まちがいなく、僕の青春ラブコメは実況されている

0o0【MITSUO】

第1章 僕は、空気になりたい。5


『ご明察! 天地明察であります! ただ今、実況している私は、ぶっちゃけ祟って君に取り憑いた霊魂なのであります!』

「たっ、祟った霊魂?」
「ダイジョブカ? ゴウ」
 チャックさんがいよいよ心配そうな表情で、僕の顔を覗き込む。
「ちっ、ちがうんだよ……チャックさん、あっ! えっと……ト、トイレ‼」
 僕はとりあえず状況を整理するため、トイレに駆け込んだ。
 が、その間も、頭の実況は止まらない。

『おっとー! 乙幡、どうやら朝一のトイレのようであります! 大か、あるいは小か、はたまた両方か!? この朝の静謐な一時が、今日一日を左右すると言っても過言ではないわけであります!』

「過言だよ!」
 思わず声を上げてしまった。
「いやいや、なに実況に答えてんだよ、俺……。まさか幻聴? 幻聴が聞こえちゃってるのかな、俺? どうしちゃったんだよ……」
 僕はそう嘆くと、耳を塞いだ。

『物理的に耳を塞いでも、私の声が止むことはないわけであります。なぜなら、私は祟る霊魂! 私の声が止む時は、すなわち私が成仏した、その時のみなのであります!』

 実況の通り、耳を塞いでも実況は続く。仕方なく、僕は問いかけた。
「じょ、成仏って……じゃ、実況してるあなたは幽霊? てか、そもそも誰なんですか⁉」 

『――申し遅れました。実況は、私、伊達一郎であります!』

 ……伊達、一郎?
 その名前には、聞き覚えがあった。
 確か、元々、プロレスの実況アナとして有名になって、その後、フリーになったアナウンサーの人だ。でも、まだ生きて――

『――それが昨日、急逝したのであります! 享年48歳。我ながら早すぎる死だと、恐れ多くも天を恨んでいるところであります! 正直、少し、いや、かなり心残りがございました‼ そこで! 自分の魂がベッドを抜け出し、空に徐々に舞い上がらんとするのに全力で逆らいまして、君の体に取り憑いたわけであります!!』

 もう話がぶっ飛び過ぎていて、クラクラする。

『ちょうどいいタイミングで、近くの病床に寝ている若者・・を探したところ……乙幡剛くん、君しかいなかったのであります! せっかく取り憑いたところで、その依代よりしろがジジババ過ぎたり病弱だったりして、あっけなくくたばってしまったら、元の木阿弥なのであります‼』

「ちょ、ちょっと待ってください! よくわかんないんですけど……昨日、病院で寝てた僕の体にこっそり伊達さんが取り憑いたって……こと?」

『その通りであります。本音を言えば、大ヒット映画「君の名は。」よろしく、美少女JKを依代にしたかったのでありますが、霊である手前、贅沢は言えません。欲しがりません、成仏するまでは!』

「さっきから、なに言ってるんです? とにかく、僕の中からさっさと出てってください!」

『残念ながら、それはできない仕様・・のようなのであります』

「仕様⁉」

『これは取り憑いてみてわかったことですが、どうやらひとりの霊が取り憑けるのはひとりのみ・・・・・と決まっているようでして、別の誰かに取り憑き直すことができないことが判明したわけであります!』

「はぁ?」

『大変遺憾ながら、しばらく私の実況にお付き合い頂きたいところであります!』

「そんな……トイレまでついて来られて、頭の中で実況されるこっちの身にもなってくださいよ……じゃあ、せめてその実況だけでもやめてもらえませんか?」

『重ね重ね恐縮ですが、それもできない相談なのであります。なぜなら、私の最大の心残りが「まだまだ実況したりない」という、その一心だからであります! 私、「完璧な実況ができた!」と満足できる実況が一度もないまま、お迎えの方が先に来てしまったわけであります。これまでの生涯のどの実況においても、常にどこか不完全燃焼感や後悔が残りました……。こんな悔恨を抱えたまま、成仏しろと言われても、どだい無理な話であります‼』

「いやいや……それって伊達さんの都合ですよね⁉ 僕を巻き込まないでもらえませんか‼」

『その点も大変遺憾ではありますが、どうやら君を取り巻く状況以外、実況できない仕様・・のようなのであります』

「いやいや……えっ? ていうことは、伊達さんが成仏するまで、永遠に僕は伊達さんがする僕自身の実況・・・・・・を聞き続けなければならないって……そういうことですか!?」

『そのようであります。迂闊でした……』

「迂闊じゃ済まされないですよ!」

『ただし朗報です!』

「朗報⁉」

『完璧な実況さえできれば、私は今日明日にでも成仏できるわけであります』

「……はぁ」

『そうなれば、君も私の実況から開放されるわけであります! 言わば、我々のこの関係……ウィンウィンではありませんか⁉』

「いやいや、僕の方はどう考えてもルーズでしょ! 一個もウィンなんてないですよっ‼」
 僕がさらに興奮したところで、トイレのドアが激しくノックされた。
「ゴウ、ダイジョブカ! キュウキュウシャ、ヨブカ?」
 どうやら、チャックさんは普段無口な僕がいきなりトイレで叫びだしたので、ひどく心配しているようだ……。
 あーもう!
「とりあえず、続きはあとで! あと実況ですけど、止められないなら、せめて小声でお願いします‼」
 僕は小声かつ早口でそれだけ伊達さんに告げ、トイレを出たのだった。

コメント

コメントを書く

「学園」の人気作品

書籍化作品