話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?

necoaya

第60話 秘密の共有は擽ったくて

 青空で弧を描いたピンクのブーケを受け取り、フランカが満面の笑みで花束を掲げます。まるで勝利の鬨の声を上げるように。

 誇らしげに幸せそうに笑う親友は、私が立つテーブルの前でくるりと回ってみせました。

「次の花嫁、おめでとう」

「ありがとう。で流行らせてみせるわ」

 お披露目会は新婚夫婦の幸せな姿を見せつけるイベントだそうです。これはアグニ様の前世の知識だとか。私が知る結婚式は、自国の貴族を呼んで夜会になったと思います。

 フランカの細い腰を抱き寄せるリオ兄様は、近づいてくる男性に威嚇しておられますが……婚約者がいる女性に言い寄る不埒な方は、鉱山送りのあの王子くらいですわよ? 私は詳しく聞いておりませんが、なんでも隣国との境にある鉱山が人手不足で、伯父様とクラウディオ殿は自ら志願されたとか。

 とても信じられません。

 リオ兄様のお話なので、おそらく作り話です。実際のところは、無理やり送り付けたのではないでしょうか。奴隷扱いにして。もしかしたら別の罰を与えて、隠しておられるかも知れません。

 お兄様は見かけによらず黒い一面をお持ちですから。今も嫉妬むき出しで、ちょっと大人げないですね。もうすぐお父様の跡を継いで、公爵家当主になられるのですから落ち着いていただきたいわ。

 挨拶があるのか、近づいたアグニ様を牽制し始めました。

「僕の婚約者にご用ですか?」

 笑顔を浮かべていますが、言葉の端から「フランカに近づこうなんて、いい度胸ですね」と嫌味が飛んでる気がします。リオ兄様の棘のような鋭い視線へ曖昧に微笑み、扇で口元を隠すフランカに話しかけました。なんて勇気のある竜でしょう。

 あとで何か悪さをしないよう、お兄様によく言っておかないと危険です。

「ブーケトス――よく知ってたな。『カリン』」

 呼びかけた響きに目を見開いたフランカは、すぐに扇を畳んでじっとアグニ様を見つめます。睨んでいると言っても過言ではありません。やがて彼女は溜め息をつきました。

 固唾を飲んで様子を窺う私も、ほっと息をつきます。少し苦しいので深呼吸すると、テユ様が「心配ない」とシャンパンを手渡してくださいました。きりっとした辛口が好きだと知る婚約者……改め夫の手渡しのシャンパンで、緊張に乾いた喉を潤します。

 あら、美味しい。

 竜の方々とリオ兄様は意識や知識を共有しておられるのですから、誤解によるケンカはありませんね。心配しすぎてしまいました。でもフランカは私と同じで共有していないはずです。

 長いようで短い時間は終わりをつげ、リオ兄様が不安そうにフランカの表情を窺います。ふっと微笑んだフランカがさらりと口にしたのは、聞いたことのないお名前でした。

「アオイ兄でしょ?」

 過去の名を口にされ、互いに確信を得たのでしょう。でも「兄呼び」ですの?

「今はアグニだ」

 肩を竦めた赤竜アグニ様の言葉に、フランカが肩を揺らして小さく笑いました。

「前世以来ですわね、アオイ兄様」

「やめろ、気持ち悪い。前の口調でいい」

 どうやら本当に前世で兄妹だったみたいです。あらまあと驚いて口元を手で覆えば、テユ様も初耳だったようでした。共有で情報を得たのが今なのでしょう。久しぶりの兄妹の再会ですわね。

 気を利かしたのか、飲み物を取りに行くとリオ兄様は席を外されました。大人な対応もできますのね。

「アオイ兄に最後に買ってもらったゲームの世界だって気づいて、自分だけと思ってたけど……アオイ兄が先に来てたなんてね。道理で話の流れがおかしいと思った」

 口調がすっかり変わっていました。妹のカリン様でしたか。フランカの優雅な見た目で、その口調は似合いませんね。見た目は侯爵令嬢で、あと2ヶ月で公爵夫人となられるのですが……。

 美しく生まれ変わったフランカとアグニ様が、過去のあれこれを語り合うには時間が足りなくて。

 ゆっくりとシャンパンを運んだリオ兄様からグラスを受け取り、アグニ様はすぐ口をつけました。喉が渇いておられたのか、一度止めた手を傾け全て飲み干されます。緊張しておられたかも知れません。

 微笑ましい気分で前世の兄妹を見守りました。以前に前世の話をフランカに少し聞いていたので、秘密に混じれたのは気分が良いものです。知ってる優越感と申しましょうか。でもこの場の全員が共有しているのですけれど、仲間外れにならなかったのが嬉しくてテユ様の袖をちょっと引っ張りました。

「ステファニーも知っていたのか」

「はい、少しだけ」

 こんな会話が擽ったいのです。

 フランカに、近々会いに行く約束を取り付けたアグニ様はほくほく顔。もちろん、リオ兄様同席でなければ会わないという条件付きでした。

 ここまで婚約者に執着され愛されるフランカの姿を、前世のお兄様であったアグニ様……いえ、アオイ様はどんな気分で見ておられるのかしら。もしかしたら、嫁にやりたくないと前日になってゴネたお父様の気分だったりして。

「では幸せなカップルの邪魔をしないよう、失礼するとしようか」

「アグニ様、ここでは『カップル』なんて表現は使いませんの。『婚約者』や『恋人』と呼んでくださいませ」

 この世界で身に着けた淑女の仕草で、おしとやかな口ぶりのフランカは――きっとアグニ様が知る妹のカリン様ではない。ロエラ侯爵令嬢のフランシスカに一礼したアグニ様は、竜の仲間のいる一角へ向かわれました。事情を共有した緑竜の兄に揶揄われながら。

 なんだか素敵ですね。私も未来で、リオ兄様と再会して昔話が出来たらいいのに。

「【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く