話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?

necoaya

第62話 まさかこんな形で生まれるなんて

 ――結婚式から1年ほどあったある日。

「お生まれになりました!! 姫様にございます。おめでとうございます!」

 我が子の誕生を知らせる声が響きました。力んでいた腕から力を抜きます。ようやく生まれたのね。半日で産まれたら安産と聞いたけれど、その半日が長かったわ。

 竜帝として勇を誇る夫は、閉ざした部屋の前を左右に行ったり来たり。痛みで感覚が鋭敏になっていたのか、それがすごく気になりました。呼んであげて――そう動かした喉に、フランカが水を流し込みました。冷たい感じにほっとします。

 ところで、我が子の泣き声が聞こえないのですが?

 絹糸のように細く柔らかな髪が頬や首筋に貼り付き、額の汗をガーゼで拭うアデライダ伯母様の手が気持ちいいです。

「あの……驚かないで欲しいの」

 伯母様が何か言いかけた時、テユ様が部屋に入ってきました。出産を手伝ったマリエッラ様は、隣の赤子用のベッドで何か作業をしています。すごく気になりますわ。

 どうして泣かないの?

 疲れた怠い身体を起こそうとしますが、駆け寄ったテユ様にベッドに戻されました。ベッド先の床に膝をつき、泣きそうな顔で手を握られるのは照れます。

「あ、ありがとう。産んでくれて、本当に……ありがとう。ステファニー」

 震える声で礼を口にするのが精一杯、そんな夫の姿に赤ちゃんを求めてマリエッラ様へ手を伸ばします。わずかしか動かないけれど、私の意思を察したフランカが取り次いでくれました。

「マリエッラ様、ティファは赤ちゃんを見たいのよ」

「わかりました。今拭き終わりましたから」

 どうやら汚れた我が子を綺麗にしてくださったようです。泣き声は弱くて聞こえないだけなのね。安心してベッドヘッドのクッションへ身を沈めました。

 テユ様の指先が緊張で少し震えているわ。

 反対側で私の汗を拭い、冷たい水を口元へ運ぶのは、親友でありメレディアス公爵夫人になられたフランシスカです。初めての出産で不安だろうと、知らせを受けてすぐ彼女は駆けつけてくれました。

「陛下、妃殿下、ご覧ください。姫は美人ですわ」

 どきどきしながら、お包みを受け取りました。想像より重いですね。顔を覆う布を剥いだら……半透明の球体が包まれていました。

「これ?」

「なんと立派な……産むのはさぞ大変だっただろう」

「え、ええ」

 まあ、確かに大きくて出ないかと思いましたけれど。

 産まれた赤ちゃんは半透明の卵でした。御伽噺のような状況に首をかしげると、説明し忘れたと竜達は顔を見合わせます。テユ様が丁寧に説明をしてくださいました。

 竜同士の卵は硬い殻に覆われていますが、半人半竜の卵は柔らかな半透明の膜なのだそうです。過去に人と交わった同族の記録を共有した白青のマリエッラが、母竜の代わりに卵を受け止めてくれました。そうしないと落ちて割れてしまうこともあるんだそう。

 半透明の膜のため、中が透けています。大きな金の瞳を瞬く子供は、子竜の形でした。本体が竜なのでしょう。これが人の血を多く受け継ぐ子だと人型の場合もあるらしいのですが。

 竜から見て元気な赤ちゃんなら問題ありません。卵を産むとは知りませんでしたが、つるんと生まれたのでしょうか。よくこの大きさの卵が出てきたものですわ。

 フランカに水を貰い喉を潤してから、声を絞り出しました。ぼんやりする頭と激痛に苛まれる全身は、まだ出産中の痛みを引きずっています。

「テユ、様。この子に、名前を……」

 まだ痛みの余韻の中にいる私の要望に、テユ様は慌てていました。男でも女でも良いように名前をいくつか考えていたのに、候補の紙を執務室に置きっぱなしになさったみたい。

 興奮と感動で潤んだ瞳のテユ様なんて、初めて見ました。

「……クラリーサで、どうだろうか」

 金の鱗と瞳を持つ輝く彼女にぴったり。見た目からとった名は、当初の候補になかったと思います。それでも卵を抱きしめた時に浮かんだ単語だと仰られました。

 父である竜帝と私の黄金の瞳を受け継いだこの子には、『光り輝く』を意味するクラリーサが似合います。

「美しい響きですわ」

 フランカが頷くと、驚いていたアデライダ伯母様も嬉しそうに微笑まれました。抱いた卵は思ったより重くて、薄い膜では割れてしまいそうです。抱くときに気を付けないといけませんね。

「クラリーサは、いつ出てくるのですか?」

「好きな時に割って良いそうだ」

 膜はぱんと張っているが、つつくと柔らかく弾力があります。卵の形のぬいぐるみのようで、ほんのり温かくて抱き心地は最高でした。割っても良いと言われ、私は目を瞬きます。

「割るのですか?」

「待っても良いが、いつになるか。この子次第だぞ」

 さすがに数日で出てくるとは思うがわからない――そう聞かされると、割った方が良いのかしら? と思いました。竜族同士の卵なら自分で割って出る掟があるのですが、半人半竜なので拘る必要はないのでしょう。きょとんとしたフランカが、指先で卵を突きました。

「割り方は決まってますの?」

 卵の割り方を尋ねるフランカは、どうせなら姪が出てくるところを見たいようです。伯母様も期待の眼差しですね。卵に手のひらを当てて首をかしげました。いくら3人のお子を持つ伯母様でも、卵の処理はわかりませんものね。

「ステファニーが、出てきて欲しいと願いながら卵に手を入れれば、すぐにでも」

「【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く