話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?

necoaya

第34話 隠し事ですのね

 お茶が振る舞われる席で、竜達のさざめくような会話が花開きます。美しい指先でカップを引き寄せ、菓子を摘んで口に運びました。

 時折、その優雅な姿から想像も出来ない、ぞっとする厳しい表情が覗きます。すぐに取り繕うため、私は見なかったことにしました。

 人は知らない方が良いこともありますわ。

 それよりも、姿の見えない兄様が気にかかります。直感のような不思議な感覚で、リオ兄様を探しました。

「フランカ、リオ兄様はどちらかしら」

「さあ」

 曖昧に微笑んだ親友に、違和感を覚えます。

 何を隠しているの? 首をかしげる私の頬をさらりと撫でたテユ様の手が、顎の角度を自分の方へ引きました。強引な仕草に見えますが、指先は少し力を込めたら逃げられるほど優しくて。

「婚約したばかりなのに、もうよそ見か?」

「リオ兄様の話ですのよ?」

 呆れたと肩を竦めて見せる。その間に、先ほどの違和感は消えていました。隣に座るテユ様は甘い声で、拗ねたような口調を向けてきます。

「それでも男性であろう? 我を見て欲しい」

 直球の口説き文句に、顔が赤くなったのがわかります。ほてっているようです。

 逃げようとして顔を背け、両手で頬を包みました。レースの手袋なので、あまり強く頬を押さえると跡がついてしまうわ。そんなことが気になるのは、隣にいる美形の青年に褒められる見た目を保ちたい女心でした。

「陛下は竜妃様がよほど大切なようですね」

「本当に仲睦まじいこと」

 微笑ましいと見守る竜の声が耳に届き、恥ずかしさに顔を両手で覆いました。口紅や化粧が手袋に付いてしまうかもしれません。そう思うのに、いつもよりしっかり押さえてしまいました。だって恥ずかしいんですもの。

「我が妃が照れてしまうであろう? そのくらいにしてもらおうか」

 くすくす笑うテユ様がさり気なく引き寄せ、顔を他の竜から見えないように隠してくれます。彼の気遣いに甘え、手を下ろして安堵の息をつきました。頬に彼の唇がそっと触れ、続いてこめかみにも押し当てられます。

「テユ、様?!」

「なんだ? 我が愛しきステファニー」

 甘い声に腰が抜けそうで、慌てて耳を塞ぎました。あれこれと忙しい私の姿に、周囲が優しい視線を向けてくれますけれど。それすら刺激となってしまいました。

 どうしましょう、こんなの……淑女なら微笑みで本心を隠さなくてはいけないのに。

「……エミリオ殿は、そろそろ戻られますわ。同胞のアグニへ城内を案内していただきましたの」

 説明を聞いて、ひとまずこの城を彼らの宿に提供する話を思い出しました。確かに案内は必要でしょう。行き先がわかって安心する私に、フランカが声をかけました。

「ねえ、ティファは今夜、王宮に泊まるの?」

 悪戯心満載の親友の発言に、テユ様が期待の眼差しを向けてきます。ですが、そんなふしだらな行為は無理ですわ。同じ部屋でなくとも、絶対にダメでした。

「いえ、私は屋敷に戻りますわ」

 言い切った途端、周囲の反応が2つに分かれました。竜やテユ様はがっかりした様子、逆にほっとした顔で父が椅子に崩れ落ちます。

 あら、お父様ったらいつの間に戻られたのかしら?

 姿を消していた父が戻り、すぐにリオ兄様と赤竜のアグニ様が仲良く顔を見せます。なにやら親しいご様子、竜の方と交流を深めてらしたのかしら。

 遠目に見る兄の様子が少し変わった気がしました。今までも年齢以上に大人びてらしたけど、なんでしょう。すごく成長なさった感じがします。

「ステファニー、我以外の男を熱く見つめるでない」

「ですから、兄ですわ」

 繰り返したやり取りに、くすっと笑ってしまいました。テユ様は隠し事が苦手な方ですのね。

 焦って誤魔化さなくてもよろしいのよ。私だって、青い血の貴族なんですから。隠し事の一つや二つで驚きませんわ。


「今夜はティファのお部屋に泊まりたいわ、久しぶりに一緒に寝ましょう?」

 無邪気に誘いかける親友に、もちろんと頷きました。子供の頃から互いにお泊り会をしてきたけれど、もしかしたら今後は簡単に出来なくなるわね。

 独占欲の強そうな未来の旦那様は、同性であっても同じベッドに寝るのを許さない気がしますから。

「そうね、お話ししたいことがたくさんあるわ」

「あら。楽しそう。ならば落ち着いたらお茶会をするから、どんなお話だったのか聞かせて頂戴」

 アデライダ伯母様が楽しそうに話しかけてきます。さすがに口を挟めないテユ様のちょっと拗ねた顔に、顔を見合わせて笑いました。

 夜通し、懐かしい昔の話でもしましょうか。

「【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く