話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?

necoaya

第33話 ここは現実だ(SIDEアグニ)

 *****SIDE アグニ



 脳内を弄ったときに気づいたからな。この女は自分が主人公だと思い込んでいる。この世界はゲームの延長に過ぎず、先を知る自分が思うままに操れると……それを壊すために俺たちは奔走したんだぞ。

 自信家であるこの女を不幸にする方法はいくらでも思いついた。新しい手法を試してみるのもいいだろう。

「作り替える必要はない。このまま崩れ落ちろ」

 吐き捨てた俺の声に、嫌悪の響きが滲んだ。カルメンは状況が理解できずに、ぶつぶつと何か呟いていた。

「おかしい、だってあたしがヒロインで、主人公なのに。こんなの、変よぉ。なんでぇ?」

 何度も繰り返された単語は、この世界の人間には意味不明だろう。だが、残念なことに俺は知っている。理解できるし、仲間とも共有した。

「お前が異世界から来たのはわかってる。主人公、ヒロイン、攻略対象、逆ハー展開、ゲーム……お前が使う単語も知ってるさ。俺は転生だが、お前は転移か? どっちにしろ、この世界はゲームじゃない。現実だ」

 諦めて受け入れろと突きつけ、乱暴な所作で前髪をかき上げた。この世界の元になったゲームのあらすじは知っている。妹が夢中になって遊んでいたため、何度も話を聞いた。

 事故で死に生まれ変わった世界で、竜という最強種族だったことは俺にとって幸いだ。意識を共有する仲間がいたことで、孤独を感じる経験もなかった。

 俺が異世界から来たことを、疑うことなく受け入れた仲間と暮らすうちに思い出したのは、いずれ現れるゲームの主人公の存在だ。

 ゲームの補正や強制力といった概念は理解していた。どんなに覆そうとしても、ゲームのストーリーに戻されてしまう。主人公にとって都合がよい、主人公のための世界だ。それはこの世界に暮らす人々の意思を捻じ曲げ、感情を操る呪詛のようだった。

 俺は世界から呪詛を消し去る方法を生み出すことにした。己の棲む世界を勝手に弄られることは、最強種の竜にとって屈辱でしかない。世界を作り替える魔力の代償として、長い眠りにつくことを承知で俺たちは尽力した。

 共有する意識の中、13匹の竜は知恵を出し合い、最適な方法を選び出したはず。その方法こそが代々の竜の乙女を苦しめたなんて、強烈な皮肉じゃないか。

「きゃあああっ、なにこれ、嘘っ! いやよ、こんなの……いやぁああああ」

 絶叫する悲鳴が牢の狭い空間を満たす。凝視する前国王やクラウディオの前で、彼女の姿は激変した。

 真っ赤になった肌が爛れていく。悲鳴を上げてのたうつ動きに合わせ、ずるりと皮が剥けた。その激痛に叫んで転がる動きで、さらに肉が崩れる。皮膚が溶けたため、頭皮がなくなって髪が抜け落ち、外見はゾンビや死霊と変わらなくなった。

 額の魔法陣は皮膚を剥いでも残る。これは体に刻んだ呪いではなく、魂に刻んだ物が浮き出ているのだ。指先が剥けて、爪に引っかかった皮が垂れ下がった。生命維持の限界まで壊れた身体は、少しすると再生を始める。

「ぐぎゃあああ、ぐぅ……がぁは、う゛っ」

 泣き叫ぶカルメンが動きを止め、元どおりの肌に生まれ変わった己の手足を眺めた。先ほどの苦痛が幻覚じゃなかった証拠に、全身はまだズキズキと痛みを訴えた。それでも皮が剥けた状態より幾分マシだ。

 呆然とするカルメンに、マリエッラが牢の外から無造作に魔法陣を投げつけた。

 白青の竜である母は、最も得意な氷を選ぶ。

「え? ぎゃ、ぐあぁあああ、いぎゃぁああ、ぐぅ、あっ」

 氷矢が全身を貫く。針のような鋭い氷が全身に突き刺さり、溶けて消える。また身体は再生を始めた。その様子を観察し、エミリオが感心したように呟いた。

「永遠に続く苦痛、ですか」

「再生機能が重要なんだ。生きたまま引き裂いても元に戻れる。だが戻る最中も激痛は続く。回復後は一時的に激痛から解放された気になるが、実際には軽くなっただけで、痛みは蓄積される」

 俺は転生する前に戻った口調で、軽く説明した。蓄積された激痛は治ると軽減されるため、次の痛みをより強く感じる。痛みから逃げる人間の防衛本能を逆手に取った形だった。軽減されない痛みに心臓を止めることも、慣れて麻痺することも許さない。

「人間の身体はどこもかしこも痛いのに、大変ね」

 マリエッラは同情する口振りで、息子である俺の説明に追加のトドメを刺した。

 人が眠るのは、痛みや傷つけられた悲しみを薄れさせる為だという。そうしなければ精神や肉体は痛みに耐えかねて壊れてしまうから。しかし呪いを受けた者は死ぬことが出来ない。

 狂った状態ではなく正常な状態で呪いをかけられれば、必ずその状態に復元されてまた壊される。狂う心すら復元する為に、国王を気狂いから引き戻したのだ。

 セブリオン家の今後の処置は改めて言い渡すことにしよう。過去の竜の乙女に対する様々な悪行を知ってから、きちんと処罰するのが筋だ。

「今回の事態を真剣に捉え、対応してくださった皆様にお礼申し上げます。さすがは長寿で物知りな竜の方々です。お陰で最高の復讐が出来ます」

 この場で俺や母を相手に礼を口にすれば、共有した竜帝テュフォンにも自動的に伝わる。竜特有の感性を利用したエミリオの丁重な礼と感謝に、上でお茶のもてなしを受ける竜たちにも笑みが浮かんだ。

 誰が手を下したかは重要ではなく、どのような罰を与えたか結果が大切なのだ。

 獲物を前に舌舐めずりしそうな笑みを浮かべ、エミリオは牢の中の罪人たちを見下ろした。この3人は死ぬことがない。だが痛みを蓄積しながら苦しめ続けることが可能だった。どんな処刑方法でも、また蘇らせて何度だって試せる。

「本当に、最高ですね」

 いっそ死にたいと懇願し、泣き叫んでもその願いは叶うことがない。渇望し続け、死に憧れながら朽ち果てる罰こそ相応しい。竜たちはそう考えて口元を緩め、俺はそんな同族に穏やかな表情で頷いた。

「【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く