気持ちしずく。。。

junusamaru

毒りんご。。。


すべてに対して

あらがっていた時があった

なんでなんだろう。。。

あんなにこだわっていたことが

どうでもいいことのように思えてきた

こころから毒リンゴが零れ落ちたようだ。。。

これがこころの痛みの正体だったのかも知れない。。。

長い間苦しんできた月日が

愛情に恵まれたことで溶けて行くように。。。

「気持ちしずく。。。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く