話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

究極の魔女はダンジョン系セラピスト

流川おるたな

武器の選択

 カミュは他に手頃な価格の防具が無いかと、店内を一通り探してみたのだが、皮の鎧より安い防具は残念ながら無かった。
 諦めて皮の鎧を試着してみたのだけれどサイズが合わない。

「あの、これより小さいサイズの物ってないですよね?」

 13歳で成長期にあるカミュだったが身長はまだ150cmに満たない。

「申し訳ありませんがそのサイズが最小になります。特注で作れないことも無いですけど、プラス2万ギラになりますよ?」

 メアリに追加料金の話しを聞いたカミュが即答する。

「あ、いえ。自分で工夫して何とかしてみます!これください!」

 皮の鎧を持つと荷物にるという理由で、皮の鎧を装備したまま会計を済ませた。

「お買い上げありがとうございましたぁ!」

 メアリが元気にお礼の挨拶をすると、カミュとレコは防具屋を出て武器屋へと向かう。
 レコがカミュのぶかぶかな皮の鎧姿を眺めている。

「その鎧、帰ったらマリムに頼んで丁度良いサイズにして貰うと良いよ」

「え、マリムさんてそんなことが出来るの?」

「究極の魔女ならそんなの魔法でちょちょいと出来るさ。お金を要求されるだろうけどね」

「やっぱりお金をとられちゃうかなぁ…じゃあ少しはお金を残しておこう」

 武器屋は防具屋からそれほど離れておらず、話しているとあっという間に着いた。

 木とガラスで作られたドアを開けて中に入ると、カウンターで斧を磨く茶色の髭を生やした身体のごつい男が立っている。

 武器屋の店主でドワーフのバーグは身長が低い、だからカウンターから姿が見えるよう椅子の上に立ちながら話す。

「いらっしゃい!?これはこれは若い冒険者だ。一応訊くが、お金はあるんだろうな?」

「子供だと思って失礼なドワーフだな!ちゃんとあるよ!」

 バークの言葉に少し怒ったようにレコが答えた。

「若くてすみません!僕は冒険初心者なんです。どの武器がお勧めでしょうか?」

 余り金になりそうにないと踏んだのか、バークが面倒くさそうに返事をする。

「ふん、初めての武器選びは自分に合う武器を自分で探すものだ。ここにある武器を手に取ってこれだと思う武器を持って来な」

「…そうなんですね。分かりました探してみます!」

 そう言ってカミュは店内の武器を見て回った。

 最初に手にしたのは鉄の斧だったが、重さが気になり直ぐに元の場所に戻す。

 次に手にしたのは値段が安く、名札カードに「冒険者のナイフ」と書かれたナイフだった。
 軽くて持ちやすく使い勝手は良さそうだったが、リーチの長さが気になり元に戻す。

 ここでカミュは、己が目指す勇者像がどういうものかをイメージしてみた。

「究極の魔女はダンジョン系セラピスト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く