気持ちしずく。。。

junusamaru

引き替えに出来るものなどなにもないから。。。


時にはこころが

自分ではどうしようもなく

辛くて

寂しくて

だれかに助けを求めたい時もある。。。

こころが頼りなく揺れてしまう夜は

そっと寄り添ってほしい。。。

時にはこころの調子が悪くて

とっても疲れてしまって

お話しする元気もない時もある。。。

そんな時は

そっとこころの時を待ってほしい。。。

もしも自分に

自信がなくなったり

不安になったら

人と比べず

自分らしくありのままの

自分のこころを大切にしよう。。。

すぐにできないことがあっても

ゆっくり時を待てばいい。。。

いろんな時があり

頑張れない時もあるけど

すぐにどうにかしなくていい。。。

ありのまま

自分のこころに正直に

無理しなくていいょ。。。

自分のペースでいい。。。

自分のこころ信じて。。。

そっとゆっくり。。。

優しい人の気持ちに包まれたい。。。

いろんな弱さのある人間だけど

それでいい。。。

それがいい。。。

優しさと引き替えに出来るものなど

なにもないから。。。

「気持ちしずく。。。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く