まちがいなく、僕の青春ラブコメは実況されている

0o0【MITSUO】

第3章 僕は、普通の夏休みを過ごしたい。9

「……聞こえてるよ、伊達さん」
 僕は宙空の暗闇に向け、小さく返した。

『ようやく、私の声が乙幡剛に届いたようであります。実況というのは、虚しいもので聞く人がいなくなれば、それはもはや実況でなく、ただの寂しい独り言と化してしまうわけであります。つまり、聞く人あっての実況。オーディエンスなくして実況なし。したがいまして、現在の私の実況の唯一のオーディエンスである乙幡剛のピンチは、私、伊達のピンチとも同義なわけであります。乙幡剛が私の実況を聞いてくれなければ、私の実況はただの独り言に、さらに言えば、私の霊の存在そのものがなかったことになってしまうわけであります。その上で、先ほど、私、乙幡剛のこんな心の声を聞いてしまいまいた。「一生、虐められる定め」といった吐露も聞きました。たしかに、なかなかハードな話であります。自らにトラウマを作った男と再会し、あまつさえ想い人もその敵に取られてしまいそうな展開。想い人を救うヒーローにもなれず、敵の活躍を演出する舞台装置と化してしまった。ここまでくると、もはや乙幡自身が語るように「逃れられない定め」なのかもしれません……。しかし、そんな定めに、あるいは運命にあったとしても、それを拒み、抗い、奮起した人々を私は知っているのであります。それは言わずもがな、私の短いアナウンサー人生のなかで実況してきた、数々のアスリート、プロフェッショナルたちであります。運命なんて、クソくらえ! 未来は自分で切り開く! 彼らは、とてつもない逆境を跳ね返し、その先に勝利を掴んだ。あるいは負けたとしても、彼らの瞳には少なくとも後悔はなかったわけであります! たとえば、あるレスラーはそのキャリアの絶頂期にガン宣告を受けた。家族が、同僚のレスラーが、友人が、誰もが彼に引退を勧めた。しかし、彼は首を縦にふらなかった。手術を受け、地獄のようなリハビリの日々を選んだ。なぜか? どんな無様でもいい、勝てなくたっていい、大好きなプロレスを一日でも長く続けていたい。ただその一心で、彼は試練に立ち向かった! 果たして一年半後、彼は絶対不可能と言われたリングに帰ってきた。同僚のレスラーも観客も大声援と涙で迎えた。復帰戦での勝利はならなかったが、彼は病気に、自分に、確かに打ち勝ったのであります! また、あるレーサーは、生まれながらにして左半身に先天的な麻痺を持っていた。だが、彼には明確な夢があった。レーサーになり、F1のサーキットに立つ。しかし、そもそもレーサーどころか体を動かす仕事に就くこと自体無理だろうと医者は言った。親も、親戚も、学校の先生も、大人たちは皆、遠回しに彼に夢をあきらめさせようとした。だが、彼は決してあきらめなかった。大人たちの忠告を無視し、夢を持ち続けた。そして十五年後。彼は見事にF1のサーキットに立った。そればかりか、チャンピオンにまで登りつめた! あるピッチャーは元々、右利きの右投げで、小学校の時からエースだった。しかし、交通事故に遭い、右腕でのピンチングができなくなった。絶望していた彼に父親は言った。右で投げられないなら、左で投げればいいじゃないか。その言葉に彼は奮起した。元々の利き手じゃない左腕によるピッチングを死に物狂いで磨いた。やがて、彼は本格左腕として甲子園を席巻し、プロ野球、そしてメジャーのマウンドにまで立った! 彼らはみな、ともすれば心が折れるほどの冷徹で残酷な運命に、宿命に必死で抗ったんだ!』

 ……いいよ、伊達さん。
 今はそんな話、聞きたくないよ。

 所詮、一流のアスリートやプロたちの成功譚じゃないか。その裏で負けていった何千何万の敗者の気持ちなんて、いや僕の気持ちなんて、きっと――

『――おい、剛! 一度も抗いもせず腐ってんじゃねぇ――!』

 初めて聞く、伊達さんの実況でない、明らかな怒声に僕は虚をつかれた。

『……失礼、取り乱しました。ですが、それでも私は問いたいわけであります! 乙幡剛に問いただしたいわけであります‼ 君が言うところの定めや運命に対し、一度でも抗ったことがあるのかということであります! 一度でも挑んだことがあるのかということであります!! 確かに、嫌なことからは逃げたい。逃げるが勝ちだという考え方だってある。時には、その方が賢い場合さえあるだろう。だが、剛よ! このまま何もせず、またヤツに虐められるのを恐々としてただ待つのか? 元虐めっ子で性根の腐った野郎だと知りながら、新垣さんとヤツが付き合うかもしれないのを、ただ指をくわえて見ているのか? ふざけんなとか、この野郎とか、ちきしょうとか、今に見てろとか、そんな感情が微塵も心に浮かんでこないのか⁉ このまま逃げてるだけで本当にいいのかー! どうなんだ! 乙幡剛‼』

コメント

コメントを書く

「学園」の人気作品

書籍化作品