気持ちしずく。。。

junusamaru

こころが凪になるまで。。。


なんでこころが

くねくねしてしまうんだろう。。。

いろんことに影されて

形が変わる水面みたいなこころ。。。

それが自然なのかな。。。

こころの海が荒れたなら

そっとそのまま身を任せるがいい

時が癒してくれることもある

地球が回っているように

昼の時もあれば

夜の時もある

そんな時もある

無理に進まなくていい

ゆっくり待てばいい

風に揺れたっていいじゃないか

こころだって生きてるんだもの。。。

こころのさざ波がしずまるまで

すこしおやすみ。。。

こころ復活するまで

ゆっくりおやすみ。。。

いろいろに

こころも巡って

また静かな凪に戻るまで。。。

「気持ちしずく。。。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く