交番を見張る男

住原かなえ

第三の記録01

1月3日 藤木美菜(41歳 女性 会社員)
用件 不審人物
概要 不審者の目撃情報。時間帯は午前10時頃。交番近くの駅前で、黒い服のフードを被った男が、独りでいた小学生に話しかけているのを目撃。晴れているのにフードを被っていて、危険だと直感し、悩んだ末に声をかけに向かおうとすると、いつの間にか男はおろか、小学生もいなくなっていた。連れ去りの線も考えられる。本庁へ周知。
補足 女性が声をかけるのを迷ったのは、小学生の様子も、どこか異質であったからとの事。具体的に、どこがどう異質であるのかは、説明し難いと言い、答えに窮していた。

1月8日 荒田望(21歳 女性 会社員)
用件 盗撮
概要 盗撮の被害。犯人は不明。一昨日から、この近辺を通る度にシャッター音が聞こえ、今日も含めて三日連続で聞こえたという。発生してからさほど時間が経っていなかった為、近辺を捜索したが、特に該当する様な人物は確認されず。本人も、シャッター音が聞こえてきた方角がいずれも曖昧で、逃げようとする人物さえ見つからなかったと証言。不明な点が多いが、悪質である事に変わりはないので、被害届を受理。
補足 上記の件を翻す事になるが、実は聞こえた音が本当にシャッター音であったのかと言われると、確証が持てないらしい。本人曰く、従来のシャッター音にしては、音が低く、違和感のあるものだったという。詳細は不明。

1月19日 矢部塔子(59歳 女性 無職)
用件 娘の行方不明
概要 25歳の長女が行方不明。先週から行方不明。頼まれていた物を届けに行ったところ不在で、日を改めても家にいなかった為、勤めている会社に電話をしたが、無断欠勤が続いている事が判明。不審に思い、交番に相談。しかし、本人自身が、中学生の頃からよく家出等をしており、塔子も何かに巻き込まれたとは考えつつも、その手の行動である可能性は低くはないと証言。行方不明届を受理。
補足 写真を拝見したところ、数日前まで交番付近でよく顔を見ていた女性であった。尤も、最近は見かけていないが。蛇足にはなるが、何やら深刻な顔で交番前を何度か通りすぎていたものだから、印象に残っていたのである。

1月21日 岡本実(56歳 男性 会社員)
用件 不審人物
概要 交番近辺にて背後から数メートル程、不審人物に追われる被害。時間帯は午後9時頃。会社帰りに発生。帰宅途中、突如背後から何かの気配を感じ、振り返ると、黒い服装の怪しげな男がこちらに向かって走って来たとの事。慌てて逃げ、丁度気配が消えたところに、交番が見えた為、通報も兼ねて来訪。男の姿は暗闇の上、全身が黒い服装であった故、顔などは一切目視できず。交番の掲示板にて周知。
補足 岡本は逃げている最中、自分が何処を走っているのか、分からなくなったという。気配が消え、この交番が見えるまで、知らない街に迷い込んだ気がしていたらしい。幾ら突然追われるという出来事があって気が動転していたにしても、この街に何十年も住んでおり、自宅も付近にある岡本が、そのような感覚に襲われるのはどうにも違和感を覚える。

1月27日 秋山蓮子(42歳 女性 会社員)
用件 悪質なイタズラ
概要 自宅のピンポンダッシュや、窓、ドアを叩かれる被害。四日程前から頻発するようになったという。インターホンが鳴ったかと思うと、誰もいない。近所の小学生かと思ったが、逃げ足が速いのか、道には決まって誰一人としていないのだという。犯人を捕まえてやろうと門前に隠れていたが、現れず。イタズラを止めたのかと思いきや、今度は玄関の扉を叩く音が響いた。こちらも犯人が分からず、放置していると、次は玄関に面した寝室の窓を叩く音が聞こえた。同様の音が何回も響き、ただのイタズラではないと判断し、警察に連絡。本庁に周知。
補足 秋山は、交番の隣に住む女性で、見かけた時は挨拶もしていた。つまり、この交番に件の音が聞こえてもおかしくないのだが、話と合致するような音は微塵も聞こえなかった。それどころか、怪しい動きをしている人物さえ、見かけなかった。

「交番を見張る男」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く