話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?

necoaya

第59話 私、愛する人に嫁ぎます

 人前式となるため神殿での誓いは必要ありませんが、アグニ様の提案でアイルランナーという絨毯を取り入れました。赤く柔らかな絨毯を芝の上に敷き、その上を美しい花嫁が父ベクトルに手を引かれて歩いていく。

 一歩進んで足を揃え、また一歩進んで足を揃えます。ゆっくり近づく花嫁を一目見ようと多くの民と貴族が集まっていました。

「緊張するわ」

 小声で呟き深呼吸します。右腕を父に絡め、ブーケを持つ左手が震えました。ゆっくり進む先に、軍服に似た白い衣装を纏った美丈夫が待つ。純白のドレスとヴェールが、そよ風に揺れました。アイルという赤い絨毯は、婚礼衣装の白を際立たせます。

「絶対に幸せにしてください、陛下」

 人前にもかかわらず涙を流すお父様から、テユ様の手に右手が預けられました。そっと受け取ったテユ様の指が少し冷たい気がします。緊張しておられるのかしら。

「ステファニーは素敵な女性だ。彼女を幸せにすることが、我の使命である。この尾の先が尽きるまで愛し抜くと誓う」

 尻尾の先に誓う意味がよくわかりませんが、竜にとっては当たり前の表現なのでしょう。アグニ様や他の竜の方々も頬を緩めて頷いています。どうやら最上級の愛の発言をされたようですわ。

 今後はこういった竜の言い回しやしきたりも覚えなくてはいけません。私は竜帝陛下の妻になるのですから。

「とても綺麗だ、ステファニー。我が愛しの……妻よ。さあ、人々に愛を誓おう」

 この半年の間にかなり慣れましたが、やはり蕩けるような声は耳が赤くなってしまいます。愛する人の手を取って、民の前で愛を誓う――当たり前のようで、去年の私には想像できない未来でした。

「はい、テユ様」

 2人で並んで向きを変え、民に向き直りました。赤いアイルの両側に並んだ貴族や民に、ヴェール越しに微笑みます。こんなにたくさんの方が祝ってくれて、笑顔で嫁ぐことが出来るなんて、今までの人生で最高の日ですね。

「我、テュフォン・ラ・ソル・シエリスタ・ティーターンは、竜の乙女エステファニア・サラ・メレンデスを妻とし、我が命が尽きるまで愛し抜くことを、竜帝の名にかけて誓う」

「私、エステファニア・サラ・メレンデスは、竜帝陛下テュフォン・ラ・ソル・シエリスタ・ティーターンを夫とし、命尽きるまで愛し、共に国を栄えさせることを竜の乙女の名において誓います」

 わっと沸き起こった「おめでとう」の祝福と同時に、人々が手にした花束から花弁を千切ります。それをシャワーのように上に向けて放り投げました。頭の上まで届かせたい思いを汲み取った風の精霊により、花片はひらりと舞ってアイルと私達の上に降り注ぎます。

 ヴェールを上げるテユ様の指に気付いて、少し膝を曲げて高さを調整しました。顔を覆い隠していたヴェールがふわりと背に流れ、人々は口々に「竜妃様」と叫びました。

 興奮と幸せに紅潮した頬にテユ様の手が添えられ、優しく引き寄せられます。口付けられるのだわ。そうわかって、静かに目を閉じました。緑と金が混じった目を伏せると、柔らかな唇が額に、頬に、鼻に触れました。焦らすような彼のキスに何か言おうとした唇が、最後に塞がれます。

 重ねてしっかり舌を絡める大人の口付けに、息を乱した私の膝が崩れてしまいました。抱き寄せて人目から隠してくれる彼の腕に甘えます。

 口紅が薄く移ったテユ様が嬉しそうに笑う姿に頬が緩みました。紅や化粧が崩れても、きっと彼は私を美しいと言ってくれるのでしょう。彼の笑顔を見ていたら、そう確信できました。

 歳を取ってシワが出来ても、銀髪が白髪に変わっても……手足が動かなくなるまで。髪の先からつま先まで――私は愛されています。

 愛する人に今日、私は嫁ぐのですね。

「竜妃様万歳! 陛下の御世が永遠に続きますように」

「お幸せに!」

「すごく素敵だわ、私もこういう結婚式がいい」

 あちこちから聞こえる民の声に、少し落ち着いて振り返りました。

「……ついにティファがお嫁に行っちゃうんだね」

 残念そうに呟いていますが、リオ兄様も祝福の花弁を投げてくれます。最後の茎をテュフォンにぶつけたのは驚きましたけれど……。

「ティファ! ブーケを投げて!」

 叫んで手を振るフランカは、未婚女性を集めた集団の前にいました。絶対に掴んで見せると本気で構えています。侯爵令嬢らしからぬ彼女の振る舞いに、なんだかおかしくなってブーケを上に掲げました。

「投げますよ!」

「いつでもいいわ」

 くるりと背を向ける私を、不思議そうな人々がフランカと私の間をきょろきょろと眺めています。事情を説明されて、ブーケに目を輝かせるのは未婚女性ばかり。

「えいっ!」

 フランカに教わった作法通り、背中をそらせるようにして後ろへ放り投げました。すぐに振り返る私の腰に手を回したテユ様が上を指差します。風の精霊によって青空へ高く舞い上げられたブーケは、美しい弧を描いて――。

「【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く