話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あの狼たちによろしく

エイジ・シンジョウ

第9話  開戦

「足音を消しただけで警戒するなんて、何かをずっと警戒してるんだろうな」
 ポケットに手を入れて背中を向けたまま、男が聞いてきた。
 心臓が高鳴る。
「走りながら足音を消せる奴も、何者なのかと思うけどね」
「そりゃそうだ」
 言うと、男はゆっくりと振り返った。

 だが、男の顔はどこか少し寂しげだった。

「もっと、戦いたくて仕方無いって顔をしてるのかと思ったけど」
 あまりに意外で率直な意見を言ってしまった。
 言うと男はポケットに入れていた手を、すぐに顔へと動かした。
 顔に出る——若いかどこか図星を突いた証拠だ。皺の少ない顔。本当に若いのかもしれない。そのまま口撃を続けることにした。
「思ってたよりも若いな。20代中盤か」
「それがどうした」
 男が左足を後ろへと下げた。

 やるのか? こいつがやる理由はなんだろう?

 構えないでいると男が聞いてきた。
「やりたいんじゃないのかよ?」
 やりたいが。
「ひとつ、質問させてくれ」
「めんどくせぇ」
 男を無視して問いかける。
「どうして、やるんだ?」
 男は不思議そうな顔で聞き返す。
「あんただってそうだろ。わかるだろ。見てたんだよ、この間の」
 少しイライラし始めている。気は短い方か。これ以上怒らせると単純に戦いを楽しめない。それでもまだ聞きたいことがあった。得てして戦いの後には質問をする時間はない。警察が来て逃げなければならないことも多いし、どちらかが気を失っていることもある。すぐに病院に行く必要がある場合もあるだろう。

「君はソープランドのボディガードをやるような奴には見えない。ああいうところに立っているやつは、もっとだらしない立ち方をするやつばかりだ。君はなぜあそこで働いている?」
「金に決まってるだろ。首を吊った親父の借金の肩代わりさ。もういいだろう」
 男が構えを解こうとしたので、こちらがすぐさま構えた。
「失礼した。もう聞かないよ」
「ふんっ」
 男は何かを吹き飛ばすように鼻で笑うと、ニヤッと笑ってゆっくりと腰を落とした。
 嬉しそうな表情——そうだ。同類の証だ。
 男はさらに腰を落とす。
 両の手を開いたままで、低めに前へと出した。

 レスリング経験者!

 戦慄とともに、嬉しさが込み上げてきた。
 俺はキックボクシングの構えをとる。二つの構えはどちらもすでに見られている。他の手も考えねばならない。
 ただ何よりも、とにかく戦えることが嬉しかった。

「あの狼たちによろしく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く