話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

アルトの冒険
ファンタジー

連載中:1話

更新日:

アルトの冒険

  • エピソード一覧

    全1話

  • あらすじ

     BOSS「アルトよ、よく聞け」
     
     
     
     アルト「はい、BOSS]
     
     
     
     BOSS「今、この世は魔王サタンに支配されている」
     
     
     
     BOSS「お前に任務を与える」
     
     
     
     BOSS「平和な世界をもたらすために、魔王サタンを討伐してこい」
     
     
     
     アルト「はい、BOSS]
     
     
     
     BOSS「頼んだぞ・・・」
     
     
     
     こうしてアルトの冒険が始まった。
     
     アルト・・BOSSがつけた名前だ。
     
     
     
     BOSSの名前は知らない。
     
     ずっと教えてくれない。
     
     
     
     なにはともあれ、このサンビノ村からの冒険だ。
     
     
     
     仲間はまだいない。
     
     
     
     BOSSに教わった戦術で戦うのみ。
     
     
     
     街を出た。
     
     
     
     
     
     ん・・・
     
     
     
     タララララララララララーーーーーーーン
     
     
     
     ゾンビが現れた
     
     
     
     アルト HP20
     
         MP5
     
     
     
     ゾンビ HP80
     
         MP0
     
     
     
     ゾンビの攻撃、噛みつき「ブシャ!!!」
     
     
     
        18のダメージ
     
     
     
     アルト「まずい、残りHPは2しかない」
     
        「もう死ぬのか?」
     
        「なにかいい方法ないかな」
     
     
     
     アルトの攻撃
     
     
     
        ゾンビへの説得
     
     
     
     「おい、ゾンビよ。魔王サタンの手下か?よく聞け」
     
     「僕も魔王サタン様の手下になりたいんだ、仲間になってくれ!」
     
     
     
     ゾンビ「・・・・・キョヒ!?」
     
     
     
     ゾンビはよろよろしている。
     
     
     
     アルトはゾンビに土下座した。
     
     
     
     「仲間にしてくれ!」
     
     
     
     ゾンビ「アヒーーー?アヒアヒアヒーーー?」
     
     
     
     こうして朝から夕方まで説得をして、ゾンビが仲間になった。
     
     
     
     「よっしゃーーー」
     
     
     
     「なぁ、ゾンビ・・普通に話せる奴らいないか?」
     
     
     
     ゾンビ「ポケーー?ビハビハー?」
     
     
     
     話にならん。
     
     
     
     次の村に到着した。
     
     
     
     エメスの村。
     
     着いた瞬間に衛兵がゾンビを攻撃しようとしている。
     
     
     
     衛兵「ゾンビだー!殺せー!!!」
     
     
     
     アルト「待ってくれ!」
     
     
     
     衛兵「何者だ?貴様!」
     
     
     
     アルト「こいつは敵じゃない、仲間だ!」
     
     
     
     衛兵「問答無用!」
     
     
     
     衛兵はゾンビに槍で襲った。
     
     ゾンビも応戦。
     
     
     
     まずい、このままでは計画が狂う。
     
     
     
     「おいゾンビ、逃げるぞ」
     
     
     
     こうしてアルトとゾンビはモンスターの巣窟である
     
     洞窟に逃げた。
     
     
     
     「へっへっへ、人間だ。喰ってやる・・・ゴクリ」
     
     
     
     そんなモンスターが山ほどやってきた。
     
     
     
     するとゾンビはなにやら他のモンスターに奇声をあげた。
     
     
     
     どういう意味かは知らないが周りから喰おうとしていた
     
     化け物が去っていく。
     
     そしてゾンビはアルトに道を案内した。
     
     
     
     奥にあったのは紛れもない、魔王サタンの石像。
     
     
     
     全モンスターが拝んでいる。
     
     
     
     アルトも見習って拝んだ。
     
     
     
     すると石像の頭部から真っ黒な闇の渦が目に見えるようになる。
     
     そこから声が聞こえてきた。
     
     
     
     サタン「この世界・・支配者は誰だ」
     
     
     
     全員「魔王サタン様です!」
     
     
     
     サタン「お前たちが生きていけるのは誰のおかげだ?」
     
     
     
     全員「魔王サタン様のおかげさまです!」
     
     
     
     サタン「なら、そこにいる人間は何者だ!」
     
     
     
     全員が一斉にアルトに視線を向けた。
     
     
     
     アルト「僕は、魔王様の手下になりたくてここまで来ました」
     
     
     
     サタン「ほほぅ、人間ごときがなにを言うかと思ったら、、、くだらん」
     
     
     
     アルト「本当です、命に代えてもお守りしましょう」
     
     
     
     サタン「ぬっはっはっはっは。ならば貴様は人間を10人殺してこい」
     
     
     
     サタン「それが貴様にできるのか?人間よ」
     
     
     
     アルト「簡単です、できます。その暁には手下にしてくれますか?」
     
     
     
     サタン「よかろう、ではまた来るがよい」
     
     
     
     スゥゥゥゥゥゥゥパーーーーーン
     
     
     
     闇の渦が消えた。
     
     またさっきの石像に戻った。
     
     
     
     「お前どうするんじゃ?」
     
     
     
     え?
     
     なんで?
     
     
     
     アルトはビックリした。
     
     
     
     さっきまで何を言っているか分からない

    キーワード

「アルトの冒険」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品