気持ちしずく。。。

junusamaru

こころの雫。。。


もう強がったり

意地を張ったり

肩肘張って大人ぶるのは止めようと思います。。。

もう出来た人間の振りはしない

出来ることと

出来ないこと

して欲しいこと

して欲しくないこと

感情的にならないで言えるように

自分の気持ちに正直に

等身大の自分で生きたい。。。

昨日は涙を流しました。。。

こころから零れ落ちる純粋なこころの雫のようで

こころが洗われてまた

一からやり直せる気持ちになれました。。。

そんな小さなことがきっとこころを支えてくれている

自分ひとりではできないことなのかも知れない。。。

みんなのお世話になって

支えてもらって生きているわたしです 。。。

ありのままの素直なわたしを認めて

こうでなければとか

こうしなしなければならないという

自分で背負い込んだ

余分なこころの重りを

少しずつ降ろして生きたいと思います。。。

わたし以上でもなく

わたし以下でもない

ありのままで

そのままで

元々弱い人間のわたしだもの

無くすものなどなにもありません。。。

唯一愛する気持ち以外は。。。

真っ白な自分から始めたい。。。

こころは自由に感じるままに。。。

「気持ちしずく。。。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く