気持ちしずく。。。

junusamaru

正直に生きようと決めた日。。。


わたしはとっても傷つきやすい

その痛みを十分知っている

だから人を傷つけるのもとっても恐い。。。

そんなわたしは

自分で自分が不利になるようなことを

実際よりも自分を悪く言ってしまう癖がある

相手を傷つけるくらいなら

自分が傷ついたほうが

まだ痛みが少ないような気がするから。。。

だけどこころはとっても苦しかった

苦しみは自分でも気づかぬうちに

長年わたしのこころに降り積もった。。。

こころが痛みに堪えかねて悲鳴をあげていた

そのこころの声にも耳をふさいで生きた来た

だけどこころはもう限界に近づいて来ていた

強制的にシャットダウンしてしまった

こころを復帰させるために

いろんなことを考えて

自分なりに努力もして来た

だけど自分のこころだけに

無理をさせるのはもう止めようと思う

これがもし自分の子供だったら。。。

何でも自分が悪いことにしなさいなんて言う親は

本当に愛情があるのかどうか疑ってしまう。。。

違うと思うことは

違うと言えない自分が嫌だ。。。

嫌われてもいいから本当のことが言いたい。。。

人の悪口は言いたくない

自分以外の人を思いやれる人間でありたい。。。

人に迷惑を掛けても

平気でいられる人間にはなりたくない。。。

人と同じように自分を

本当に大切にするために

正直に生きたようと思う。。。

神様、どうかわたしに力を貸して下さい。。。

変えられることを変えて行ける力を。。。

変えられないことを受け入れる強さを。。。

「気持ちしずく。。。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く