気持ちしずく。。。

junusamaru

こころが解放された独立記念日。。。


ずっと大人しくて

いるのかいないのかわからないくらい

存在感を消して

音すらしないようにして生きて来た

いつも言いたいことが言えなくて

自己主張をしない

痩せ我慢ばかりして

自分の意思を告げることを

いつもこころに押し込めて来た

意地っ張りで可愛げがない

人の顔色ばかり見ているような

物怖じしてしまう人見知りだった

だけど誰に嫌われても

自分は自分

すぐにはとっても素晴らしい人になるのは

無理かも知れないけど

焦らす自分の歩幅で生きたい。。。

人と比べなくてもいい

自分の中に少しでも出来たことを認めて

ありのまま自分を生きていいんだ。。。

思い切って自分を表したら

案外同じ気持ちの人もいるかも知れない。。。

恐れず自分を表して生きたい。。。

いつからでも

どんな時でも

自分のこころが解放された

今日はわたしのこころの独立記念日。。。

「気持ちしずく。。。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く