まちがいなく、僕の青春ラブコメは実況されている

0o0【MITSUO】

第5章 僕は、チカラになりたい。14

 
 ――ファァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!


 突如、空き地にけたたましいクラクションが鳴り響いた!
 
 驚いて振り返ると、はじめに虎のイラスト・・・・・・が目に飛び込んできた。そのイラストは、猛スピードの大型バスに印字されたものとすぐわかった。直後、バスはドリフトし思い切り横滑りしながら空き地に急停止した!

 その場にいた全員が、僕も含め、その様を見て唖然とした……。

『これぞ地獄に仏――! 万策尽きたかと思った瞬間、天界からとんでもないぶっとい蜘蛛の糸がたれてまいりました! やはり、乙幡剛はもってる男であります‼ 赤と白のキーカラーに虎のイラストが眩しいこのバスは、ズバリ! 斬日本プロレスの巡業バスであります! なぜか突如、まさかの降臨であります‼』

 バスのドアがゆっくり開く。
 そして、中から虎のTシャツを着た屈強な集団が次々に降り立った。

「……おいおい、斬日の選手じゃんか!」

 新垣さんを囲む男のひとりが、興奮気味に叫んだ。
 小谷選手をはじめ、あの虎の穴で出会った若手選手たちが続々と姿を現した。
 
 ――なぜ、選手のみなさんが……どうして? 
 
 僕はひどく驚きつつも、なぜか胸が熱くなった。

 赤坂と残りの男たちは、訳がわからないといった感じで惚けた表情をしていた。その隙をつき、新垣さんは男たちの手を振りほどき、こちらに駆け寄ってきた。そして、僕の前に膝をつくと言った。

「……乙幡くん! 大丈夫! 大丈夫?」

 新垣さんの瞳には、大粒の涙が浮かんでいた。
 でも、彼女が無事でよかった。本当によかった。心から思った。
 
「――どうやら……ウチの若いの・・・・・・がかなり世話になったみたいだな」

 そう口火を切り、最後にバスから降りてきたのは、あの大鉄さんだった。

『出たました! 斬日の赤鬼、本山大鉄まで登場であります! これは大変なことになってまいりました! そして、その赤鬼を取り囲む、あるいは守護するかのように筋骨隆々、ガチムチマッチョ、屈強なヤングタイガーたちが腕組みし、こちらを見据えております! いや、正確にはガッツリにらんでおります! どうやら、この男たち、相当、ドタマに来ているようでありますっ‼』

 伊達さんの実況通り、大鉄さんも選手たちも一様に険しい表情をしていた。
 そして、その視線の矛先には……赤坂たちがいた。

 最初こそ斬日本の選手たちに興奮ぎみだった男も、次第にその殺人的な視線に気づくと、自然と黙り、一歩後ずさった。

「そこのおまえら! よーく聞け! そこにいる乙幡剛は、我々、斬日が育成している前途有望な選手候補のひとりだぁ――――!」

 前途有望な選手候補のひとり⁉ 
 
 大鉄さんの言葉に、僕はひどく驚いた。
 赤坂たちはそれ以上に驚いたのか、目が泳いだ。

「だから、その乙幡剛は斬日本にとって、言わば金の卵であり、大切な仲間のひとりだ! そうだよな? おまえらー!」
 
 周りで睨みをきかしていた選手たちも口々に叫んだ。

「「「「「そうだー!」」」」」

「剛は、俺たちの仲間だー!」

「大切な後輩だー!」

「同じ釜の飯を食ったダチだー!」

 いつの間にか、僕の頬を涙が伝った。みなさん、そんな風に僕を……。

 大鉄さんは、さらに続ける。

「――そんな仲間が傷つけられたとなったら、俺たちは絶対……許さない・・・・

 最後には、あの独特のドスの利いた低い声が響いた。

 そして、大鉄さんがゆっくりと一歩を踏み出す。
 呼応するように、選手たちも一歩前に歩みを進める。

 この状況に、ついに赤坂たちも怯えた表情になり、そわそわしはじめた。
 赤坂は、取り繕うように言った。

「……あっ、あそんでた……だけですよ。な、なっ、乙幡くん……俺たち小学校からの友達……だよな?」

 そして、貼り付けたような軽薄な笑顔で僕を見る。
 その言葉を受け、大鉄さんが僕に問いかけた。

「ほー……どうなんだ? 剛」

 僕は何とか体を起こすと、まっすぐ赤坂を見て腹から叫んだ。

「おまえを……おまえのことを、一度だって友達と思ったことはない!」

コメント

コメントを書く

「学園」の人気作品

書籍化作品