話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あの狼たちによろしく

エイジ・シンジョウ

第13話  後輩

 相手が動く。
 K-1ルールらしいフットワークのジャブからの動きだ。
 蹴りも出すが届かず空を切る。
 ソウタがシンちゃんと呼ぶサナダも動く。
 両足ステップからの中段前蹴りが何度かヒットしている。
 相手の上段ハイキック――大振りすぎる――を上半身スウェー(上体を反らす)でよけるとサナダが一気にたたみかけた。
 砂埃を立てて相手が吹き飛ぶ。レフェリーが助け起こして試合終了の合図を出した。

「先生、何発当たったかわかる?」
 ソウタが聞いてきたが、顔を向けただけで答えないでおいた。

 上段回し蹴りとそこからの戻りの踵蹴りで2発。そのまま中段脇腹へ1発入れて、腹部への横蹴りで相手を吹き飛ばして終わり。合計4発だ。

 試合は終わりだ。この後どうなるのか。次の試合か、解散か。

「おい、そこの見てる二人!」
 様子を見ていたら集団の中から抜けてきた奴が声をかけてきた。
「俺たちか?」
 もめないように、かつ、舐められないように返す。
「お前らしかいねぇだろ。見せもんじゃねえぞ」
「すまんな。試合に出てる奴の連れなんだ」
 遠くのサナダを指さす。
「あいつはもう試合終わりだから帰る。お前らも帰れ」
「わかったよ。一緒に帰ろうと伝えてくれ」
「ああ」
 面倒くさそうな返事とともに、女連れかよ、と呟くのが聞こえてきた。ソウタを女子と思ったのだろう。

「ソウタ、なんで来たんだよ」
 少し離れた公園のベンチで、タオルで汗を拭きながらサナダが困った顔でソウタを見る。同時にこちらの様子も伺っている。
「ずいぶん心配してたぞ」
 俺が言うと、サナダが怪訝そうな顔になる。
「誰だよ、オッサン」
「塾の先生!一緒に来てもらったんだ」
 ソウタが助け船を出してくれた。
「ふんっ、先生かよ」
「塾のだがな」
 すかさず返す。学校が嫌いで塾の先生になったんだが、若い子にはどうでもいいことだろう。
「先生なんてどこの奴も一緒だ。勉強が好きなんだろ」
「今日で何試合目だ? 道場が閉まったって聞いたよ。怪我でもしたらどうするんだ」
「うるせぇよ。関係ねぇだろ。塾の先生にどうにかできんのかよ」
「シンちゃん、こんなことやめようよ」
 ソウタがサナダに縋りつく。
「悪ぃな、ソウタ。思ってたより楽しいんだよ」
「ううっ」
 ソウタが困っていじけた素振りを見せる。幼馴染のサナダにはあまり効果は無さそうだ。
「それより、先生」
 サナダがこちらに顔を向けてくる。
「わざわざソウタについて来たのは何の為だよ?」
 真剣な顔。若干だが敵意を感じる。
「関係でも疑ってるのか?」
 かわいいものだ。顔に笑みが浮かんでしまう。
「何言ってんの?シンちゃん!違うよ」
「本当に違うのかよ」
「違うけど」
 としか言いようがない。
 今までもよくあることなのだろう。近づいてくる大人達にろくなのがいなかったのか。
 違うと証明する方法はただ一つ。
 本当のことを言うことだ。

「実は、街の喧嘩に興味があって見に来たんだよ」

「え!?」

 ソウタが驚いてこちらを見る。
 サナダも驚いてこちらを見ている。
「本当かよ?」
「本当だ」
 真顔で返す。
「へぇ。ちょっとはやるのかよ」
 サナダの体に力が入るのがわかる。緊張と興奮からくるものだ。
 やっぱりこうなるか。
 望んだことだが。
「そうだな」
 ポケットから手袋を出す。拳を守るように作られているライダースグローブだ。
 それを見てサナダがさらに驚いた顔でこちらを見たが、すぐに笑みを浮かべた。
「そういうことか」
「えっ、どういうこと?」
 ソウタだけ、まだ理解できていないようだ。
「ちょうどよかったぜ。さっきの相手が弱くて物足りなかったんでね」
 数歩歩いて、サナダがこちらを向く。
「俺はいつも総合ルールなんだけど、どうする?」
 言うと、サナダが首を傾ける。
「やれるんなら、俺はなんでもいいぜ、先輩」
 言い回しがいいね。こいつ、嫌いじゃない。
 俺はいつもの構えをとった。
 キックボクシングと合気道の中間の構え——両足は適度に開いて軽くつま先立ち、両腕はキックボクシングの構えだけど拳は強く握らない。

 サナダと目が合う。
 近くで喚くソウタの声が遠くのように聞こえる。サナダもきっと同じだろう。

 向こうで試合を囲んでいた数人がこちらを見ている。
 派手に気づかれる前に決着をつける必要がある。

「あの狼たちによろしく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く