話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?

necoaya

第58話 余談(SIDE竜)

 *****SIDE 竜



 別室で花婿となる竜帝テュフォンを囲んでいた竜達が、ぴくっと固まる。意識共有して情報をこっそり流していたエミリオも釣られた。

「いま……」

「あの子は確か、エミリオの婚約者だよね?」

「やだ、そんなに転生組がいるの?!」

「……強制力とやらは、きちんと無効化しただろうな」

 意識や視界を共有する竜達は一斉に青ざめた。アグニ以外も事情は知っている。

 ちなみに最初に目覚めた13匹の竜以降、他の竜は目覚めなかった。彼らの長い人生を考えれば、多少の寝過ごしは数十年単位でのズレに繋がる。三桁になるまでに起きればセーフと、意味不明のルールを適用したのんびり種族だった。

 そんな彼ら竜でも、今のフランシスカから放たれた発言は衝撃を受けた。共有した視界を通じて、エミリオとマリエッラから送られた花嫁の映像は美しい。彼らは照れる花婿を揶揄っていたが、転生者らしき女性の発言にアグニが反応した。

 ……って、この世界になかったよな?

 アグニの疑問に、竜は心の中で一斉に頷く。つまり異世界の知識を持つ女性の存在が確定した。

「ゲームに第二弾があるとか?」

「続編情報はなかったぞ」

 少なくとも俺が死ぬまではなかった。断言するアグニだが、少しして肩を竦めた。

「考えてみりゃ、彼女は竜妃殿下の親友で義理の姉になるわけだから、こっち側の人間じゃん。焦る必要ないさ」

 敵でなければ構わない。言われて他の竜も少しばかり考えてみたが、敵でなければ異世界の記憶もちだろうが問題ない。それどころか、味方にすれば心強い存在のような気がした。

「よし! ブーケトスでフランシスカ嬢が受け取るよう、風を操れ」

 お祝いだし、花嫁も楽しみにしてる。そう提案した竜帝に、全員が了承の頷きを返した。

「【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く