まちがいなく、僕の青春ラブコメは実況されている

0o0【MITSUO】

第3章 僕は、普通の夏休みを過ごしたい。4

「「――ごめんなさい!」」

 僕の第一声は、再び新垣さんの第一声とまさかのシンクロをした。
 それに驚き、僕は言葉とともに下げた頭を上げることができなくなった。

 今、新垣さんはいったいどんな表情をしているだろうか?
 それでも、僕はちゃんと告げようと、思い切って顔を上げ口を開いた。

「こっ、この前のこと……ごめんなさい! 新垣さんは何ひとつ悪くないのに、いきなり叫んだりして本当にごめん! 耳は聞こえるし、僕の体は本当に何ともないんだ!」

 新垣さんは僕の言葉が意外だったのか、一瞬、驚いた表情を浮かべた。直後、またその表情を戻すと、
「いいえ、こっちこそ。この前は、ごめんなさい。それから、急に泣いたりして。あれじゃ、まるで乙幡くんが悪者みたいだったよね? 本当に悪いのは私の方だったのに……。もっと早く謝るタイミングがあればよかったんだけど、夏休みになっちゃって……本当にごめんなさい」
 と話し、なんと頭まで下げられてしまった。

「いっ、いや……元はと言えば、急に倒れた僕が悪いわけで。そ、それに……緊急搬送された時も覚えてないけど、きっと新垣さんには相当迷惑かけたと思うし、その、本当に……」

 すると、新垣さんがうつむき黙った……かと思うと、破顔し、小さく笑った。

 えっ……またなにかやらかした、僕? 

 心の中に焦りが広がった頃、
「――ごめんごめん。なんか急におかしくなっちゃって。乙幡くんって……思ってたりより案外、普通の人なんだなって」

「普通の、人?」

「あっ、ちょっと言ってる意味わかんないよね? じつはね……あの後、乙幡くんのちょっとした噂を聞いてね。乙幡くんて、ひょっとしてかなり変わった人なのかなって……思ってたんだよね」

 やはり、僕の奇行の噂は新垣さんにまで……。

「だから、さっきも謝る時、内心ちょっと緊張してたんだよね。でも、こうして話してみると、全然、普通の人だなって。そしたら、ホッとしちゃって、不思議と笑いが込み上げて来ちゃってね……ごめんね、急に笑ったりして」

 色々と腑に落ちてしまった。伊達さんが取り憑いて以来の僕の奇行は、さぞクラスメイトにも、当然、新垣さんにも不自然極まりなく映ったはずだ。いや、むしろ、今日こうやってよく僕とふたりで話をしてくれたよな……。

 新垣さんのことだから、クラス委員てことも意識して、ひとりで罪悪感を抱えてたのかも……本当に悪いことしちゃったな……。

『なにはともあれ、雨降って地固まったようであります。乙幡剛がここ最近行ってきた数々の奇行によって受けた誤解が、今、春雪のように氷解していこうとしているわけであります!』

 いやいや、ほぼほぼあんたのせいで被った誤解なんですが……。
 そのツッコミは、心の内に止めた。伊達さんには聞こえてるだろうけど。

 すると、新垣さんがまた不安そうな表情を浮かべた。
「ねえ……乙幡くん、怒って……ないよね?」

「いっ、いやいやいや! 全然全然、怒ってなから! 本当に‼」
 僕は必死になって否定した。

「よかったー」
 いかんいかん、新垣さんをまた不安にさせてしまった。
 極力、伊達さんの実況は無視するよう今一度、会話に集中するよう心がける。

「ねえ、乙幡くんはこの夏休み、どう過ごすの?」
 僕はどう答えるべきか迷ったが、また黙ると新垣さんを不安にさせると思い、正直に答えた。

「ま、まだ……特に予定は……」

「そっか……。私はね、家族で海外に行くんだよねー♪ だから、コレ買いに来たんだ」
 と、新垣さんはドラッグストアの袋を指差した。

「そういえば、乙幡くん家族は?」

「えっと……僕、両親いないんだよね。両方とも亡くしてて……」

「ご、ごめんなさい! 私、知らなくて……」

「いや、今は母方のおばさん家でそれなりに暮らしてるから……」
 また重たい空気になってしまい、新垣さんも次の言葉が出ないようだった。

『何か話せ、話すんだ! 乙幡剛! こんなチャンス滅多にないぞ! 新垣さんの誕生日、趣味、好きな食べ物、飲み物、場所、異性のタイプ、あるいは携帯番号、LINE、新垣さんと次に繋がる情報を引き出せ! がんばれ、一歩踏み出せ! 乙幡剛‼』

 沈黙の最中、頭に伊達さんの実況だけがこだまし、僕は冷や汗を浮かべる。

 いやいやいや、無理無理無理! 

 新垣さんの携帯とかLINEなんて……おこがましいにも程があるよ。

『なんてチキンだ、乙幡剛! 一言、新垣さんLINE教えてとなぜ言えないんでありましょうか? さあ、言うんだ! そして、童貞卒業への足がかりをつかめ、この童貞野郎‼』 

 僕は伊達さんの実況を振り払うかのように頭を振った。

「……大丈夫? 乙幡くん」

「だ、大丈夫! 伊達さんがちょっと……」

「……伊達さん?」
 しまった! 伊達さんと思わず口走ってしまった……。

『なにやってるんだ、乙幡剛!』

「えっと……伊達……山? 伊達山……っていう山に登ろうかなって……この夏。伊達政宗の伊達に山って書く」

『苦しい言い訳であります!』

「へぇー、そんな山あるんだ……どの県?」

「えっと……宮城とか山形とか青森とか……多分、その辺?」

「……東北の方?」

「そうそう! 多分、東北の方かな……テレビで見て……」

『新垣さんの頭にクエスチョンマークが何個も浮かんでいるぞ! 乙幡剛‼』
 またしばしの沈黙が流れた。

 そして、
「――そろそろ、行こっかな」
 という彼女の一言で、僕らの対話はあっけなく終わった。

コメント

コメントを書く

「学園」の人気作品

書籍化作品