぶやく彼女の声が、両耳にじんわりと広がった。

 でも、どう答えていいかわからなかった。
 だから、振り返ることができなかった。

 それはきっと、長くても10秒くらいのことだったと思う。
 やがて、左手のその柔らかな感触は、ゆっくりと離れていった。
 
 いつのまにか、彼女が僕の前に歩み出ていて、振り返り言った。

「……もう着いちゃったね、駅」

               ◇
 
 踏切の警報音が聞こえた。
 まもなく、向かいのホームに電車がやってくる。
 
 そのホームのちょうど僕の正面辺りに、新垣さんが立っている。
 
 電車が入る直前、彼女は右手を小さく振って叫んだ。

「また明日、学校でね!」

 まもなく入ってきた電車が、カーテンのように僕と彼女を隔てた。

 最後に車窓から見た彼女の表情が笑顔だったから、よかったと思った。
 本当に、よかったと思った。
 
 ――ただ、僕は別の胸騒ぎ・・・・・を密かに感じ始めていた……。

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く