話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あの狼たちによろしく

エイジ・シンジョウ

第5話  すれ違い

 夜が来た。
 今日のジョギングは眼鏡のまま行くか、コンタクトにしていくか。
 今日は戦わないと決めた。だから眼鏡のままで行くことにした。

 ジャージと運動靴に着替えて玄関に立つ。子どもはさっき寝たところだ。
 「ジョギングに行ってくる」
 「はーい、気をつけてね」
 妻の返事だ。出る時はいつも、少し嫌そうな顔をしている。
 
 川沿いの土手はランニングコースになっていて、春には桜が満開になる。ベンチもあって座ってコーヒーを飲むこともある。酒を飲んでいる人もいる。
 走るのに最適な場所だ。
 犬の散歩、健康のための徒歩、帰宅途中のサラリーマンなどとすれ違う。もちろんジョギングという同じ目的の人、さらにとても早く速く走る人もいる。
 向こうから走ってくる大柄な男。
 あの男だ。
 何事もないように軽いジョグですれ違う。
 すれ違った後、足音が消えた。
 少し走ってから振り返ると男は特に何事もなく遠くまで進んでいた。
 足音を消した?
 そんなことをする必要がない。
 その日は来た道とは違うコースを走って帰ることにした。

「あの狼たちによろしく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く