話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?

necoaya

第19話 竜なんているわけがない!(SIDEクラウディオ)

 *****SIDE クラウディオ



「離せっ、無礼者め!!」

 叫んだ俺を牢屋に放り込む兵士は無言だ。向かいの牢には、愛しいカルメンが転がっていた。何度も愛でた肌が、濡れたドレスによって露わになる。

 捕まって酷い目にあったのか? 意識のない彼女に向けて、檻の中から必死に手を伸ばした。

「カルメン、カルメンっ! 貴様ら、彼女に何をした?」

 連行される最中、なんとか彼女を逃してやれた。あとは彼女が助けを呼んでくる手筈だったが、なぜか先に牢に転がされている。手足に傷はなく、眠っている様子だが心配から声を荒げた。

 この国の王妃になる女性だぞ。なんて扱いをするんだ。石の床に直接寝かせるなど、不敬どころではない。喚き散らす俺の前で、カルメンはのんきに寝返りを打った。

「……ん、て、ふぉん」

 別の男の名を呼ぶカルメン。何か違う言葉が途切れて聞こえたせいだと自分を誤魔化し、彼女と自分を牢から出すよう命じた。しかし兵士たちは動かない。それどころか、呆れたように溜め息をついてみせた。絶対に許さないぞ。

「俺は王太子だぞ!」

「クラウディオ殿、セブリオン家は今や王家ではございません」

 信じられない言葉を突きつけられ、驚きすぎて声が出ない。丘に上がった魚のようにぱくぱくと動く口は、ただ空気を飲み込むばかりだった。

 王家の子供は俺と妹たちだけだ。俺以外、王太子になれる男児はいない。父上が浮気しているのは知ってるが……愛人の子、が?

 驚いて目を瞠った俺の様子に、兵士の方が驚いた顔をした。

「まさか、王族でありながら知らない、のですか?」

 兵士たちが顔を見合わせ、呆然としながら尋ね返す。こんな阿呆が主君になるところだったとは……、と本音を呟く者が出た。その顔忘れないぞ、後で厳重に罰してやるからな!

 この国の子供ですら知る伝説、竜という存在に護られ崇める国の根幹をなす情報を、王子が知らないと考えたこともなかった。そう呟いた兵士の言葉に首をかしげる。何を言っているのだ?

 ひとまず、父上に不義の子がいなかったのは重畳だが。

「あなたが婚約を破棄、いえ……解消なされた御令嬢は、竜の乙女でメレンデス公爵家の姫君です。御伽噺にあるとおり、竜の乙女の婚約者がいなくなればくるのですよ?」

 だから代々の王族はメレンデス公爵令嬢が生まれ落ちた瞬間から、王子の婚約者として定めた。竜の乙女に婚約者がいない時期を作らないためだ。竜の乙女を妻とした男が、この国の王となる。彼女が別の男を愛さぬよう、代々の国王は心を砕き乙女を囲い込んだ。

 子供に話して聞かせるような口調が気に入らない。説明された内容など知らぬ。

 あの女は俺とカルメンの愛に嫉妬して逆上し、彼女を虐めた犯罪者ではないか。公爵令嬢という肩書も、すぐに引っぺがしてやる。俺がこの国の王になる唯一の王子だ。

 竜の乙女の称号も、公爵令嬢の肩書も、俺の選んだカルメンこそ相応しい。

「竜なんているわけがない! そんな御伽噺を信じているのか? 愚かすぎるぞ」

「愚鈍なのは君の方だよ、クラウディオ」

 竜の加護に包まれた国の王子が、竜を否定するなど愚かにも程がある。そう否定する聞き慣れた声は、メレンデス公爵家のエミリオだった。地下牢へ降りた彼は、カルメンの姿を一瞥したあと眉をひそめる。さすがに舌打ちしなかったが、存在が目に入ったことすら厭う表情だった。

 なんたる無礼だ。我が妻となる女性だぞ!

「今なら許してやるから、ここから出せ」

「それはできない相談だ。何しろ、君はこの国の王となる方と、我が妹に無礼を働いた罪人だよ。君は勘違いしているみたいだけど、ちゃんと昔教えたはずだ」

 言葉を切って、エミリオは整った顔に美しい笑みを浮かべた。背筋が凍るような……それはそれは恐ろしい笑みを――。

「【完結】✴︎私と結婚しない王太子(あなた)に存在価値はありませんのよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く