話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あの狼たちによろしく

エイジ・シンジョウ

第1話  夜の街

「おらぁ、やんのか!」
 顔を真っ赤にした男が大声をあげて凄んでくる。酒に酔っているのだ。
「俺は大学まで空手をやってたんだぞ!」
 まずそう言う奴は強くない。
 物言いとは別に構えでもわかってしまった。
 格闘技をやっていた事を隠して、無言で立っている人物の方がよっぽど危険だ。

 大学時代の研究室にいた友人を思い出す。根性はあるやつだった。
 友人なのでやり合う機会もなかったし、その気もなかった。
 俺を君づけで呼んでくれて、
「俺はいつも君のことをすごい奴だと思ってる。勉強もできるし将来すごい研究者になれると思うんだ」
 と言ってくれていた。
 酒に酔ったら「俺は空手をやっていたんだ」と言って後輩に一発だけ強めのパンチを繰り出していた。
「シンジョウくんの言うことは聞け。でないと俺が許さんぞ!」という、いつもの一言も嬉しかった。
 彼なりの後輩達への躾の一環だったのだろう。今は故郷の佐賀で高校教師をしていると聞いた。
 二人とも研究者にはならず、俺は塾の正社員講師となった。

 喧嘩は必ず「買う側」でなければならない。仕方なく買った喧嘩という形をとらなければいけない。
 それはいざという時、職を失わないように、家族を悲しませないようにだ。

 時々、夜の街で喧嘩をしている。
 何のために?
 他にしたいことがないから。

 いや、違う。
 
 これが一番したい事だからだ。

 ただし、酔っ払い相手はあまり熱くなれない。油断は禁物だが。ましてやか弱い女など論外だ。
 性行為中に女を殴る男というのもいるらしいが、戦う気のない相手を殴って楽しいのだろうか。
 以前、女を殴ることで有名なホストと喧嘩をしたこともある。口ばかりでとても弱く、相手にするんじゃなかったと残念で悲しい気持ちになった。

 今日の相手はこれか。人通りの少ないソープ街の隅。人が集まる前に終われるだろう。
 ゆっくりと両腕をあげて戦闘態勢に入った。最初の構えを見られても問題はない。
 構えは何種類も用意してあるからだ。

「あの狼たちによろしく」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く