話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?

necoaya

第47話 狡いですよね、私

 目が覚めると気分の悪さは消えていました。目を開くとテユ様の笑顔があって、どきどきと胸が高鳴るのです。この気持ちって、何かしら。

 美人は3日で飽きる――そんな言葉をフランカが口にしていたわ。でも慣れたり飽きる気がしないの。まだ2日目ですが、明日になってもテユ様の顔を見たら照れると思いますわ。

 テントにすると言って水の魔法を使ったテユ様でしたが、氷はすでに溶かされて跡形もありませんでした。

 赤くなった顔を隠すと、さらりと銀髪が滑りました。そうだわ、具合が悪いからって解いていたのでした。慌てて両手で髪を掴みます。

「結うのであれば我がやろう」

 で、出来ますの? 私が、鏡もなしに綺麗に結うのは無理ですわ。迷った末、そっと手を離しました。ブラシが必要ないほど銀髪は柔らかく、さらりと背を滑ります。ですから、結うのは技術が必要でした。

「さきほどと同じで構わぬか?」

「はい。お願いします」

 首筋に時折触れる彼の指先を意識してしまいます。温かい指先は侍女より荒い動きですけれど、優しく気遣う動きで髪をかき上げました。

 髪を留めてリボンを付けてもらいます。これで一安心ですわね。

「ありがとうございます」

「いや、そなたの髪に触れる口実だ。我の方こそ礼を言うべきだろう」

「き、器用ですのね」

 話題を逸らそうと褒めれば、微笑んだ彼の膝の上に座っていることに気づきました。飛び降りるのも失礼ですし、どうしましょう。

「おや……陛下は手が早い」

「よくぞ言ったものよ。他人の事など言えた義理か」

 リオ兄様のからかう口調に、テユ様がきっちりやり返す。抱き締めて膝から下ろさないのは、リオ兄様も同じではありませんか。振り返った先で見つけた光景は、こちらとほとんど変わりありません。真っ赤なフランカの顔に、きっと私も同じように赤いのだわと俯きました。

「さて、せっかく来たのだ。しっかり楽しもうではないか」

 ようやく膝から下ろしてもらえましたが、しっかり手を取ってエスコートされています。これはまあ……婚約者ですもの。許される範囲ですが、家族以外の男性と明るい場所で密着するのは恥ずかしいですね。

 足元に注意するよう声をかけるテユ様に、あまり照れた様子はありません。私だけが動揺しているみたいで、悔しいですわ。

 滑りやすい水際で、裾に気をつけながらしゃがみました。水は澄んでいて、小さな魚の群れが泳いでいるのが見えます。すごく綺麗な水だわ。

「お魚ですわ!」

「ああ、気を付けろ。そなたが思うより深いぞ」

 言われてきょとんとする。今までに来たことがある湖はすべて、遠くまで浅かったのですが?

「ここまで魚が来ているなら、膝より上まで水が来る。しかもこの水の色では、もっと深いだろう」

 簡単そうに推測するその知識に驚きました。魚の泳いでいる姿で、そんなことがわかるなんて。目を輝かせて次々と質問します。

 水の色から深さだけでなく、水温もおおよそ分かると聞いて、さらに驚きました。気づけばリオ兄様とフランカは声が聞こえないほど離れた場所にいます。

 きっと気を使ってくださったのでしょう。いえ、私も気を使うべきなのでしょうけれど。

「エステファニア嬢」

 急に他人行儀な呼び方をするテユ様に、嫌な感じがして視線を合わせる。何か言いづらいことでも……もしかして、もう婚約を解消したいのでしょうか。やっぱり私では無理? 一度破棄されてますし、やるならバサッと切り捨ててください。

 覚悟を決めて待てば、右手の指先に唇が押し当てられた。

「昨夜の我は急ぎすぎたようだ。仲間に言われて気づいたのだが、そなたは我と初対面だった」

 だから勢いだったと仰るのですか? 考えるほど泣きたくなりました。フランカの言うとおり、私……テユ様を好きなのでしょうか。

「突然の婚約の申し出は、不愉快な思いをさせたのではないか?」

「っ、いいえ!」

 勢いよく答え過ぎました。恥ずかしくなるほどはっきり、大きな声で答えてしまう。離れた距離のリオ兄様と目が合うのですもの、よほど大きな声を出したんだわ。

 でも否定しなければ、と考えるより早く言葉が出ていました。これが答えなのかしら。

「私……テユ様を好きだと思います。でも愛してるか、分かりません」

 恋人になるのはまだ無理だけれど、離れたくないと思うのです。きゅっと彼の袖を摘みました。お願いです、ひどい言葉は仰らないで。

「狡いですよね」

「構わない。我を嫌いでなければ、しばし婚約者でいて欲しい。そなたに愛してもらえるよう努力するのは、我の方だ。嫌になればそう言ってくれて構わん」

 愛するよう努力しなくていい。許しに似た一言が、嬉しいような悔しいような複雑な色の感情を呼び起こしました。泣きたいのか笑いたいのか分からぬまま、泣き笑いの顔で見上げます。

「悩ませて悪かった。全部我のせいにしろ。ステファニーは悪くないのだから」

 ああ、このお方なら大丈夫。きっと死ぬまで私を愛し抜いてくれるでしょう。突然、天啓のようにそう感じました。

 私が愛さなくても、愛を注ぐ覚悟のある方なのです。きっと私も愛情を返せるわ。すぐでなくてもいいなら、いつか同じ形の愛を返しましょう。

 抱き締められた腕の中で、そう思いました。

「えっと……お邪魔するよ」

「ごめんなさいね、ティファ。お腹すいちゃったの」

 抱き合ったまま気まずくなったのを察したように、リオ兄様とフランカが声を掛けてくれます。くすくす笑い合って、馬車で運んできた荷物から昼食を取り出しました。

 眠っていたから、少し遅い時間ですけれど。

 お茶を飲んで、ゆっくりと食べて、一緒に湖のそばで寝転びました。横になって手を繋いで空を眺め、ただ時間を穏やかに過ごすだけ。こんなことでも、鼓動が高鳴るのはもう病気じゃないかしら。

 擽ったい時間を終えた私達は、大人しく馬車で帰ることにしました。がたごと揺れる馬車の中で、竜であるテユ様が退屈なされないかと心配しましたが、私の手を握って肩を貸してくれます。昨夜のような不躾な触れ方ではなく、安心して寄り掛かっていられました。

「ステファニーの温もりを感じる時間もいいものよ。それに我が乗せて帰ると、楽しい時間が早く終わってしまう」

 子供みたいな言い分に、くすっと笑みが零れました。ゆっくり地上を走る馬車の中で、テユ様を見つめます。次はゆっくり飛んでくれるようお願いしてみようかしら? と考える自分がいました。そんな変化が擽ったくて、私は何も言わずに目を閉じます。

 がたごと、揺れる馬車が遅く着くことを願いつつ。

「【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く